« 京都駅前を探訪したあとは「蔵倉」へ、料理もお酒も楽しめました。 | トップページ | 「神戸新開地音楽祭」を聴く前と、聴いた後、いずれも酒場で一杯でございます。 »

2010年6月10日 (木)

2週連続の十三侵攻、この日のお目当ては懐かしの「十三トリス」です♪

【2010年5月7日(金)】

大阪 十三 「丸一屋」 → 「十三屋」 → 「十三トリス」

さて、2週連続で週末は十三探訪です

先週も3軒行ったのですが、あの「十三トリス」へ行けなかったので、
今日は絶対に行きますよ

先週同様阪急神戸線で十三駅下車、

西口改札は、、、あは、こんな感じで目の前に立ち呑みの「丸一屋」と直結です、
おそらく『改札に一番近い立ち呑み屋大賞』があれば優勝間違いなしです
昔からこんな感じだったかな?どうも思い出せませんが、、

100507_19430001

せっかくですので「丸一屋」へ入ってみましょう、

縦棒が短いコの字カウンター、20人ほどでいっぱいになる小振りのお店です、
奥の壁にはTVが掛かっていて、はい、お約束通りタイガースの試合が映し出されていますね

100507_19500001kai

まず、生ビールを注文、

肴は定番、迷ったときの「奴」にします、

100507_19490001

メニューは刺身系、一品系、おでん、そして天ぷらやフライのメニューがあります、
ここでは“串カツ”とは言わずに“フライ”となっていますね。

では、“フライ”で「うずら玉子」「たまねぎ」「キス」をお願いします、
注文を聞いてから目の前で揚げていただきます、
いいですね、

100507_19580001

お、熱々さくさく、軽く揚がっていて美味しいですよ
これでうずら110円、たまねぎ90円、キス100円はお値打ちです、
梅田辺りのの立ち呑み串カツも良いですが、
電車賃150円を出してもこちらの方が値打ちありますね。

はい、もう一杯呑んでも良いのですが、
今日は梯子の予定なので、ここまででお勘定にします、1030円也、
ここは“フライ”が食べたい時に来ることにしましょう
「丸一屋」さん、また、来ますね

さて、2軒目は先週も来た「十三屋」さん、
やはりここは安定感があって良い居酒屋ですね。

100430_19280002kai

はい、今日は空きもあるのですっと入れそうです、
中に入って指示を待つと、前回と同じガラス戸際のカウンターに案内されました。

飲み物も前回同様、日本酒冷や(常温)にします、
料理は、、今日は魚系を頼んでみましょう、「きずし」を注文します。

100507_20120002

ドライ系で美味しいですね

お酒は皿にこぼしてたっぷりありますので、少し料理が足りません、
おでんをお願いしましょう、「厚揚げ」と「ちくわ」にします。

100507_20190001

よく味が染み込んでいて美味しいです。

これで日本酒を飲みきってお勘定にします、今日は800円也

そうそう、ここのチューハイに使っている焼酎ですが、
なんとあの「キンミヤ焼酎」の25度でした

三重の焼酎ですが、東京の下町焼酎の代表選手であります、
関西ではあまり見ることがなかったのですが、ここで対面できるとは意外な感じです。
十三の酒屋でも売っているかな?
今度、酒屋で探してみましょうっと

さて、では今日の目標店「十三トリス」に入りましょう

初めて来たのが32年ほど前ですね、
今も昔と変わらないレイアウト、昔ながらのBarであります。

100507_21110001

カウンターの中には3人、
年嵩のお兄さん、今はマスターですかね、32年前からいらっしゃいますね
あとは若いお兄さんと、もう一段と若い、本当に若いお姉さんです、
彼女は新米のようで、マスターからあれこれと指南を受けながらの対応です。

カウンターの真ん中辺りに陣取って、「白ハイ」を注文します、
初めて来た時からここではサントリーウイスキー“白”のハイボールでした、
今の“角”ハイボールのブームはぐるっと1周してやってきた感じですね。

100507_20450001

肴はこれに決めていました、「玉子焼きネギ入り」、
懐かしい味です、これをよく食べていました
この日はどうしてもこれが食べたくて来ました。

100507_20450002

はい、こんな感じでしたね、
マヨネーズが添えられているのも昔のままです、
一人では多いくらいの量でしたが、いただきます、いただきます
やっぱり美味しいですね、幸せ

就職から5年間ほどは、京都から大阪の梅田へ通勤していたので、
十三は帰り道、京都行きも最終電車を気にしながら、ここで飲んでいたものです、
そんな感じがふと蘇ってきます。

マスターにお母さんの事を聞いてみます、
いまでも週に何日かは出てこられているそうです、
「昨日も出ていました」、そうですか、ご健在でよかったです。

10年振りくらいで来た事を伝えると、
「そうですね、そんな感じですね、どこかへ行ってましたか?」と聞かれました、
東京へ単身赴任していた事を話しながら、
転勤などで来なくなるお客さんも多いのだろうなあ、と思い当たりました

「大阪へ帰ってきたのでまた来ますよ

さて今は終電まで飲むこともありません、
3軒目なので一杯だけでお勘定にします。

ふー、久し振りの「十三トリス」、変わってなくてヨカッタ

また、来ますね

|

« 京都駅前を探訪したあとは「蔵倉」へ、料理もお酒も楽しめました。 | トップページ | 「神戸新開地音楽祭」を聴く前と、聴いた後、いずれも酒場で一杯でございます。 »

大阪十三西中島淡路」カテゴリの記事

コメント

十三トリス、私も数年前に行きましたが、ここで初めてトリスなるものを飲みました。
今はハイボールが流行ってるので、当たり前のようにウィスキーを口にしていますが、当時は衝撃でした。
とうとう私も茶色いお酒を飲んでしまったかと。
おっちゃんの飲み物ってイメージでしたから(笑)

お母さん健在でしたか!
なんだかほっとしました。

投稿: miso | 2010年6月13日 (日) 12時26分

misoさん…毎度です♪
コメントありがとうございます

なんと、十三トリスもすでに行ってましたか

ここはほんとに、昔よく行きました、
当時は角瓶が高くて飲めず、その下の白(ホワイト)をハイボールで飲んでました
まあ、今と違って男の世界でしたね

いつまでも(僕が生きている間は)がんばって欲しいお店です。

投稿: テリー | 2010年6月14日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2週連続の十三侵攻、この日のお目当ては懐かしの「十三トリス」です♪:

« 京都駅前を探訪したあとは「蔵倉」へ、料理もお酒も楽しめました。 | トップページ | 「神戸新開地音楽祭」を聴く前と、聴いた後、いずれも酒場で一杯でございます。 »