« もっと早く行っておけばよかった、茅場町の「ニューカヤバ」、良いお店です♪ | トップページ | 出版記念“酒場キャラバン2010”東京会場の第1弾は、月島の「牛若」です。 »

2010年5月18日 (火)

今はビルの中のお店ですが、その店内には風格が漂います、勝どきの「やまに」。

【2010年4月16日(金)】

東京勝どき 「やまに」

東京“酒場キャラバン”初日です、

前日の飲み会のワインが結構残っていたのですが、
夕方には少し元気が戻ってきました、現金なものです

コンビニで「ウコンの力」を飲んでこの日も出撃します

この日の予定は“酒場キャラバン2010”東京会場の第一弾、
月島の「牛若」ですが、、、スタートは19時の予定、

まだ少し時間がありますのでその前にどこかへ寄って行きましょう、

銀座から晴海通りを歩いて勝鬨橋を渡ります、
単身赴任中の会社からの帰り道はこのルートでした、
因みに朝は佃大橋を渡って行っていました、で帰りは勝鬨橋を渡っていました、
懐かしい風を感じます

渡ったところの交番を左へ折れると「牛若」のある月島方面ですが、
この日の第一目的地は直進してすぐの勝どきサンスクエアにあるお店です、

でも、、、名前を忘れちゃいました(おいおい)
まあいつものことです、なんとかなるでしょう

再開発のビルですね、各階に地元の老舗らしきお店がいくつも入っています、
B1Fの「千福」には2度ほどお邪魔しましたね、
2Fの中華料理「香風」も一度お邪魔しました、
でも、今日の目的のお店は一度も入ったことがありません、結構名店らしいのですが、、

いつもの通り、うろ覚えで、、店の名前も???

なので、まずは1Fの店を見て回ります、
大衆酒場もありますが、どうも店名に覚えがありません、

では、B1Fに降りてみましょう、
「千福」は健在ですね、ここに入っても良いのですが、、、

と、「千福」の斜め向かいにどっしりとした店構えの居酒屋が

「やまに」

おう、ここのような気がするな、この店名になんとなく覚えがあります、

100416_1712kai

時間は17時過ぎ、ちょうど開店したところのようです、
メニューを見ると、お、思ったより高めですね
どっしりとした店構えも相まってちょっと入店を躊躇します、
どうしようかな、と店の前で考えているとサラリーマン風のお二人が入店、
で、ちょっと入るタイミングを失ったので、
もう一回り、サンスクエアを見て回り、店を確認します、

やっぱりここだね、ここだよね、うん、
どうも「やまに」で間違いないようなので、「やまに」に入りましょう

お、大箱ですね、
4人掛けから6人掛けの大きなテーブルが10卓以上のスクエアな店内、
暖かめの照明とともに居酒屋の王道の雰囲気を醸し出しています。

100416_17280001

お姉さんが出迎えてくれたのですが、カウンターがありません、
一人客であることを示すと、奥の端っこのテーブルを指示されました、
はい、良いんじゃないですかね、

とりあえずビールを頼みます、店の気分が瓶ビールですね、これは、
サッポロの瓶をお願いします、750円也。

料理のメニューは壁にずらりと貼ってあります、

書き留めてないので正確な値段は分かりませんが、
刺身類は800円くらいから1000円超、他の料理も600円くらいから1300円くらいまでとちょっとお高め、
ここでは1時間くらいの滞在の予定ですし、あまりたくさん注文すると“酒場キャラバン”の軍資金に響きます、
迷いそうな時は定番の「〆鯖」に頼ることにしています、

ビールがテーブルに着たので一杯注いで飲み干します、
そして「〆鯖」を注文しました、これが940円也、う!高い、、

でも、出てきた「〆鯖」はなかなかの品、
ここでは辛い目の醤油に生姜で頂くようです、

100416_17320001

時間があるので文庫本を取り出して読み出します、
R.B.パーカーの「サニー・ランドル シリーズ」、

先客は先程のサラリーマンの2人客、

そこへ年配の元気な一人客が入って来られました、
馴染みのお客さんのようですが、久しぶりに来られたようでお店のお姐さん、男性店員さんと昔話に花が咲いています。

「へえー、もう10年になるのかい、ついこの間のように思うけどね」

どなたかが亡くなってからの月日の事のようです、

「元はさあ、ヤマニバーというのが始まりなんだよ」
「らしいですが、いまはもうさっぱり繋がりがないのです」

今度はこのお店の由緒についてのお話のようです、
本を読みながら聞き耳を立てています

あとで調べたら、“ヤマニバー”というチェーン店が東京には数十軒あったそうで、
このバーのチェーンを作ったのが山屋某さんという方で“ヤマニ”屋号が出来たようです、
この店が本家なのか?チェーンの一つなのか?よく分かりません、、、

そんな“ヤマニ”由来の話のようです。

と、今度は上品な年配のお二人が入店、相当の高齢とお見受けします、
ご夫婦か?いや、姉弟のような感じもします、

とにかく上品な二人が入ってこられました、
この時間から少しのお酒と美味しい料理を頂こうということですね、
粋なものです、こういうお二人が一番似合うお店だと思います、ここは、

と、先程からお店の人と話していた一人客が、
今度はこの年配のお二人に挨拶をはじめました、

どうやら、年配のお二人もこの店のお馴染みさんのようで、
お互いに「お久し振り」、「お元気でしたか」と旧交を温めておられます

うん、こんな風にたくさんの昔のお馴染みさんがいらっしゃるお店なんでしょうね。

さて、ゆっくり呑んだビールも無くなりました、
そろそろ“酒場キャラバン”の会場、月島の「牛若」へ向かいましょう、

ビール大瓶と「〆鯖」で1690円也、
私の相場からはちょっと高いですが、なんの、この雰囲気をまた味わってみたい気分になりました。

勝どきの「やまに」、

また、来ますね

|

« もっと早く行っておけばよかった、茅場町の「ニューカヤバ」、良いお店です♪ | トップページ | 出版記念“酒場キャラバン2010”東京会場の第1弾は、月島の「牛若」です。 »

勝どき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今はビルの中のお店ですが、その店内には風格が漂います、勝どきの「やまに」。:

» 米ドル/円の今後の行方 [FXで幸せな金持ちになる方法]
米ドル/円が少しずつ上昇トレンドへの転換をし始めました。 [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 07時56分

« もっと早く行っておけばよかった、茅場町の「ニューカヤバ」、良いお店です♪ | トップページ | 出版記念“酒場キャラバン2010”東京会場の第1弾は、月島の「牛若」です。 »