« 「なべや」の後は、昭和の街並みを楽しみながらもう1杯、「明治屋」~「種よし」。 | トップページ | 大阪駅前第2ビルの「ぷらすわん松屋」、常連さんで大盛況でした。 »

2010年4月 5日 (月)

“住吉神社”を求めて西淀川区大和田へ、そして、出屋敷の「丹波屋」。

【2010年2月27日(土)】

大阪市西淀川区大和田 住吉神社 → 出屋敷 「丹波屋」

さて、この日の目的地は酒場ではありません、
神社です、

神社仏閣巡りが趣味です

嘘です

東京への単身赴任中は中央区佃に住んでいました、

この佃にあるのが“住吉神社”、

何度も境内を通りましたが、そこの案内看板によると、
この神社は元々、大阪市住吉区にある“住吉大社”から分かれた神社、
という様なことが書いてありました。

どうやら、
大阪市住吉区にある住吉大社と何か関係があるようですが、

元々の佃があるのは、現在の大阪市西淀川区、、、
大阪市の端と端、住吉区とは随分と離れています、

どうも、この関係がよく分からないので、調べてみましょう
現地調査です

はは、やっぱり神社仏閣マニアですか

今では、“佃”といえば、私が単身赴任中に住んでいた、
東京都中央区佃のほうが有名ですが、
その東京の“佃”は、もともとはこちら大阪の“佃”の人たちが、
家康の命により江戸に移植したことに始まっています、

移植の因縁はいつかあらためて書くとして、

東京佃の住吉神社、
ここはもともと大阪の住吉大社から分かれたのですが、
先ほど書いたように、どうも私の中では、
西淀川区“佃”と住吉区“住吉大社”が地理的に結びつきませんでした。

でも、佃の酒場「太一」で住吉さんの因縁を教えていただき、
なんとなく“佃”と“住吉大社”の繋がりが見えてきました。

大阪市西淀川区佃には“田蓑神社”があります、
ここが“住吉”さんを祀っている由緒ある神社ですが、

お隣の大阪市西淀川区大和田には、
ずばり“住吉神社”がちゃんとあるそうです、

現在の大阪の佃・大和田辺りは、昔から海運が頻繁なところのようで、
漁業が盛ん(佃煮の発祥の地)、
かつ、大陸からの交通の要所でもあったようです。

で、大陸からの帰国者や渡来人に由来する神社が多くあるようです、

まあ、詳しい薀蓄は置いといて、とにかく現地を踏んでみましょう、

西淀川区佃と大和田は阪神本線千船駅下車が便利です、

2月の土曜日の16時前、
千船駅で降りて橋を渡って大和田に入ります、

100227_16180001kai

ここもまた下町ですね、
古い住宅街の面影がまだ残っています、

100227_16220001

いつものごとく、下調べをちゃんとしてません、
何とか勘で辿り着けるだろうと、ぶらぶらと歩き始めましたが、
思ったより広い大和田、
あてもなく歩いて、どうやらとんでもないところまで歩いたようで、
阪神なんば線に行き当たってしまいました、

で、ぐるっと回って、出来島を通って千船駅方面へ戻る途中で、、

ありました!!
住吉神社、やっと見つけました、40分かかりましたね

100227_16540002kai

うん、小さな神社ですが、これはいい感じです
東京の佃の住吉神社と通じるものがあります、

まずは、ここに“住吉”さんが祀られ、
ここから現在の住吉大社へ分かれていった、というこかな?
案内板を読みましたがよく分かりません、
でも、そういうことにしておきましょう

いずれにせよ、これは納得です、
建物の前ですううっと空気を吸い込んで帰ります。

これで、東京の佃住吉神社と、
大阪の大和田住吉神社が繋がったような気がします。
ちょっとスッキリ

では、どこかで飲んで帰りますか、
(やっぱり呑むんかいな)

あと少しで17時になる頃ですが、
「太一」はまだ早いような気がしたので、電車に乗って出屋敷駅まで移動、
ちょうどいい時間に「丹波屋」につきました、

100227_5

立ち呑みの「丹波屋」、先客は2名、
天ぷら専門店という謳い文句ですが、
美味しい料理がいろいろと揃っています。

この日も、カウンターの大皿に料理がずらっと並んでいます、

ざっというと、、、

イカの丸焼き、焼き鳥、刺身はマグロ、ハマチ、イカ、きずし、
カレイ唐揚げ、げそ天、砂ずり、ほたて、
あら炊き、ブリ照り焼き、牛蒡、小芋、スジ煮込み、
そして、おでんに天ぷらが各種、

100227

ね、美味しそうでしょう、これだけの料理を揃えているのはたいしたものです。

では、まずはビール大瓶と目の前にあった「げそ天」を頼みます、
天ぷらが食したかったのです、

100227_2

揚げ直しの天ぷらですが、これがまた美味しいのです

大将一人だったのですが、お母さんも出勤してこられました、
お客さんももう一人来客、

なんとなく、壁の上の方にあるTVの釣り番組を観ながら、
もう一品、「砂ずり」をいただきましょう、
ピリ辛炒めですね、

100227_4

さて、この日はこれでお勘定、1020円也、
ここへ来る時は、いろんな都合で1杯だけになります、
一度、いっぱい食べていっぱい飲んでみたいと思っています

良いお店です、また来ますね

|

« 「なべや」の後は、昭和の街並みを楽しみながらもう1杯、「明治屋」~「種よし」。 | トップページ | 大阪駅前第2ビルの「ぷらすわん松屋」、常連さんで大盛況でした。 »

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “住吉神社”を求めて西淀川区大和田へ、そして、出屋敷の「丹波屋」。:

» 大阪市住吉区の賃貸情報 [賃貸情報館]
大阪市住吉区の賃貸情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 20時18分

« 「なべや」の後は、昭和の街並みを楽しみながらもう1杯、「明治屋」~「種よし」。 | トップページ | 大阪駅前第2ビルの「ぷらすわん松屋」、常連さんで大盛況でした。 »