« 酒も肴も美味しい角打ちです、中津の「酒のおおにし」。 | トップページ | 京都の「食堂おがわ」は予約で満員、で三条木屋町の「よしみ」へお邪魔しました。 »

2010年3月 9日 (火)

阪急中津駅から徒歩0分、こんな所に酒場があったのですね、「いこい食堂」。

【2010年1月29日(金)】

大阪中津 「いこい食堂」

阪急中津駅の改札徒歩0分のところに、
「いこい食堂」という店があるらしい、ふーん、

そういうと、阪急中津駅の改札って、どこにあったっけ?

「酒のおおにし」の後なので、
なんとなく、すぐ近くのような気がして、阪急中津駅を目指します。

この阪急のガードが上を通る交差点の近くだったような気がするんだけど、、

と思ってそこらを探しても駅はありません

あれ??何か勘違いしてるかな??
しばらく関西を離れている間に、なんだか忘れてしまいました

と、高架の上へ上って気付きました、

ああ、阪急中津駅はあそこだわ!!
確かに、そういうとあそこですわ、
すっかり忘れています、コリャ梅田からは思ったより遠いですね、

でももう目の前、道路から駅方面へ行くと階下へ降りる階段が、
ここを降りると阪急中津駅の改札がありました、

そして、さらにもう一段階段を降りると、いきなり「いこい食堂」がありました
まさに改札から徒歩0分です

100129kai

ガード下のなんとも雰囲気のあるスペース、
今にも戦後の闇市でも出現しそうな空間です、

「いこい食堂」は大箱の店のようです、

正面にテーブルスペース、左手にはどうもカウンタースペースが、
それぞれ別のガラス戸越しに見えます。

一人客としてはやはり左手のカウンター席を目指すべきでしょう、
では、ガラス戸を引いて入店します、

入ると中から、

「お帰りなさい!!」の声が掛かりました、

はは、ありがとうございます、
この出迎えは恵比寿の“さいき”以来ですね



20人くらい座れそうなコの字カウンターの一番端に着席、
この席からは奥のテーブルスペースが良く見えるのですが、
客は7分くらいの入りですね、

1001291kai

生ビールは大中小とありましたので、ここは小300円也にします。

カウンターの中には、おでんと土手焼きの鍋が、
揚げ物もここで作っておられます、
どうやらこちら側が調理すぺーすのようですね。

100129kai_3

目に付いた“どて焼き”300円也を注文、

100129_6

3本で300円は良心的ですね、

ビールサーバーも、テーブルスペース側のすぐそこに見えます、
どんどん生ビールが注がれています、

大きなテーブルが10数卓と広い店内ですが、
店員さんはベテラン揃い、手際が良いようですね。

ガード下の店ですが、天井と線路との間に空間があるのか?
電車の音はそんなに響いてきません、

どれくらい前からあるお店なんでしょう、
これは相当年季が入っていますね、
カウンターの椅子も結構ガタが来ています、
テーブルスペースの方も良い感じで枯れてきています。

もうあまり食べれないので、
あっさりと“じゃこおろし”150円也(確か)を注文、

100129_7

今日はもう呑めません、ここまででお勘定は750円也、

今度はお腹を空かせて来て、いろいろ食べてみたいものです、
また来ますね

|

« 酒も肴も美味しい角打ちです、中津の「酒のおおにし」。 | トップページ | 京都の「食堂おがわ」は予約で満員、で三条木屋町の「よしみ」へお邪魔しました。 »

大阪中津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪急中津駅から徒歩0分、こんな所に酒場があったのですね、「いこい食堂」。:

« 酒も肴も美味しい角打ちです、中津の「酒のおおにし」。 | トップページ | 京都の「食堂おがわ」は予約で満員、で三条木屋町の「よしみ」へお邪魔しました。 »