« 女将さんが可愛い福島浄正橋の立ち呑み「のめん」、また行きたいなあ^^) | トップページ | なんと、ワタクシ、テリーの酒場記事が本になりました!! »

2010年3月16日 (火)

こちらは、常連さんの心遣いが気持ち良い、福島の立ち呑み「とらや」。

【2010年2月2日(火)】

福島 立ち呑み「とらや」

さて、女将が可愛い浄正橋の立ち呑み「のめん」の次は、、

JR大阪環状線福島駅の北側にある、なかなか良さそうな商店街を目指しましょう。
この辺りは、前に焼肉を食べに来たことがあるので、
なんとなくお目当てがあります、
商店街入り口の三角地帯にあるランドマーク的立ち呑みの「とらや」ですheart02

100202kai_2

三角地帯の突端にあるので、三方にガラス戸、
中が見えますが9分の入りですね、

どこから入るか、ちょっと迷って、向かって右側が空いてそうなので、
一番右のガラス戸を開けて入ります、

ちょっと変形のコの字カウンター、それも赤いデコラ様の素材、
立ち呑みの王道のような店ですねgood

詰めれば25人くらいは入るでしょうか?
カウンターの中にはお姉さんとお父さん、
お姉さんのほうが客の相手から注文の対応まで、元気良く仕切っておられます。

100202_4

カウンターの一番端に陣取って、とりあえずまずは熱燗を頼みます、



店内を見回しますが、
私のところからはメニューが見えません、

ならば、お父さんに聞いてみましょう、
カウンター真ん中辺りに大皿が並んでいますからね、

「料理はなにがありますか?」

「えーっとね、焼き魚、煮魚、ほうれん草と玉子、ウインナーにマーボ豆腐、おでんもあるよ」

なるほど、その他にも定番メニューがありそうです、

では、まずは「ほうれん草と玉子の炒め物」をいただきましょう。

100202_2

店内は常連さんで盛り上がっています、
若い女性客もおられますね、
カウンターの中のお姉さんとお父さんも明るく元気、安心して呑めるお店なんでしょう。

前の「のめん」であまり食べれなかったので、
「ほうれん草と玉子」があっという間になくなりました、

もう一品、何か頼みましょう、
おでんでも良いのですが、「煮魚」にしてみました。

100202_3

小振りの魚、なんだろうこれは?これがまるまる1尾出てきました。

と、野球のユニフォーム姿の中学生らしき少年が、
店の周りをウロウロしながら店の中の様子を探っています。

まさか、この齢で立ち呑みか!!??

んな訳は無くhappy01
どうやらお店のお子さんのようで、常連さんもよくご存知のようです。

結局、反対側から店に入って、カウンターの中のお姉さんとやり取りをしています、
なにか食べて帰るのかな?

常連さん達も顔見知りのようで、少年にワアワアと話し掛けています、

が、ここの常連さん達はさすがに酒場のベテラン、
ちゃんと常連の分をわきまえておられます、
適度に会話を楽しむと、すっと話題を変えて少年を解放、

適度なところでお酒も切り上げ、ポツポツと各自お勘定されて、
各々引き上げて行かれます、

さすが!! これが酒場道と言うものですshine

では、私もこの辺りで失礼しましょう、
熱燗と肴2品で950円也、お酒が300円か350円、肴もそんな見当でしょう、

常連さんたちのマナーが気に入った、
JR福島駅北側すぐの立ち呑み「とらや」さんでした、



なかなかしっかりとしたお店のようです、また来ますねheart04

|

« 女将さんが可愛い福島浄正橋の立ち呑み「のめん」、また行きたいなあ^^) | トップページ | なんと、ワタクシ、テリーの酒場記事が本になりました!! »

大阪野田福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/33764210

この記事へのトラックバック一覧です: こちらは、常連さんの心遣いが気持ち良い、福島の立ち呑み「とらや」。:

« 女将さんが可愛い福島浄正橋の立ち呑み「のめん」、また行きたいなあ^^) | トップページ | なんと、ワタクシ、テリーの酒場記事が本になりました!! »