« たまにはこんな店も良いでしょう、京都石塀小路「さくら」~高橋「新福菜館」 | トップページ | 大阪の佃の由緒由来、ちょっとづつ分かってきました、佃(千船)の「太一」。 »

2010年2月10日 (水)

久々の面子で、久々の九条草鍋「小川下」、そしてやぱり「白雪温酒場」。

【NEWな記事】

2009年12月15日(火)

大阪九条「小川下」→「白雪温酒場」



この日も一人呑み出はありません、

会社のIさん、一時は東京で単身赴任仲間のDさん、
それに昨年東京で久しぶりに飲んだKちゃんの4人です。

久しぶりのこの面子で行くことにしたのは、
これまた、久しぶりの九条の「小川下」、

“草鍋”と呼ばれる独特のお鍋で有名なお店ですね、

“草鍋”は野菜が数種類、それに豆腐と少しの肉、
これだけなのに不思議とこれがとても美味しいのです。



予約時間通りに全員集合、おじさん達は時間に正確です

お店は大きなテーブルと6人掛けのテーブル、
小上がりに4人テーブルが3つほど、
小上がりは苦手なのですがこの日は6人掛けのテーブルを取っていただいていました、ラッキーです。

857805f3.jpg

はい、鍋はこんな感じ、

2ee57dbe.jpg

座ると同時に鍋に火が入りますが、
沸くまでの間は別に出される小皿料理を肴にビールをいただきます。

小皿料理は何種類かあって自由に取ります、もちろん取らなくてもOKです。
この日は「玉子焼き」「かぼちゃ煮」「揚げとこんにゃく」などなど、、


久しぶりなのでいろいろと話が盛り上がってきた頃に鍋が沸きます、

63980577.jpg

ではどんどんいただきましょう

上のほうの“草”としらたきを取っていくと豆腐も出てきます、
さらに取っていくと肉も少しだけ、少しだけ出てきます、ヘルシーですね。

ふー、鍋が終わるとそこそこお腹一杯、雑炊を勧められますが二人前だけお願いします。



やはり4人で2人前くらいでちょうど良いくらいですね、
おじさんはあまり食べれないのです。

雑炊を食べていると親父さんが来て、

「これ、ちょっと入れたら美味しいよ」

と、塩昆布を少し、ほんの少しだけ置いていってくれました、
ありがとうございます、こういう心遣いが嬉しいですね

ではこれで失礼しましょう、そこそこ飲んで一人ちょうど3000円でした。



では、せっかくですからもう1軒行きましょう、
前から気になっている、すぐ近くの大衆酒場「さぬきや」にも入ってみたいのですが、

1f122b73.jpg

この日は予定通り「白雪温酒場」を目指しましょう



途中、“松島”の料理組合の街並みを見学、
へえ、ここもまだこんなに花街が残っているのですね、知りませんでした。



で、長ーーい商店街を歩いて、7~8分ほどで「白雪温酒場」に到着、
空いてます、



初めて一番奥の茶碗蒸し用の鍋の前に着席、

熱燗をいただきながら、もうひと盛り上がり、
料理は「蛸刺身」に「ジャコおろし」、Kちゃんが注文したのですがちゃんとありました、
これは初めてのメニューではないかな?これだけ写真を撮りましょう。

65a2d4dc.jpg

あとは、この季節には外せない「茶碗蒸し」を2つ注文、

これで小1時間、お腹一杯なので料理の注文もせず、
わあわあと話しながらひたすら呑みます

さあ、ではそろそろ帰りましょう、
お酒はちろり5個で一人600円でした、安ううう

さあ、では安治川を地下道で越えて西九条まで歩いて帰りましょう。

|

« たまにはこんな店も良いでしょう、京都石塀小路「さくら」~高橋「新福菜館」 | トップページ | 大阪の佃の由緒由来、ちょっとづつ分かってきました、佃(千船)の「太一」。 »

大阪西部(九条西九条梅香大阪港)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の面子で、久々の九条草鍋「小川下」、そしてやぱり「白雪温酒場」。:

» 小川下(こかげ) / 九条@野菜たっぷりの草鍋 [猫みそ@食べ飲み旅する徒然日記 ~関西・名古屋からカロリーをこめて~]
九条飲み歩き「小林の酒や 」から「次はこかげ行こうこかげ」とてくてく歩く、お連れさんの後をふらふらとついて歩きます。 お店の前につけば「小川下」の看板。 お が わ し た ? 絶対誰もがこう読むはず! 「小川下」こう書いて「こかげ」と読むお店ですが... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 19時53分

« たまにはこんな店も良いでしょう、京都石塀小路「さくら」~高橋「新福菜館」 | トップページ | 大阪の佃の由緒由来、ちょっとづつ分かってきました、佃(千船)の「太一」。 »