« 2010年の呑み初めです、「蜂の家」のあとは福島の「大黒」へ。 | トップページ | 久しぶりの焼きスパゲティ専門店「ジャポネ」、やっぱり癖になる味です。 »

2010年2月24日 (水)

2010年の呑み初め、最後は福島のおでん屋さん、「花くじら」本店。

【NEWな記事】

2010年1月5日(火) 3軒目

大阪福島 「花くじら」

昨日の記事の続きです。

さて、JR福島駅ガード下の「大黒」で、
ちょっと体も温まったのでJR福島駅の南側の路地を流してみましょう、

ほー、酒場は少ないですが、Barが多いです、充実していますね、

食事系も和洋とも良い感じのお店が何軒もありました、
今度は食事系で攻めてみようかな?

あまり来た事ないですが福島も良いところですね

一通り路地を探索して浄正橋の交差点へ、

国道2号線を越えてさらに南側へ歩いてみましょう、

お、立ち呑みの「丹波屋」がありますね、
が、ちょっとヘビーそうなのでまずはキープでスルーします、

もう少しいくと右手に神社があり、
その向こうには屋台風の外観のおでん屋「花くじら」があります、

有名なお店ですね、

ここもキープして更に奥の路地を探索、
ここら辺りも近年良店増殖中の様子、

良さげな立ち飲み屋や食事系のお店がたくさんあります、
やはり福島の飲み屋事情は拡大発展中のようですね。

で、そろそろどこかへ入りましょう、
寒いのでおでんにしましょうか、

100105kai_4 

「はなくじら」本店のビニールテントを潜ると鍋の前の席が空いていたので無事入店、
でもほぼ満員が続いている様子です、

即、熱燗をお願いして、ここでも壁のメニューを丹念に読みます、

普通のおでん屋さんとメニュー、品揃えが違いますね、

名前の通り“鯨系”のネタもいろいろあります、
その他の野菜系や揚げ物も珍しいというか、充実したメニューです。

熱燗が来るまでは鍋担当のお姐さんから声が掛からなかったので、
私もじっとメニューを見て思案黙考、
鍋で煮えているネタが美味しそうです。

100105_12 

思案黙考中に、目の前に皿と箸置きがセットで出てきます、

少しして熱燗がチロリで出てきました、
スズのぐい呑みですね、良い感じです。

そして、お姐さんから声が掛かりました、

「さあどうぞ、何にしましょうか?」

「では、はりはり巻きを」

「はい、でも時間が掛かるのですぐに出来るものはいかがですか?」

「はい、あと、タケノコと、、その丸い揚げ物はなんですか?」

「白身魚のすり身を揚げたもの」

「じゃあ、それをください」

なるほどね、既に鍋で煮込まれているネタと、
注文を聞いてから鍋に投入するネタがあるようですね。

さらに大根などは奥の壁側の別の四角い鍋で、
別途常にベストの状態で煮込まれているようです。

さて、鍋のすぐ前なので写真は遠慮して、熱燗とおでんに集中しましょう、

一口いただくと、、
旨い!!これは旨いです!!

「タケノコ」も「白身魚のすり身」も美味しかったですが、
「はりはり巻き」がサイコーです、

水菜を小さな鯨の身で巻いたもの、
さっと鍋に入れるだけですが、出汁によく絡まって、メチャ旨です、
水菜がこんなに美味しくなるのですね

追加で「ひろうす」(東京では“がんもどき”)を注文、

これも美味しい!!
中の具が美味しいし、出汁も絡んでこれまたサイコーの状態で供していただきました。

もう1杯いくかどうか悩んだのですが(もっと呑みたかった)、
この日はもう3杯呑んだので、ここでお勘定、

「はなくじら」、ここも良いお店ですね、
絶対にまた来ますね

|

« 2010年の呑み初めです、「蜂の家」のあとは福島の「大黒」へ。 | トップページ | 久しぶりの焼きスパゲティ専門店「ジャポネ」、やっぱり癖になる味です。 »

大阪野田福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年の呑み初め、最後は福島のおでん屋さん、「花くじら」本店。:

« 2010年の呑み初めです、「蜂の家」のあとは福島の「大黒」へ。 | トップページ | 久しぶりの焼きスパゲティ専門店「ジャポネ」、やっぱり癖になる味です。 »