« 大阪の佃の由緒由来、ちょっとづつ分かってきました、佃(千船)の「太一」。 | トップページ | 寒い寒い夜はここで温まりましょう、寒波の中の九条「白雪温酒場」。 »

2010年2月13日 (土)

天満の角打ち「堀内酒店」、2回目の訪問も盛り上がりました♪

【NEWな記事】

2009年12月18日(金)

天満 「堀内酒店」2回目



この日は12月では過去最強といわれる寒波、さすがに大阪も寒いです!
でも、飲みに行きます



久しぶりに天満へ行きましょう、目標は角打ちの「堀内酒店」です、

前回訪問から1ヶ月くらいは経ったでしょうか?
好印象のお店ですので、これからもちょくちょく行くと思います。

20時頃に入店すると、お、一番手前に前回お会いしたOさんがいらっしゃいますね、
さすが常連さん

「前に一度お会いした者です」

「ああ、ライブやってる」

ということで、想い出していただきました、ありがとうございます。

Oさん、この日は早く帰えらないといけないとかで15分ほどで退店されます、
でもライブの案内をメールする約束をしました。



さて、寒いですがまずはビールの小瓶をお願いして、
前回も美味しかった「スジ肉の煮込み」をお願いします。

091218_19430001

小さな器に温めた煮込み、
葱を散らし、生しょうがをおろして乗せていただきます、

これが旨い!!
量は少ないですが歯応えのあるスジ肉と葱としょうがのバランスがサイコーです

すぐに熱燗も頼みましょう、
目の前の一升瓶からコップについで頂きます、
銘柄は『太鼓の縁』という風に見えました、石川のお酒のようです。



他の常連さんたちとなんとなく話しに混じります、

いろんな話を彷徨った後、音楽の話になって、
大将が奥から誰かのサインが入った色紙を持ってこられました、

ここの大将、音楽好きです
先程出て行かれたOさんも昔は“フォークル”とか“風船”と同じステージに立ったこともあるとおっしゃっていました、
前回訪問時はそれで盛り上がったのです。

さて、その色紙の主は作詞家とか、、
お名前は聞いたのですが、調べてみても分かりませんでした、
どういう事情なのか?今度大将に詳しく聞いてみよう。



さて、こんな寒い日はこれでしょう、「粕汁」

091218_19530001

ふー、野菜の具がたっぷりの粕汁、ハフハフしながらいただきました。



常連さんたちとの話も尽きず、
熱燗をもう一杯お代わりして、これで〆ます、

どうもありがとうございます、
2回目の「堀内酒店」も盛り上がりました、良いお店です、また来ますね

この後、「春駒寿司」(本店かな?)に初めて入りました、
好物のハマチや、シャコ、穴子、ウナギをいただいて、
これで満腹

091218_20550001

091218_21030001

091218_21130001

寒いけど、もうへっちゃらです、酔いましたから

ちゃんと帰りましょう。

|

« 大阪の佃の由緒由来、ちょっとづつ分かってきました、佃(千船)の「太一」。 | トップページ | 寒い寒い夜はここで温まりましょう、寒波の中の九条「白雪温酒場」。 »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

今日も休日出勤でおまんにゃわもう無茶苦茶で御座りまするがな(ノд・。)昨日はほぼ一ヶ月ぶりに休みました右手の中指の調子がずっと悪いので整形外科に行ったら「狭窄性腱鞘炎」とか(ノ_-。)根本的に治すには手術しかないらしいです・・そんな時間あらへんがな・・ギターは私は元来フラットピッカーなので問題ないのですが・・(それしか出来ないだけ(^-^;
ところで「堀内酒店」さん メッチャ気になります。天五中崎商店街ですね。弊社は扇町なので歩いてすぐやしもう少し仕事したら帰りに行ってみようかなほな頑張りますわ(◎´∀`)ノ

投稿: Hill Andon | 2010年2月14日 (日) 17時39分

HILL Andonさん…毎度です♪

おお、扇町ですか!!
それじゃあすぐ近くですね、ぜひ「堀内」サン、行ってみてください

他にも天満駅前には良いお店がぎっしり詰まっていますので、ぜひ探訪を

投稿: テリー | 2010年2月16日 (火) 08時50分

テリーさん…まいどおいどです結局日曜はメッチャ遅くなってへとへとで堀内酒店さんには行けへんかったんですわ☆天満の駅前にかつて「てんかい」と言う一杯飲み屋がありました。結構年配のお母さんがやってはりました。安くて美味くて3000円も出したらもうヘロヘロの満腹状態でも昨年の11月に閉店しはりました最近は「時代屋さん」と言うお店にちょくちょく行きます。立ち呑みと書いてますが 座り呑みですここも安くて美味い☆今日は京都の 焼きトン屋さんで一杯です

投稿: Hill Andon | 2010年2月16日 (火) 20時22分

Hill Andonさん…毎度です♪

天満の「てんかい」さん、知りません、良さそうなお店ですね、閉店ですか、残念

「時代屋さん」、一度覗いてみましょう、
もう、天満は大好きなのです

投稿: テリー | 2010年2月18日 (木) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天満の角打ち「堀内酒店」、2回目の訪問も盛り上がりました♪:

« 大阪の佃の由緒由来、ちょっとづつ分かってきました、佃(千船)の「太一」。 | トップページ | 寒い寒い夜はここで温まりましょう、寒波の中の九条「白雪温酒場」。 »