« 久しぶりの東京、亀戸「魚昭」から大島「ゑびす」で下町満喫です。 | トップページ | あの会社発祥の地、そして京都五条楽園前の「キコク食堂」~「枳殻邸」。 »

2010年1月10日 (日)

京都東山のそば茶寮「澤正」のそば会席、ちゃんとメニューを紹介するのは初めて!

2年目に突入のこのBlog

2004年から書いているギターBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、
そこで書いた「東京観光案内」「関西観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していき、そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと始めました。

当初の予定では2009年秋頃には、本家の記事に追いつき、こちらで新規記事掲載を始める予定でしたが、まだ追いついていません。

現在、約1ヶ月遅れまで追い上げています、
2月頃には、こちらで新規記事アップが始められると思います、
もう少しアーカイブにお付き合いをお願いいたします

もう何度もライブでお世話になっている、

京都東山の『そば茶寮澤正』、

高校の同級生の正ちゃんのお店です、

今回はメニューの紹介です

【2009年12月19日の記事】

我がFitbandが一番最初にライブをさせていただいたのが、このお店

京都東山の麓、昭和初期に迎賓館として建てられた和洋折衷の洋館を蘇らせたお店です。

『そば茶寮澤正』

1

この日もFitbandライブをやらせていただいた後に「そば会席」をいただきました。

もう何回もいただいていますが、この時のコースは特に良かった、美味しかったです

正ちゃん(高校の同級生)も、腕を上げてるなあ、
いつまでも、まだまだ勉強ですね

当日のメニューは確かこんな感じ(いつもメニューをもらって帰ろうと思いながら忘れます)、
写真に撮ったメニューを読み解きながら、、、

八寸
人参の和スープ
木の子と山東白紫菜のお浸し
南瓜のニョッキ
林檎と鳴門金時の甘酢漬け
蕎麦パンのカナッペ
野菜の春巻き
銀杏と松の実葡萄の白和え

2

3

4

5

温鉢
小芋と紫ずきんの揚げ饅頭蕎麦飴仕立て

6

小鉢
更科変わりそば

7

澤正のサービス
貝柱と水菜

8

揚物
椎茸のクリームコロッケ和だしトマトソース

9

蕎麦
手打ち二八そば

10

ご飯
椎茸の甘酢しょうゆ漬 味噌汁

11

菓子
そばの栗餅

12

はい、これでもお腹一杯、
でもこの後、これまた同級生差し入れの“ロールケーキ”もいただきましたけどね{笑顔}

(記事再掲ここまで)

|

« 久しぶりの東京、亀戸「魚昭」から大島「ゑびす」で下町満喫です。 | トップページ | あの会社発祥の地、そして京都五条楽園前の「キコク食堂」~「枳殻邸」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都東山のそば茶寮「澤正」のそば会席、ちゃんとメニューを紹介するのは初めて!:

» 京都 澤正 [30秒でナナメ読み!今日のニュース]
林田明大の「夢酔独言」:「陽明学と坂本龍馬・3、真山青果『坂本龍馬 ... 戯曲『坂本龍馬』は、劇団新国劇の創立者の、通称「澤正(さわしょう)」 こと、澤田正二郎(さわだ・しょうじろう)が、真山青果に依頼して出来上がったものであった。 それも、澤田正二郎が亡くなる前年の昭和3年に、この脚本を上演、正二郎が全身全霊 ...(続きを読む) 伝統と革新の街・京都ではたらく社長のblog: 澤正が京都通が選んだ穴場 ... 愛する大先輩の店「そば茶寮澤正」が。http://sawasho.net/index... [続きを読む]

受信: 2010年4月 1日 (木) 07時53分

« 久しぶりの東京、亀戸「魚昭」から大島「ゑびす」で下町満喫です。 | トップページ | あの会社発祥の地、そして京都五条楽園前の「キコク食堂」~「枳殻邸」。 »