« ぶつ切りシリーズ展開中、なぎら健壱のなんともゆるい番組です。 | トップページ | 大阪にも『佃』があります、というかこちらが本家、佃の酒場「太一」。 »

2010年1月28日 (木)

大阪駅前ビルの「山長酒店」(立ち呑み)、寒かったので熱燗をいただきました。

2009年1月から書き始めたのこのBlog、

1年余りにわたって、
2004年から書いているギターBlog『新・アコースティックギター生涯の1本』(本家)の
「東京観光案内」「関西観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら
アーカイブしてきました、

そして、いよいよ本家に追いつきました

本日、この記事からは、ここでNEWな記事をアップしていきますね。

でも、どうもライブドアブログとの相性が悪くて

フォントの大きさをコントロールできません、
ココログの編集画面でサイズ変更しても、
下書き時のフォント情報が優先されるような、
記事によると、そんな状態で不細工なレイアウトになっています。

まあ、しばらくはこんな感じでいきます、、、

【NEWな記事】

2009年11月20日(金)
駅前第2ビルB1F 「山長酒店」(立ち呑み)、



さて、1週間のお仕事を終えて、ちょっと呑んで帰りたい気分です、
では、行きたいお店がまだまだ満載の駅前ビルで軽く飲んで帰りましょう。


いくつか候補はあるのですが、この日は「山長酒店」へ行ってみることにしました、

この「山長酒店」、
酒屋さんと裏で繋がっているので、まあ「角打ち」という事でよいのでしょう、でも普通に立ち呑み屋さんですけどね、

気になっていたので無事入店できて感慨ひとしお(オーバーな笑顔)、

とりあえず「ビール」を注文します、
小瓶もあるようですが「ビール」と頼むと大瓶になるようです。

さすがに酒屋さん、
ビールの銘柄はキリン、アサヒ、サッポロと揃っているそうで、いきなり聞かれたのでうううーーん、思わず「サッポロ」を注文。

全体にモノトーンの店(っていうのも、立ち呑みでは変?)、
黒いカウンター、壁は淡いベージュに黒の格子、しっとりとした立ち呑みです(うーん、これも変か)、



カウンターの中には若い男性と、お姐さんがお2人、
とくに先輩のお姐さんは相当の高齢とお見受けします。
(後で、常連さんとのお話で、どうやら私の母親よりも先輩なのが判明、
すごい、お元気で何よりです)



カウンターの保冷ケースの中には小鉢モノが、
その上には大皿料理が並んでいます、
ざっと見回して「鰯の生姜煮」300円をお願いします。

3ec51869.jpg

はい、ちゃんとしています、これで300円はうれしいですね。

ビールはまだ残っていますが熱燗も注文します、コップで出てきました。

b2768de1.jpg

もう1品、「きずし」を注文しましょう、

4c7118cd.jpg

よく〆った「きずし」、私はレアが好きなのですが、これはこれで良し、




お隣の常連さんが頼んでおられた「玉子焼き」300円、これがボリュームもあり美味しそうでした、次はこれを頼みましょう。


熱燗は酔うので1杯だけにして、ビールに戻し、
保冷ケースの「高野豆腐」を頼んで、〆ます。

2ea8dcf9.jpg

これで1500円ほど、うん、良いお店です、絶対また来ますね

さて、お向かいの「ぷらすわん松屋」も気になりますが、
(なんだろう、この店名??30年ほど前の小説「深夜プラスワン」をいつも思い出します)、

ここはぐっと我慢、帰りましょう、、

と、駅に向かう途中で思い立ちました電球


『そうだ、佃へ行こう』

唐突ですが佃へ行きたい、

この記事はまたあらためて、、

|

« ぶつ切りシリーズ展開中、なぎら健壱のなんともゆるい番組です。 | トップページ | 大阪にも『佃』があります、というかこちらが本家、佃の酒場「太一」。 »

大阪梅田(駅前ビル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪駅前ビルの「山長酒店」(立ち呑み)、寒かったので熱燗をいただきました。:

« ぶつ切りシリーズ展開中、なぎら健壱のなんともゆるい番組です。 | トップページ | 大阪にも『佃』があります、というかこちらが本家、佃の酒場「太一」。 »