« 中崎町 沖縄料理「梯梧家 (だいごや)」→天満「肴や」。 | トップページ | 「フォークの旅路」を観て、即行ってしまいました、ナンバの串カツ「にしき」(二色)。 »

2010年1月16日 (土)

久しぶりの神戸二宮の「藤原」、やっぱり美味しいわ^^)

2年目に突入のこのBlog

2004年から書いているギターBlog『新・アコースティックギター生涯の1本』(本家)、
そこで書いた「東京観光案内」「関西観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していき、そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと始めました。

当初の予定では2009年秋頃には、本家の記事に追いつき、こちらで新規記事掲載を始める予定でしたが、まだ追いついていません。

現在、約1ヶ月遅れまで追い上げています、
2月頃には、こちらで新規記事アップが始められると思います、
もう少しアーカイブにお付き合いをお願いいたします

神戸二宮の「藤原」、

煮炊き物が本当に美味しいお店です、

この日は久しぶりに入れました、

三宮から距離があるので、電話での確認が必ですね。

【2009年12月26日の記事】

2009年10月下旬

神戸二宮「藤原」

平日の20時頃、神戸のJR三宮駅で待ち合わせをして、さてどこへ行きましょうか?

二宮の「藤原」に電話してみましょうか、

このところなかなか入れませんからねえ、たぶんだめだろうねえ、ならば「金盃」でも行きましょう、、

「もしもし、いま三宮なんですが二人いけますか?」
「どうぞ、どうぞ!」

あらら、うれしい誤算、OKです、「藤原」空いていました

本当に久しぶりなので二人でいそいそと歩き始めます。
三宮から二宮「藤原」までは歩いて10分くらいかかります、
商店街が終わり辺りが住宅街になってきた頃、マンションの1階にある「藤原」が見えてきます。

10人ちょっと座れるL字カウンターのみ、
この日は2人連れ2組のみです、こういう日もあるのですね、平日だから?もしくは時間的に1巡したのでしょうか?

とにかく、久しぶり美味しい煮焚き物がいただけます

まずは生ビールで乾杯、

名物の「おから」、

1_5

そして煮物はいろいろと食べたいので「煮物盛合せ」を注文、

2_5

やはり美味しいです、この味付けですよね、「藤原」の味です。

大将は今日も元気で、あれやこれや先客の常連さんとお話されています、私も聞くともなく聞いています。

魚系は「生たこ焼き」、

3_5

この頃に電話が2本あり、一人客、そして二人客が入店、
少し賑やかになってきましたね、みなさん常連さんのようです。

奥から先客2組ともに同じ料理が出てきました、

見てみると大振りの「茶碗蒸し」です、
キュー、美味そうです、思わず頼みます、と大将がカウンター奥の一人客にも「茶碗蒸し」を勧めます、

「押し売りの茶碗蒸しには“松茸”入れとくからね」

4_5

ちょっとゆるめの「茶碗蒸し」ですが、これも出汁が利いていてめちゃ旨い!!綺麗に最後までいただきました。

ぼちぼちと焼酎に切り替えて、
そして、こちらも名物「きずし盛合せ」、

5_5

「きずし」は鯖と鯛のきずしの2種、珍しいですが、三宮の「森井本店」と同じですね。

味違いで「ポテサラ」をいただきました。

6_3

はい、ここまででお勘定にしましょう、二人で7杯飲んで6000円少々、

久しぶりに入れてよかったです、
平日のちょっと遅めの時間が入りやすいのかな?

また来ますね

(記事再掲ここまで)

|

« 中崎町 沖縄料理「梯梧家 (だいごや)」→天満「肴や」。 | トップページ | 「フォークの旅路」を観て、即行ってしまいました、ナンバの串カツ「にしき」(二色)。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの神戸二宮の「藤原」、やっぱり美味しいわ^^):

« 中崎町 沖縄料理「梯梧家 (だいごや)」→天満「肴や」。 | トップページ | 「フォークの旅路」を観て、即行ってしまいました、ナンバの串カツ「にしき」(二色)。 »