« 「宇ちだ」の後は、「丸好酒場」から「十一屋」へ、墨田に名店あり!! | トップページ | 久しぶりの東京、亀戸「魚昭」から大島「ゑびす」で下町満喫です。 »

2010年1月 8日 (金)

この日、立石はフェスティバルでした♪「宇ちだ」で一杯。

2年目に突入のこのBlog

2004年から書いているギターBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、
そこで書いた「東京観光案内」「関西観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していき、そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと始めました。

当初の予定では2009年秋頃には、本家の記事に追いつき、こちらで新規記事掲載を始める予定でしたが、まだ追いついていません。

現在、約1ヶ月遅れまで追い上げています、
2月頃には、こちらで新規記事アップが始められると思います、
もう少しアーカイブにお付き合いをお願いいたします

東京で土曜日の昼間、

となると、やっぱりここへ行きたくなります、

立石の「宇ち多”」です大好きです、

【2009年11月29日の記事】

2009年9月初めの土曜日、

東京 立石「宇ちだ」→八広(東向島)「丸好酒場」→墨田「十一屋」

さて、わざわざ延泊した土曜日の東京、

もう今日は昼間から飲みますよお
でも、午前中は映画を見て、それでも12時過ぎには京成線立石駅に到着、お目当ては謂わずと知れた「宇ち多"」です。

1_6

まあ、覚悟はしていたのですが、やっぱり並んでいます、隣の「栄寿司」もえらい行列ですどうしたのかな??

どうも、この日の立石は何かのイベントがあったようで、商店街では抽選会をやったり、ミニライブがそこかしこで、

2_6

そういうとここへ来る電車でも楽器を持った人が多かったなあ、
打楽器を持った人もいたのでどこかで吹奏楽か?
それとも、うん、この横断幕によるとサンバチームも来るらしい、サンバの太鼓か?

3_6

と、一通り立石の街を散策し、「宇ちだ」に戻って並びます。

表側だけで10人以上並んでいますが、回転は速いので大丈夫でしょう、と、後ろのおじさんから話しかけられました、

「すごい人気だね」
「はい、土曜日はこの時間が一番混みますね」
「あ、そう」
「2時頃には空きますよ、でもネタもなくなるので、、」
「人気だっていうので初めて来たのです」
「ああ、有名ですからね、ここ」
「メニューはどうなってるの」
「もつ焼きのメニューは店内にないので、、周りの人の注文を聞きながら注文してください」
「本数は?」
「2本単位ですね」

と、ネタの種類なんかもお伝えしますが、
この「宇ちだ」のメニューを立ち話で説明するのは難しいのです、こちらで事前学習しましょう。

なんとか、20分くらいで無事入店、もつ鍋の前のカウンターです。
まずは瓶ビール小360円也と“がつ生”180円也、そしてお新香180円也を注文します。

4_6

ここはほとんどの人が味付けに梅か葡萄のエキスを垂らした「焼酎をストレート」で飲んでいます、が、一口目からこれはきついのでビールをもらうことにしています。
大瓶540円也でも良いのですが、一人だと飲みきれないので小瓶にしています。

さくさくと“がつ生”を頂き、飲み物は“焼酎梅割り”に変更、焼き物は“かしら”と“あぶら”をタレで注文しました。(焼き物は2本セットで180円)

うーん、久しぶりの“あぶら”、旨いなあ

大振りの串なので、これでそこそこお腹が膨れます、
今日は先が長いのでここら辺でお勘定にします。基本単位が180円、ビール小瓶が2つ分ですから、確か1260円かな?
ご馳走様でした。

さて、いつもだと味違いで「栄寿司」で少し摘むのですが、この日はまだすごい行列ですので断念、
それではと、駅前の「愛知屋」でコロッケ80円也を1ヶ買って立ち食い、ここのコロッケもほんのり甘くて好きな味です。

5_6

さて、このまま次の店で飲むには時間が早すぎます、商店街のミスドに入って休憩しましょう。

6_4

1時間ほど本を読んで、少し居眠りをして、、
時間は14時30分頃です、ちょっと頭もすっきりしてきました、そろそろ出掛けましょうか。

(記事再掲ここまで)

|

« 「宇ちだ」の後は、「丸好酒場」から「十一屋」へ、墨田に名店あり!! | トップページ | 久しぶりの東京、亀戸「魚昭」から大島「ゑびす」で下町満喫です。 »

葛飾区(立石四つ木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この日、立石はフェスティバルでした♪「宇ちだ」で一杯。:

« 「宇ちだ」の後は、「丸好酒場」から「十一屋」へ、墨田に名店あり!! | トップページ | 久しぶりの東京、亀戸「魚昭」から大島「ゑびす」で下町満喫です。 »