« あの会社発祥の地、そして京都五条楽園前の「キコク食堂」~「枳殻邸」。 | トップページ | 東心斎橋の「すざき」2回目、魚が美味しいお店です。 »

2010年1月12日 (火)

大阪大正探索、2回目は「乃の家」→「大川」。

2年目に突入のこのBlog

2004年から書いているギターBlog『新・アコースティックギター生涯の1本』(本家)、
そこで書いた「東京観光案内」「関西観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していき、そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと始めました。

当初の予定では2009年秋頃には、本家の記事に追いつき、こちらで新規記事掲載を始める予定でしたが、まだ追いついていません。

現在、約1ヶ月遅れまで追い上げています、
2月頃には、こちらで新規記事アップが始められると思います、
もう少しアーカイブにお付き合いをお願いいたします

この頃は大阪の大正をうろついています、

何度か縁があった街ですが、

ゆっくり楽しんだことはなかったので、

「大川」が好きだなあ

【2009年12月20日の記事】

2009年10月9日(金)

大阪大正 「乃の家」→「大川」

先週に続いて大正を探索です、
JR大阪環状線「大正駅」を降りて、先週と同じ経路で「くろしを」を目指します、

はい、ちゃんと営業していますが、、、

この日も入りにくいなあ、、、

3席しかないカウンターは埋まってるし、
大きなテーブルにはお一人だけ座っておられますが、箸やお絞りが6人分ほどセットされているので予約でしょう、

入り口左手の4人掛けのテーブルは空いていますが、
そこに一人で座るのも恐縮なので(案外気が小さい)今回も入店を見送ります、

というより、ここはあらためて複数人数で予約を入れてくるつもりです。

前回入店した「畑分店」を横目に、今日はJRガード下辺りのどこかへ入るつもりです、

大きな道路沿いには串カツの「松栄」がありますが、
ここは空いていますね、
でももう少し行ったとこにも「まつえ」があります、姉妹店でしょうか?
ここは混んでますね、
でも、串カツという気分ではないので今日はパスです。

もう少し行くと、良い感じの飲み屋があります、メニューはおでんと天ぷらのようです、「乃の家」だったかな?
うーん、ここへ入ってみましょうか?

お勘定があったところで比較的空いています、

「どちらでも、お好きなところへ」

という案内でしたので、右手奥のカウンターに付きます、、、

が、座ってみて気付いたのですが、
すぐ奥に大きなスピーカーが2基、演歌が流れています、
案外ボリュームもあって気になります、これはちょっと失敗したかな?

とりあえず、生ビール400円也を注文、

料理もとりあえずおでんにしましょう、
私の中での定番はまずは「厚揚げ」、もう一品は「大根」にしました、

1

大きなお皿で出てきました、薬味は芥子の他に味噌も付いています、
関西風の田楽の名残ですかね、
うん、大根が良く煮えていて美味しいです。

お店は若い大将ともう一人の青年の二人で取り回しています、
なかなか熱心な働きぶりに好感です。

と、BGMのスピーカーからばんばんの「いちご白書をもう一度」が流れてきました、
さっきから聴いていると演歌や懐かしい歌謡曲が流れていました、
どうやら演歌チャンネルではなく、昭和の懐かし歌謡のようなチャンネルのようです。

この後、流れてきたフォークはこんな感じ、
「結婚しようよ」吉田拓郎
「きんたの大冒険」はは、こんな歌ありましたね、
「真夜中のギター」千賀かおる
「壊れかけのRadio」
「君の瞳は1万ボルト」アリス
「学生街の喫茶店」
「裏切りの街」

などなど、スピーカーの前に座ったのも案外間違いではなかったかも?

料理は「コールスロー」300円也を追加、飲み物も焼酎の水割り400円也に切り替えます。

2

この「コールスロー」は作り置きではなく、注文を聞いてから大将がキャベツを切り始めました、
下味が付いているのでしょうか?それにドレッシングをかけて出来上がり、
大盛りの「コールスロー」、美味しかったですよ

これで終わろうと思っていたのですが、焼酎が進んでしまいなくなりました、のでもう1杯頼みました。

と、今度は「コールスロー」がなくなり、、、

で、もう1品注文することに、
この店のメニューからいっておでんは頼んだので、今度はやはり天ぷらでしょう、天ぷらメニューが結構フューチャーされています。

「エビ」「キス」「なすび」を注文、

3

こちらも結構なボリュームがあります、全体に料理は大盛りですね、
天ぷらは、まあまあというところ。

さあ、これでお勘定にしましょう、

「おでん」も「天ぷら」は1品100円~300円という表示だけですが、おでんの「コロ」は結構高い値段でした。

これで2400円、ということはおそらく「おでん」は400円、「天ぷら」500円というところでしょうか?ご馳走様でした。

さて、帰り掛けに駅前の立ち飲みの「大川」に寄って行きましょう、

前回、好印象でした、
ほんとは前回頼んで美味しかった「唐揚げ」を食べたかったのですが、「乃の家」で天ぷらを食べたので自粛、まずは「冷奴」130円也、

4

焼酎の水割り300円也をゆっくりいただきます。

入り口辺りでは、20年振りの再会とかでサラリーマンの先輩達が盛り上がっています。

「みぶ菜」150円也を追加して、

5

これで帰りましょう、「大川」、好きな感じです

うん、大正も少しづつ馴染んできましたね、

次は「くろしを」攻略ですね

(記事再掲ここまで)

|

« あの会社発祥の地、そして京都五条楽園前の「キコク食堂」~「枳殻邸」。 | トップページ | 東心斎橋の「すざき」2回目、魚が美味しいお店です。 »

大阪大正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪大正探索、2回目は「乃の家」→「大川」。:

« あの会社発祥の地、そして京都五条楽園前の「キコク食堂」~「枳殻邸」。 | トップページ | 東心斎橋の「すざき」2回目、魚が美味しいお店です。 »