« 津山って牛肉が美味しいのですね、津山の居酒屋「小次郎」。 | トップページ | 「宇ちだ」の後は、「丸好酒場」から「十一屋」へ、墨田に名店あり!! »

2010年1月 7日 (木)

大阪大正探訪、「くろしを」~「畑分店」~「大川」。

2年目に突入のこのBlog

2004年から書いているギターBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、
そこで書いた「東京観光案内」「関西観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していき、そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと始めました。

当初の予定では2009年秋頃には、本家の記事に追いつき、こちらで新規記事掲載を始める予定でしたが、まだ追いついていません。

現在、約1ヶ月遅れまで追い上げています、
2月頃には、こちらで新規記事アップが始められると思います、
もう少しアーカイブにお付き合いをお願いいたします

久しぶりの大阪の大正、

お目当ての店には入れませんでしたが、

良いお店を2軒開拓、

大正もなかなか良いところです、

【2009年12月13日の記事】

2009年9月の中旬

大阪 大正 「くろしを」→「畑分店」→「大川」

さて、この日は大正辺りを散策することに決めていました。
どうやら、 「くろしを」というマグロの美味しい店があるようですので、まずはそこを目指しましょう。

JR大阪駅から大阪環状線内回りに乗車、
この大阪環状線というのが呑み助の心を揺るがす路線で、、、

次の駅が福島駅、そういうとこの前見た立ち飲み屋が気になるなあ、と心が少し揺れます、

その次が野田駅、ここには「ゆるり」という店があるそうです、と、またまた心が揺れます

さらに西九条駅、先日行った「大黒」の鉄火丼に大いに心が揺れます

と、煩悩に悩まされながらなんとか大正駅に到着、
いつものように、ざっくりとした位置関係だけ頭に入れて、駅前の横断歩道を渡り左に道をとります。

と、お、さっそく感じの良い酒屋の看板が目に付きます、

1_4

「畑酒店」の看板です、
路地を覗くと良い感じの酒場らしき看板も目に入ります、これは要チェックですね

でも、今日のお目当てはマグロが美味しいらしい「くろしを」ですからね、

ごめんね、とこの路地を通り過ぎると「くろしを」はすぐに見つかりました。

2_4

外からガラス戸越しに覗くと、テーブルは空いてますね、では入ってみましょう、

ガラス戸を引くと、フロアで常連さんと話をしていた、子供を抱いたお姉さんが満面の笑みで迎えてくれます、一瞬こちらも微笑みます、

「今、電話いただいた方ですか?」

あちゃ

「いえ、違います、一人なんですが」
「あ、すいません」

とお姉さん、カウンターの向こうの大将にお伺いをたてていただきます、が、、
大将から、

「ごめん!今予約が入っちゃって、今日はだめなんよ」
「はい、じゃ、また来ますね」

仕方ないですね、

店のレイアウトは、ぱっと見た限りカウンターは3席くらいしかなく、あとは4人掛けのテーブル席、客層もサラリーマンというより家族連れ?みたいな雰囲気、

どうもこれは一人の飛び込みはなかなか難しそうですね、次回は誰か誘って電話してから来て見ましょう、

さてこれからどうしよう、、、

などという躊躇はありません、
さっき「畑酒店」の看板を見かけた手前の路地にさっそく入り込み、右手の居酒屋「畑分店」の中を覗くと、

3_4

お、高い天井に土間風の床、なかなか良い感じの居酒屋なので即入店しました

結構混んでますが、まだ大丈夫、
お姐さんに一人であることを伝えると、入ってすぐの冷蔵ケース前のカウンターへ案内されました、
これはメニューを考えるには便利かもしれませんな。

L字カウンターに20人ほど、右手にはテーブル席が広がります、詰めれば60人くらい入りそうな大き目の酒場です。
天井は高く、古そうな立派な梁も見えます、

即生ビール中420円也を注文、
肴は少し考えて、冷蔵ケースの中に見えた「アジの南蛮漬け」380円也をお願いしました。

4_4

どうやらお店は広いですが大将とお姐さん、そしてお母さん(らしき年長の方)の3人で切り回されているようです、
広い店内にしては少ないですね、これで切り回しているとしたらたいしたものです、

私のあとに何人か入店されてほぼ満員になり、その後のお客さんはあえなく敗退です、流行っていますね。

ざっと見る限り女性客ゼロ、サラリーマンというより場所柄か?工場勤務という感じの客層、
テーブル席の方はもうワイワイガヤガヤで盛り上がっています

5_4

カウンター席のほうは一人客も多く、やや静か、でもやっぱり盛り上がっています、

どうしようか迷いながら、もう1杯飲むことにします、
焼酎水割り420円也は少々高いなあと思いながら注文すると、こんなセットで出てきました、

6_2

焼酎は180ml、水と氷が別々に出てきました、2杯分はありますね、これなら納得です。

そして、肴は「きも煮」380円也を注文、

7_2

広い店内を3人で仕切っておられる割には注文はスムーズに出てきます、こういうオペレーションのしっかりした店は好きです

さあ、これで結構お腹いっぱいです、お勘定にしましょう、
確か1600円ちょうど、ご馳走様でした、
飛び込みのお店でしたが、なかなか良い感じでした、また来ますね

さあ、大正はあまり来ないのでもう少し探索してみましょう、

JRガード沿いの路地裏には、良さげなお店が何軒か並んでいます、この辺りもまた開発しないといけません、
そして、その奥にはボクシングジムがありました、

8_2

ほー、やってるやってる、
しばらく眺めていましたが、ボクシングジムというのはなにか尋常ではない迫力があります、トレーニングへの気迫が伝わってきました。

JR駅前に戻ると路上ライブやってました 

9_3

10_2

女性ソロ弾き語りと、男の子デュオの2組が交互にやってます、
ボーカルは両方とも上手ですね男の子のデュオはギター1本のコブクロスタイル?ですね。

さて、もう1軒行っときましょか、

ならばここでしょう、駅前にあるので来た時に即目に入ったお店、立ち飲みの「大川」
雰囲気のある店構えですので、まず間違いはないでしょう。

11_2

引き戸を引くと、期待通りの雰囲気、縦長のコの字カウンターに8分の入りです、右手奥に案内されます。
とりあえず、焼酎水割り300円也と奴130円也を注文、安いなあここは、これはなかなか良いんじゃないですか

12_2

ここも、、女性客はゼロ
と思いきや、お!!新規入店のグループに紅一点が、女性も入れる雰囲気ですかね?

とにかく安いし良い感じのお店ですね、

大将と若いイケメンのお兄さんが良い連携プレイをしています、
お兄さんは料理・揚げ物の係りのようで、ちょうど揚げ物を上げるとこが見えるのでずっと目が行ってました、
そして、、、唐揚げがあまりに美味そうなので思わず最後に頼んでしまいました、
いかん!!カロリーオーバー!!でも、旨い!!ここの唐揚げ(250円也)はお勧めです

13_2

さて、もうこれくらいにしないと酔っ払ってしまいます、ここは1杯でおしまいに、
これで680円也、安ううう、

久しぶりの大正、楽しめました、また来ますね

(記事再掲ここまで)

|

« 津山って牛肉が美味しいのですね、津山の居酒屋「小次郎」。 | トップページ | 「宇ちだ」の後は、「丸好酒場」から「十一屋」へ、墨田に名店あり!! »

大阪大正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪大正探訪、「くろしを」~「畑分店」~「大川」。:

« 津山って牛肉が美味しいのですね、津山の居酒屋「小次郎」。 | トップページ | 「宇ちだ」の後は、「丸好酒場」から「十一屋」へ、墨田に名店あり!! »