« やっぱりここの料理はサイコーです、東心斎橋の「すざき」。 | トップページ | 三宮の「正宗屋」、いつもの店ではなく、奥のほう、北のほうの入り口から入ります。 »

2010年1月25日 (月)

ひさびさの下町テクテク旅、立石~曳舟~立花の「坂崎酒店」。

やっと2年目に突入のこのBlog

2004年から書いているギターBlog『新・アコースティックギター生涯の1本』(本家)、
そこで書いた「東京観光案内」「関西観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していき、そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと始めました。

当初の予定では2009年秋頃には、本家の記事に追いつき、こちらで新規記事掲載を始める予定でしたが、まだ追いついていません。

が、いよいよ本家に追いついてきました、

もう少しでアーカイブも終わりです、

今回は番外編、

墨田区立花の「坂崎酒店」訪問記です、

【2010年1月13日の記事】

先週の土曜日、
会議終わりの土曜日の午後、

立石の「宇ち多”」でS氏とモツ焼きを食した後、

天気も良く、時間もあるので、徒歩で墨田区立花を目指すことにしました。

立石から四つ木、
四つ木小橋を渡って東向島・八広、
曳舟で明治通りに入って、向島橘銀座商店街を見学して、
小村井の交差点を左に折れると、立花です、

ここまでで約2時間弱。

この辺りにも、居酒屋(写真は「ちはる」)や、モツ焼き屋(確か「うわじま」)がありますね、

100109_15350001kai

でも、この日の目標は「坂崎酒店」です、

そう、坂崎幸之助さんの実家ですね

HPで見たら、
坂崎さんデザインのグッズなんかも売っているようなので、

寄ってみることにしました。

小村井の交差点を左折してほどなく、
目の前に坂崎酒店が見えてきました、

100109_15370001

普通の酒屋さんですね、

でも、近くに行くと、アルフィーや和幸のポスターが張ってあります

100109_15560001

中には男性の店員さんが、お兄さんかなあ??

ちょっと入りにくいなあ、なんか買うものがあれば良いのだが、、

なんてことを考えながら、
ひとまずやり過ごします(気が弱いもので)、

でも、ここでこのまま帰るわけにも行かないので、

引き返して、意を決して入店しようとすると、

あら、お客さんがおられて、
なにか先程の店員の方とやり取りをされています、

で、、入りそびれました(気が弱いもので)、

で、もう一度ぐるりと店の裏の路地を回って、

3回目にしてやっと入店しました

「いらっしゃいませ」

と声を掛けていただきます、

入ったところの什器に、
ちょうど坂崎さんのオリジナルワインが並んでました、

100110

お、こりゃありがたい、これを買って帰りましょう、

と、赤ワインを1本とってレジカウンターへ持って行きます。

「贈り物ですか?」

「いいえ、自宅用で結構です」

「はい、じゃあこれに入れますね」

と、包装をしていただきます。

で、支払いの時に、

「猫好きですか?坂崎好きですか?」

って、聞かれました、
はは、こういっていただくと、こちらも構えずに済みます。

「両方ですね、猫も飼っていますし、坂崎さんのファンでもあります」

「ああ、じゃあ」

と、坂崎さんの千社札なんかもつけていただきます、

「うちに3匹猫がいるのですがね、、この猫のイラストも好きで、」

と、下のイラストを携帯の画像で見てもらいます、

100107

100107_2

実は、ウチの奥さんが書いた猫のイラストがありまして、
ね、ちょっと似てるでしょ、

神戸の中古CD屋のキャラクターのデブ猫なんですが、

これが、こちらのデブ猫と似てたもので来たというのもありました。

「坂崎のファンなんですか?」

「ええ、でもフォークなんで、和幸しか知らないです、アルフィーはちょっと、、」

「あ、フォークですか」

と、奥へ行かれたかと思うと、ギターケースを持って来られました、

あらら、急な展開です、

「この前、友達が持ってきたのです」

「はあ」

「よくこういうことがあるのです、弾かなくなったギターとかを持ってきます」

「なるほど」

「随分古くって、寺田楽器って書いてあるのだけれど、ブランドはなんて読むのか?」

確かに聞いたことがないブランドでした、

まあ、私も詳しい訳ではないので、、

「寺田楽器は聞いたことありますよね」

「昔はね、楽器店が輸入したり、作ったりしていましたからね」

ギブソンのコピーでしょうか?

アジャスタブルのブリッジです、

トップは今で言う「アディロンダック」みたいな幅広の年輪模様です。

「弦高が高かったので、調整してたんですよ」

って言いながら、さらっとスリーフィンガーなどを弾いて見せていただきます、

やっぱり、坂崎さんのお兄さんでしょうか?

聞けませんでした、でも、

「(幸之助さんが)正月に帰ってきたので、ギターにサインを頼まれていたのでしてもらった」

なんておっしゃっておられました。

なんか、いきなりいろんな話を延々としています、

お客さんが何人か来られて、
その対応で話が中断したので、
店の奥を見ると、他にもオリジナルのグッズがありました、

ここでTシャツ(デザインBy次男坊)とチケットホルダーも買うことに、

100110t

いやはや長居をしてしまいました、

どうもありがとうございます。

また、お客さんが来られたので、これを機に入れ違いで失礼します、

ありがとうございました。

思わぬ展開でギター談義になりました、

入ってよかったですね、

で、この後は当初の隅田辺りで呑む予定を変更して、

案外近い平井の「豊田屋」まで歩き、
“白子鍋”を食し、新幹線で帰りました。

100109

ふー、よく歩きました、

久しぶりの下町テクテク歩きでした。

(記事再掲ここまで)

|

« やっぱりここの料理はサイコーです、東心斎橋の「すざき」。 | トップページ | 三宮の「正宗屋」、いつもの店ではなく、奥のほう、北のほうの入り口から入ります。 »

墨田区(曳舟八広東向島)」カテゴリの記事

コメント

始めまして、検索でやってきました!
先日宇ち多に行ったばかりで、しかもハックルベリーのデブ猫は中高生の頃はいつも持ち歩いてました!そして坂崎さんの店!初期アルフィー好きだったりするのでツボだらけです!またお邪魔します~

投稿: とみやん | 2010年1月26日 (火) 20時22分

始めまして、検索でやってきました!
先日宇ち多に行ったばかりで、しかもハックルベリーのデブ猫は中高生の頃はいつも持ち歩いてました!そして坂崎さんの店!初期アルフィー好きだったりするのでツボだらけです!またお邪魔します~

投稿: とみやん | 2010年1月26日 (火) 20時23分

とみやんさん…コメントありがとうございます

立石の宇ち多”に、ハックルベリーまで繋がりましたか!!
これはすごいですね、良かったです、

ハックルは身内の店でございます、
また、ご愛顧をお願いします

投稿: テリー | 2010年1月26日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさの下町テクテク旅、立石~曳舟~立花の「坂崎酒店」。:

« やっぱりここの料理はサイコーです、東心斎橋の「すざき」。 | トップページ | 三宮の「正宗屋」、いつもの店ではなく、奥のほう、北のほうの入り口から入ります。 »