« 大阪にも『佃』があります、というかこちらが本家、佃の酒場「太一」。 | トップページ | 小雨そぼ降る人形町の『笹新』、旨い料理をいただきました。 »

2010年1月31日 (日)

ミナミのディープな一角の酒場と焼肉屋??「能登屋」→「かどや」、そして、、、

【NEWな記事】

2009年11月27日(金)

大阪なんば 「能登屋」→「かどや」→「中津川」




ちょっと前に、前を通りかかったので気に掛かっていました、
(ややこしいセンテンスだ



場所は大阪のなんば、地下鉄四つ橋線の南改札を出ると、
地下鉄御堂筋線や近鉄・南海へ乗り換えるには地上に一度でないといけません。

ほんの50~60mほどの距離ですが、この辺りが結構ディープな地帯なのです^^)

で、先日もここを通った時に2軒ほど気になる店をみつけました、
というか、前から知っていましたが、入ろうとは思っていませんでした。
でも、今は入ります

金曜日の夜なので混んでいるでしょうが行ってみましょう。



予定通り、地下鉄四つ橋線でなんばへ、地上へ出て1分でまず1軒目の前に到着です。

「能登屋」、

3538de63.jpg

明らかに普通の酒場ですね
ガラス戸越しに覗くとカウンターに少し空きがありそうです、入ってみましょう。

変形の逆Lカウンター、縦棒のカウンターが奥のほうで厨房側へシフトしています、
そこに出来たスペースにテーブル席がありますね。

入り口近くの縦棒のカウンターに着席、ほぼ同時にもう一人入店されたので、
3席空いていたところに二人で座ります。



目の前には「どて焼き」の鉄板、「おでん」も見えますね、
保冷ケースには1品モノや魚系の食材が並んでいます。

「ビールをお願いします」

「瓶で?」

「生もあるんですか?」

「はい!」

「じゃあ、生で」

このところ瓶ビールが多かったのですが、今日は生の気分です、
外は冷えていますがグビっと生ビール450円を飲みましょう。

壁のメニューが見づらかったので、保冷ケースで目に付いたこんな串を注文、

59d435a5.jpg

「これ下さい」

「はい、バーベキューね」

なるほど、バーベキュー370円ですよね、これは、

串で出てくるのかと思ったら、焼きあがった串をばらして具材だけで出てきました、
鉄串でしたから熱くなります、火傷防止ですかね。

580df2c8.jpg

うん、美味しいし、味違いで鳥とウインナーが食せて、私的には小さな幸せ



客の入れ替わりはありますが、常にほぼ満員の状態が続きます。

料理は、同じく保冷ケースで目に付いた「ポテサラ」270円を追加して、

1f605bab.jpg

ビールがなくなったのでなんか料理に合いそうな気がしたので珍しく「チューハイ」250円を注文、
東京なら焼酎ハイボールなのですが、大阪にはないです、
最近はサントリーのキャンペーンで「ハイボール」は増えてきましたが「角ハイボール」ですからね。

269f89ad.jpg

ナンバという繁華街にありますが、なんとなく常連さんが多く、下町の酒場を臭わせる店ですね。
この日は、もう1軒行く予定ですのでここらで〆ましょう、1320円也、ありがとうございました




さて、2軒目は「能登屋」から15mほど西へ、近!!、

ここが気になっていました、
テント屋根には「焼肉・焼き鳥・ホルモン・豚足」と書いてあります、
中は中華料理屋さんのような赤いカウンター、
奥まで相当広い店内ですが超満員、表の仮設テーブルにも人があふれています。

謎の店、「かどや」

496cd37a.jpg

って、私が知らないだけでけど汗

中を覗いていたら、ちょうど入り口のカウンターのお客さんが一人お勘定、

1d6435fe.jpg

ハイ、このタイミングとばかりに入り込み一人客をアピール、
目論見通り空いたばかりのカウンターに着きます。



うむ、システムがよく分からないので先制攻撃で座るなり瓶ビール大600円を注文、
と、はいはいとばかりにビールと小皿が3つ出てきました、こんな感じ、

ef30d932.jpg

うむ、ちょっと不安に、なんせ初めてなので、、
これはどうして食べるんだろう、周りを盗み見ながらビールを飲み思案していると、
カウンターの中の御姐さんから、

「(料理の)注文は?」

と、急かされました、うむ、ペースを取り返されましたね

よく分からんし、2軒目で余り食べられないので、
とりあえずメニューの一番先に書いてある「焼肉」500円というのを注文します、
もちろん慣れた振りして

「焼肉」といっても、周りを見ているとどうやら串で出てくるようです。



さて、出てきた小皿は3つ、「葱とタレ」、「葱だけ」、「キャベツ」の3つ、
これが全部突き出しとは思えない、
「キャベツ」は塩でもかけて普通に食せばよいようです。

「葱とタレ」も見たまんま、出てきた串焼きをこのタレにつけて食すようです、
「葱だけ」の小皿は追加用が手回し良く出されているということのようです。



ほどなく「焼肉」が出てきました、

20c1b058.jpg

串で3本、普通の“肉”です、
濃い目のタレにつけて葱をたっぷりまぶしながら食しましょう。

38c8eb04.jpg

メニューにはホルモンの各部位や看板通り焼き鳥や豚足があります。

周りを見る限り、豚足は串ではなく皿で出てくるようで、
みんなが注文していますのでこれが狙い目のようですが、
量が多く一人ではちょっと無理そうなのであきらめます、
今度1軒目に来た時に頼みましょう。

「焼肉」3串をいただいて、ビールを少し余してこれで失礼いたします、1100円也、

なるほど、大阪ミナミらしいみんなでワイワイやりながら楽しむお店ですね、
超満員、女性客、若いカップル客も多いですね、また来ますね。




この後、ひさしぶりのナンバをぶらぶら、

随分昔に来たことがる路地を発見、

0faa806d.jpg

この角の寿司屋「中津川」に好物の“ハマチ”目当てで入店、

1個50円!旨くて安い!!6席ほどの小さな小さなお店、
5皿ほどたべて大き目の熱燗を飲んでメニュー通りの1100円、

これまた良心的なお店です、こちらも、、、また来ますね

|

« 大阪にも『佃』があります、というかこちらが本家、佃の酒場「太一」。 | トップページ | 小雨そぼ降る人形町の『笹新』、旨い料理をいただきました。 »

大阪ミナミ(心斎橋難波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミナミのディープな一角の酒場と焼肉屋??「能登屋」→「かどや」、そして、、、:

« 大阪にも『佃』があります、というかこちらが本家、佃の酒場「太一」。 | トップページ | 小雨そぼ降る人形町の『笹新』、旨い料理をいただきました。 »