« 本所3丁目探訪の2軒目、ここは楽しめました、「わくい亭」♪ | トップページ | この日は新規開拓、いろいろ迷った挙句、新小岩の「魚三酒場」。 »

2009年12月 8日 (火)

本所3丁目探訪、まずはモツ焼き「わかば」。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

本所3丁目、

この辺りに来るのは初めてですね、石原や押上も近いのですが、

近くに駅がないので中々足が向きませんでした。

【2009年9月12日の記事】

2009年5月30日(土)

本所3丁目 「わかば」 → 「わくい亭」

さて、ここも行こう行こうと思いながら、なかなか行けませんでした、
どこの駅からも少々歩かないといけません、本所3丁目の「わかば」と「わくい亭」、

まずはモツ焼きが評判の「わかば」から攻めてみることにしました。

この日は、都営浅草線の「本所吾妻橋駅」から歩きました、この駅が一番近いようですね。
「三つ目通り」を南下、10分足らずで「本所3丁目」の交差点に着きますが、その手前をちょいと左へ入ると、モツ焼きの「わかば」があります。

1_4

前に一度来ましたが、日曜日だったので開いていませんでした、
が、この日は土曜日の18時過ぎ、開いてますheart04

5月末のこの頃、ここの引き戸も開いているのですが、中を覗くと、おお、この時間で相当盛り上がってますね、中へ入って目が合ったお姐さんに一人であることを示すと、、、

板場のお兄さんとなにやら相談されています、どうやら予約の電話が入っているようで、空き席はあるのですが、どうしようか相談されているようです。
ほんの30秒ほどですが、待たされた後、無事案内されました。
左手にカウンター、真ん中にお姐さんが出入りする切れ目があります。
その端、奥のほうに案内されました。

右手にはテーブル、そして小上がりもあり、おおいに盛り上がっています。

カウンターの中には焼きと料理に1人づつ、そしてお姐さん(ご家族?)が4人もおられます。

…なのですが…

カウンターの中は大混乱、お客さんを見るより、店員同士で注文の確認やらなんやらをしている時間の方がずっと多いです、

4人の役割が決まってないようで、同じような作業でめいめいが勝手に動いています、
注文の品が上がっても、どの客の注文か?分からないようで注文の品を持ってウロウロ、店員同士の言葉がとげとげしく揉めています。

入店直後にとりあえず、ハイボールを注文、

2_4

しかし、やはり料理の注文は訊いてくれません、もうハイボールは半分呑んでしまいました。

しばらく待って、タイミングを見計らって、強引に呼び止めてお願いします。
レバ刺しに、焼きはカシラ、タン、ハツ、コブクロを全部塩で(タレを混ぜるとややこしそうだったので)注文、、

3_4

4_4

お隣は飲物が出て来ませんheart03でも我慢強く待っておられます、
反対のお客さんの料理も出て来ません、もうそれが気になって気になってcoldsweats01

私の料理はそこそこの時間で出てきました、味はまあまあでしたが、この状態では気持ちよく飲めません、
申し分けないですが、ハイボール2杯で料理を流し込んで早々に失礼いたしました。

自分でも再確認しましたが、オペレーションがちゃんとできていない店はどうも私には合わないようです。
中が良く見えるカウンターに座ったせいもあるでしょうが、中の混乱ぶりばかり目に入って、それが気になってとても飲む気分にはなれませんでした、よっぽど私がお手伝いしようかと思いましたcoldsweats01

人気のお店なので、少々残念な客捌きでした。

↓下の記事に続く。

(記事再掲ここまで)

|

« 本所3丁目探訪の2軒目、ここは楽しめました、「わくい亭」♪ | トップページ | この日は新規開拓、いろいろ迷った挙句、新小岩の「魚三酒場」。 »

墨田区(押上本所石原錦糸町)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/32509384

この記事へのトラックバック一覧です: 本所3丁目探訪、まずはモツ焼き「わかば」。:

« 本所3丁目探訪の2軒目、ここは楽しめました、「わくい亭」♪ | トップページ | この日は新規開拓、いろいろ迷った挙句、新小岩の「魚三酒場」。 »