« 気になっていたのですが、、、新梅田食道街の立ち飲み「奴」、これが素晴らしい店でした。 | トップページ | 中崎町から歩いて天満の「大安」へ、でも、、、 »

2009年12月30日 (水)

この喧騒、これがたまらないんでしょうね、京橋立ち飲み~「岡室酒店直売所」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

【2009年11月21日の記事】

金曜日のこの日は新規開拓に充てることに決めていました。
さあて、どこへいきましょうか?

あれこれ考えたのですが、この日は“京橋”に行くことに決めました。

久しぶりです、京橋、

あまり開発していませんので、もうどこへ行ってもお店はありそうですが、どうやら京橋には“京橋立ち飲みストリート”というのがあるようです。
そこかどうかよく分からないのですが、よく名前を目にする「岡室酒店直売所」を目指しましょう。

前に一度、店の前まで来たことがあるのですが、その繁盛振りに、満員の様子をみて退散しました。

1_4

で、この日は、、、

あは、やっぱり満員です、ガラス戸になっていて中の様子はある程度見えるのですが、もう絶対満員です
さらに、女性3人組が何とか入ろうと交渉中!?
あー、これは難しいかなあ、、

まあ、急ぐことはないので、おそらく“立ち飲みストリート”と思われる通りをざっと流してみます。
なるほど、確かになかなか良い感じのお店が並んでいますね、これは「岡室酒店直売所」に入れなくてもどこかで決着は付きそうです。

“立ち飲みストリート”を最後まで歩いて、そのままぐるっと1本南側の道へ回りこんで少し戻ると「居酒屋 とよ」がありました、
が、この日は金曜日ですが休みのようです、残念、ここは定休日が多く、通常は月・木・日祝がお休みだそうです。

そのまま進んでまたぐるっと回り込むと、元の“京橋立ち飲みストリート”入り口に戻ってきます。

さて、もう一度「岡室酒店直売所」を覗いてみましょう。

お、さっきの女性陣は入店したようです、私も表から中を覗き込んでいると、ガラス戸越しに大将と目が合いました、いつものように指で一人であることを示すと、大将が手招きしてくれました、ラッキーは入れそうです

変形のコの字というか逆Jの字カウンターの左側入り口近くになんとか一人分のスペースがありました、はい、皆様失礼いたします、私も仲間に入れてください

店の中は喧騒と、すごい熱気で盛り上がっています、大将も客と喋り捲りながらの仕事です。
客は常連率90%、立ち飲みですが女性の姿も多いです。
とりあえず瓶ビールを注文、肴は「きずし」をお願いします。

2_4

入り口の右側上にTVが掛かっていて巨人-阪神戦を放送していますが、そんなことはお構いなく、店内はすごい盛り上がっています。

客同士が盛り上がって、それに大将が絡んでいきます。
先の女性3人組みも話題になっておりまして、はやくも常連さんとワイワイやっています。
人気の秘密はこのコミュニケーションのあるのでしょうね

魚の煮付けを頼んで、お酒を常温でお願いします。(魚の名前、忘れました、小骨が多かったです)
最後におでん、厚揚げとジャガイモを注文、お酒もなくなったのでこれで〆ます。

3_4

なかなか、急には馴染めませんでした、でも、なんか行けそうな気がします、ぼちぼちと通ってみましょう、

また来ますね

(記事再掲ここまで)

|

« 気になっていたのですが、、、新梅田食道街の立ち飲み「奴」、これが素晴らしい店でした。 | トップページ | 中崎町から歩いて天満の「大安」へ、でも、、、 »

大阪京橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この喧騒、これがたまらないんでしょうね、京橋立ち飲み~「岡室酒店直売所」:

« 気になっていたのですが、、、新梅田食道街の立ち飲み「奴」、これが素晴らしい店でした。 | トップページ | 中崎町から歩いて天満の「大安」へ、でも、、、 »