« たまに、無性に食べたくなる神田「升亀」のげそ天^^) | トップページ | 小岩の住宅街に潜む家庭酒場!?~「銚子屋」 »

2009年12月 1日 (火)

名コピーの酒場、小岩の2軒目は、“親の代から酒は「小野内」”。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

キャッチコピーを持っている酒場、

何軒かあるような気がしますが、

この酒場のコピーは、リアルで迫力がありますね

事実は強いです、

【2009年8月23日の記事】

↑上の記事の続きです。

2009年5月18日(月) 小岩 2軒目 「小野内」

小岩の住宅街の家庭酒場「銚子屋」を“アジの刺身”と“やっこ”で済ませたので、小岩でもう1軒行きましょう

モツ焼きの「大竹」はどうかと思っていたのですが、帰り道で先にあるのが「小野内」です、こちらを覗いてみましょう。

「銚子屋」のある裏通りから、大通りの蔵前橋通りへ出て、駅のほうへ向かうと程なく「小野内」があります、

看板は今風?で綺麗な外観、酒場の風情というよりは昼もやってる小奇麗な小料理屋さんというような感じですね。
そして、その看板には名コピーが、

「親の代から酒は小野内」、いいですねえ

1_2

「名代にこみ」というサブキャッチもあります。

引き戸を開けるとL字カウンターにテーブルが3つほど、予想通りの綺麗な店内です。

カウンターが空いていたので着席、
焼酎ハイボールを注文します、たしか小さめのジョッキで出てきました。

お通しには鰹節の乗った湯豆腐、うむうむ美味しいです、

2_2

肴に“名代にこみ”550円をお願いします、

3_2

大振りの“ガツ”?にねぎがたっぷり、味噌系の煮込みで、量も多く、お味のほうもなかなか迫力があります。これは美味しいです

が、量が多い!!
他の人の注文を見ていると、どうやら他の料理も量が多いようです、
味噌味の“名代にこみ”をもくもくと食べるうちに、日本酒400円に切り替えます、

4_2

味違いに“グリーンアスパラ”300円を頼みます。

5

ほっ、ちょっと“にこみ”がしつこくなってきたので、これは助かります。

時間は20時30分頃、店の奥にTVが掛けてあり、皆観るともなく観ています。
NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」が流れています、この番組、よく観てます

ご近所のお客さん中心、でも家族連れや女性同士など客層は広くて、安心して飲んで食べれるお店のようですね。

お腹もいっぱいになったので、そろそろ失礼しましょう、

“にこみ”は美味しいですが、量も多いので、これだけで満腹になるかもしれません、次は二人で行くとちょうどいいかもしれませんね。

(記事再掲ここまで)

|

« たまに、無性に食べたくなる神田「升亀」のげそ天^^) | トップページ | 小岩の住宅街に潜む家庭酒場!?~「銚子屋」 »

江戸川区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名コピーの酒場、小岩の2軒目は、“親の代から酒は「小野内」”。:

« たまに、無性に食べたくなる神田「升亀」のげそ天^^) | トップページ | 小岩の住宅街に潜む家庭酒場!?~「銚子屋」 »