« 西大島から亀戸へ①、魚屋の酒場・セルフサービスの「魚昭」。 | トップページ | 2009年4月18日 江戸東京博物館で「手塚治虫展~未来へのメッセージ」 »

2009年11月19日 (木)

江戸東京博物館の後は、西大島のモツ焼き「こん平」です。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

江戸東京博物館で「手塚治虫展~未来へのメッセージ」を見た後は、

さて、S氏と飲みに行きましょう

1軒目はS氏お勧めの店です、

【2009年7月19日の記事】

2009年4月の土曜日の夕方、

江戸東京博物館での「手塚治虫展~未来へのメッセージ」を見た後、単身赴任仲間のS氏と夕食を約束していたので都営新宿線の「西大島駅」へ向かいます。

17時前、時間通りに駅改札口で合流、目指すは西大島のモツ焼き「こん平」、S氏お薦めの店です。

駅から1分ほどの「こん平」、
着くとちょうど店員さんが暖簾をかけているところです、
かけ終るやいなや、いや、かけ終わると同時に入店です
1番客としてカウンターに陣取ります。

と、もうお一人入店、そしてもう一組、と、、
17時15分には満員となり、その後も続々来る客さんはあえなく敗退です、ここも人気のお店のようですね。

まずは“ホッピー”と“モツ刺身盛り合わせ”を注文、
写真が1枚では撮れなかったので、2分割です。

1_2

2_2

そういうと一昨日も新宿「鳥茂」でほぼ同じメニューを食べたような

刺身が6種類、レバ、ハツ、コブクロ、タン、ホーデン、それに、、あれ?ガツだったかな

はい、「鳥茂」も新鮮でしたが、「こん平」も新鮮でどれも美味しかったです。
値段は「鳥茂」半分で、鮮度は遜色なし
これで1050円はOK!!です。

焼物はカシラ、シロをタレで、

3

ハツ、タンを塩でいただきます。

4_3

メニューを見て1本120円はちょっと高いかも、と思いましたが、量質ともこれもOKです。

なので追加でガツを塩で追加、

5_2

他にもメニューはいろいろ、刺身や1品料理もあります、この日は“おひたし”を注文。

6

キャベツの千切りはアピールしないと出てきませんが、最初の一皿は無料サービスですよ。

人気店なので、お待ちの方もおられます、ここらで失礼いたしましょう。

2人でホッピー(中)3杯づつのんで、4800円ほどでした、はい、このコストパフォーマンスが下町酒場です、

この店、あまり噂は聞かなかったのですが、なかなか良いお店ですね、また来ましょう

(記事再掲ここまで)

|

« 西大島から亀戸へ①、魚屋の酒場・セルフサービスの「魚昭」。 | トップページ | 2009年4月18日 江戸東京博物館で「手塚治虫展~未来へのメッセージ」 »

江東区(亀戸大島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京博物館の後は、西大島のモツ焼き「こん平」です。:

« 西大島から亀戸へ①、魚屋の酒場・セルフサービスの「魚昭」。 | トップページ | 2009年4月18日 江戸東京博物館で「手塚治虫展~未来へのメッセージ」 »