« 築地の「多け乃食堂」、もう4回目かな、今回は二人で行きました。 | トップページ | 月島の「牛若」~我が高校の後輩と行きました。 »

2009年11月12日 (木)

『灯台元暗し』なのです、なので、、、京都七条辺りを散策。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

京都生まれ、27歳まで京都に住んでいましたが、

知らないこと、行った事ない名所旧跡、いっぱいあります。

「そうだ!京都へ行こう!!」

【2009年7月2日の記事】

京都生まれとはいえ、そんなに京都を知っているわけではありません、
『灯台元暗し』であります。

この辺り、京都駅の東北辺り、再開発もあまり進んでいませんが、さすがに古いものがなくなっていってます、京都駅近くの塩小路通りと七条通り、烏丸通りと鴨川に囲まれた一帯です。

知ってるようでちゃんと歩いていませんでした、
この日はちょっと時間があったので1時間ほど歩いてみました。
すると、おおお、昔ながらの旅館が、うどん屋が、そしてお好み焼き屋もありました。

まずは、、
お好み焼き屋の「あいこちゃん」、店の外観は良い味出してます、ちゃんと営業しておられます、この日は入店しませんでしたが、いつかは入ってみましょう、

1_6

「あいこちゃん」の周辺、右側が「あいこちゃん」、
映画「パッチギ」に出てきそうな雰囲気があります。
この近所の銭湯もがんばってました。

2_6

「山口屋旅館」、まだ営業しているのかどうかは不明(最近再確認しましたがどうやら廃業しているようです)、
キャッチコピーが良いですね、
『低料金奉仕』、今の時代にも活きます。

3_5

そして、ここはまだ営業しています、昔ながらの町の食堂、麺類と丼、ラーメンもあります^^) 「ふく井」、
ここはホント京都駅の目と鼻の先、こんなところが残ってるんですね。味のほうはどうなんでしょう、少々不安ではありますが、一度は入ってみたいと思います。

4_5

「ふく井」の脇の小路を入るとこんな建物が、「京都パンション」、
マンションの走りのアパートメントか?この建物も始めて見ました、まだ実際に住人がおられます。
東京表参道のアパートメントを彷彿とさせます。

5_4

知ってるようで知らない身近な街、
なくなる前にあちこち見ておきましょう。

(記事再掲ここまで)

|

« 築地の「多け乃食堂」、もう4回目かな、今回は二人で行きました。 | トップページ | 月島の「牛若」~我が高校の後輩と行きました。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『灯台元暗し』なのです、なので、、、京都七条辺りを散策。:

« 築地の「多け乃食堂」、もう4回目かな、今回は二人で行きました。 | トップページ | 月島の「牛若」~我が高校の後輩と行きました。 »