« 久々の北千住~「酒屋の酒場」の後は、駅前に戻って「大升」です。 | トップページ | お腹一杯になり、ついに腹ごなしに四つ木まで!?~吉原大門「土手の伊勢屋」の天丼“ハ” »

2009年11月20日 (金)

常連さんとめちゃくちゃ盛り上がりました、北千住~「酒屋の酒場」、よいお店です。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

2009年7月25日は、

吉田拓郎の最後のツアー最終日の予定だったんですね、

残念ながら行われなかったのですが、、

「大はし」狙いが多かった北千住ですが、

この日は「酒屋の酒場」へ初挑戦です、

そして「大升」へ、

2連作です、

【2009年7月25日の記事】

今日は「つま恋」の日でした、
でも、ありませんが、、

今朝は、なにかすっきりとしたような気もします。

私は横浜で立ち会えましたので、その幸運を噛み締めながら、またどこかで出会えることを祈ります。

このところ、記事アップが追いつきませんね、
2009年4月22日の訪問記事です、あしからず。

北千住の「酒屋の酒場」、

久しぶりの北千住です、
西口を出てアーケードのある大きな商店街を200mほど歩きます。
途中、“宿場町商店街”を右へ曲がれば“大はし”ですが、この日は直進です。
大きな交差点を越えると、“北千住昭和会”という商店街になるようです。

ここも100mほどずんずん進むと、左手にこの日のお目当てのお店、「酒屋の酒場」があります。

時間は19時頃、良い感じの引き戸を開けると、おお、見た目満員です!
カウンターの中のお兄さんと目があったので、いつもの通り一人である事を指で告げます。
お兄さんはさっと、店内を見回してカウンターに空きを見つけくれました。
入り口からすぐのカウンターになんとか潜り込みます。

左手に15席くらいのL字カウンタ(でも底辺は2席のみと短く、縦棒が奥へと続きます)、
右手にちいさな4人掛けテーブルが2つ、さらに奥には小上がりがあり、ここにはテーブルが3つほどあるようです。

まずはホッピーを注文、ジョッキーに焼酎と氷、そしてホッピーが来ました。

カウンターの奥のほうの壁にメニューが40くらい並んでいます、思ったより魚系のメニューが充実していますね。
「げそ刺身」を注文、刺身ではなく軽く茹でたげそでした。

1_8

そして、おお、ちょうど拓郎の唄で盛り上がっている「フキと筍の煮物」があったので注文。

2_7

ホッピーセットの中だけお代わりもします。

地元常連さん率が高そうです、

左手の二人連れの方はスーツを着たサラリーマンのようで、「ここは本当に上手くて安い」というような会話が聞こえてきます。

と、右手に座ったSさんから話しかけられ、枝豆をごちそうになりました、ご馳走様です。
何でも、カウンターの中のお兄さんと高校の同級生らしいです。

その向こうにはSのお兄さん(兄弟で偶然来合わせたようです)、
その向こうにはフィジーから来たMさん、
その向こうには、、、同業のMさんとどんどん話の輪が広がります。

もう1杯だけ呑みたくなったので、酎ハイに切り替えて、ポテトサラダを注文、

3_5

量が多いので、逆にSさんにお返しとばかりにお薦めして、シェアします。
そして、Sさんと東京の下町の良さについて語り合います。
いやはや、おおいに盛り上がりました

3杯呑んで結構酔いましたね、
では先に失礼しますね、皆さん、どうもありがとうございました、また来ますね

「またねえ」、Sさんの声が背中に聞こえました。

家族経営なんでしょう、
カウンターの中の親爺さんとお兄さんは親子かな?今度行ったら訊いてみましょう。
同じ親子タッグでも、「大はし」とは一味違う、ワイワイガヤガヤ、とにかくフレンドリーな雰囲気のお店です。

次回はもっと刺身系を責めてみましょう。

このあと、駅前の「大升」へ向かいます、
↓下の記事へ続きます。

(記事再掲ここまで)

|

« 久々の北千住~「酒屋の酒場」の後は、駅前に戻って「大升」です。 | トップページ | お腹一杯になり、ついに腹ごなしに四つ木まで!?~吉原大門「土手の伊勢屋」の天丼“ハ” »

北千住南千住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常連さんとめちゃくちゃ盛り上がりました、北千住~「酒屋の酒場」、よいお店です。:

« 久々の北千住~「酒屋の酒場」の後は、駅前に戻って「大升」です。 | トップページ | お腹一杯になり、ついに腹ごなしに四つ木まで!?~吉原大門「土手の伊勢屋」の天丼“ハ” »