« 御徒町食堂~なんせおかずが倍増するのです。 | トップページ | 神戸のムッシュ&泉谷のイベントの後は、、、三宮「正宗屋」でした。 »

2009年11月10日 (火)

ぶらり押上、「三春屋」~「百尺」(廃業)~「大黒屋」。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

この日は押上周辺を歩いていますね、

押上に来るまで随分時間が掛かりましたが、

ここら辺りも良いお店がたくさんあります。

【2009年6月21日の記事】

今日はぶらり「押上」の記事です。

2009年4月の初め、
早めに仕事を終え、関西でいけなかった散髪を済ませ、さて、どうしましょうか、

このまま東京宅に帰っても良いのだが、今日は押上辺りに行ってみましょう。

という事で、都営地下鉄浅草線で押上駅まで、
都営浅草線・京成線、メトロ半蔵門線・東武線が乗り入れている「押上駅」は墨田区のハブステーションなのであります(そんなたいそうな)

「押上駅」は現在は地下化されていますが、以前はもちろん地上駅もあったと思われます(どなたか教えてください)。
旧押上駅前らしきA3出口を出ると、御多分にもれずここも再開発が進んでいます、が旧駅前の雰囲気もまだ残っていますね、少し歩いただけで大衆酒場と銘打ったお店が何軒もあります、あちこち入ってみたい欲望も湧いてきますが、この日のお目当ては、、、

「三春屋」です、

毎度の如く、詳細地図はナシですが、出口さえ間違わなければここは大丈夫、すぐに視界に「三春屋」の看板が飛び込んできます。

1_3

大きな文字を染め抜いた暖簾を掻き分け、ガラス戸越しに中を覗くと、お!!空いています、ので入店。
親爺さんが愛想良く笑顔で迎えてくれます、先客は女性の一人客のみ、本を読んでおられます。

「一人ですか?」
「はい」
「ではこちらへ」

とL字カウンターの奥のほうへ案内されました。

TVが正面の棚に掛かっています、のでどうやらここが特等席のようです、
お母さんは座ってTVを観ています、親爺さんは丁寧に対応してくれます。

「飲み物は何にしましょう?」

「ビールは瓶になります、はい、ではアサヒをお出ししましょうか?」
(生ビールは無いようで、瓶ビールはアサヒとキリンがありました)

「いま突き出しを出しますからね」

と、親爺さんがせっせっと対応してくれます、
お母さんは、、TVを観てニコニコしています

肴はまず定番“しめさば”、
おっと、でも550円はここで一番高い肴のひとつのようです。

2_3

親爺さん、さらしに巻いた包丁を取り出して調理に掛かります、
客がいないからね、包丁も丁寧に仕舞ってあったのです。

一緒にTVの健康医学番組を観ながら、
熱燗を注文、“さつまあげ”を追加します。

3_2

4_2

親爺さん、ニコニコしながらもくもくと働きます。
お母さん、相変わらずTV観ています{笑顔}

他の客の入店もなく、TVが点いてるとはいえ、なんともゆっくりした時間が流れます。

5_2

ここらで切り上げましょうか、
最後まで親父さんは愛想良く見送ってくれました、親父さんの人柄が一番のもてなしですね。

そして押上3丁目にあった「百尺(しゃくせき)」を目指します、
ここも有名店ですが、場所が分かりにくい、そして、、、たぶん廃業してます。
でも、見に行ってみましょう、私もモノ好きですね、

さすがにここは地図が必要ですね、でもこの日も土地勘はよく、暗い道を歩きながら迷わず3丁目42に到着、やはりお店自体も見当たらず、どうやら建物ごとなくなったようです。

こうして、いけなかった店がどんどん増えて行きます。

しかし、「百尺」があった十間橋通りというのはレトロです、すごく良い感じにひなびています。
下町の雰囲気というより異国の雰囲気、建物が木造で残っているのではなく、ちょうど良い感じの古びたビルが多く、上海の下町や、ハワイの田舎を連想しました。

夜なので写真は撮っていませんが、ここはまた昼間に写真を撮りに来ましょう。

さて、「百尺」の廃業(閉店)を確認したので、もう1軒行きましょうか、

押上方面へ戻りつつ、今日は「大黒屋」かな、、

この日も土地勘は冴えていました、微妙に裏通りを歩き、地図ナシ一発で「大黒屋」の前に到着です

時間は8時半頃、
大黒屋は9時閉店の9時半ラストオーダー!!??らしいのですが、まだ大丈夫でしょう。

“9時閉店=9時半ラストオーダー”については、どこかで読んだのですが、大将の考えでは、

「9時に入った人は、ラストオーダーが30分後まで出来るのが当たり前」
という意味だそうです

この日は、15人は座れそうなコの字カウンターに8人ほど、半分の入りです。

前回は生ホッピーでしたが、今回は皆が一番飲んでいるレモンサワー430円、
ジョッキーに焼酎とレモンエキス、炭酸は瓶で来ます。

6_2

お通しは100円です。

肴は“タン生”、

「ニンニクかけますか?」と訊かれましたが、この時はかけずに醤油でいただきました、あっさりで美味しい。
次ぎはニンニク味も試してみましょう。

7

そして「おしんこ」400円、

8

9時ギリギリに入店された方が一人、たぶん9時30分のラストオーダー適用ですね

帰り掛けにトイレに入ったら、こんなカレンダーが、
良くある、日めくりの教訓カレンダーですね。

9

これを読んで、私はあることを決断したのであります。

酒場で人生が動く事もあります。

(記事再掲ここまで)

|

« 御徒町食堂~なんせおかずが倍増するのです。 | トップページ | 神戸のムッシュ&泉谷のイベントの後は、、、三宮「正宗屋」でした。 »

墨田区(押上本所石原錦糸町)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり押上、「三春屋」~「百尺」(廃業)~「大黒屋」。:

« 御徒町食堂~なんせおかずが倍増するのです。 | トップページ | 神戸のムッシュ&泉谷のイベントの後は、、、三宮「正宗屋」でした。 »