« “さばからまぶし”なんてメニューもあります、南田辺の「スタンドアサヒ」。 | トップページ | 不意の出費で懐が寒いので、、こんな日は天満の「銀座屋」^^) »

2009年11月26日 (木)

ここもまた気に入りました、天満の「酒の奥田」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

立ち呑み超激戦区のJR天満駅前、

ここはなかなか行けなかったのですが、

なかなか良いお店です、

私はこういう感じが好きなのです

【2009年8月8日の記事】

↑上の記事からの続きです。

2009年5月2日の土曜日、

天満の「銀座屋」で一杯やって、では、もう1軒くらいどこかいってみましょう

と、駅前の路地を入った辺りは“立ち呑み屋激戦区”、
生ビール中が300円前後の立ち呑み屋さんが軒を連ねていますが、
お!!ここは開いてるの初めて見ました、天満へ来るのは日曜日が多いからかな?

「酒の奥田」、

1_2

表から見ると、粋な方が着物姿で一杯やっておられます、このビジュアルにやられたので入ります

中は大箱の立ち呑み屋の典型的な造り、非常に大きなコの字カウンター、おそらく50人近く立てるのでは?
そして床はタイル貼り、このタイル貼りというのが妙に懐かしい雰囲気を醸し出すのです。

コの字カウンターの中のフロア係はお姐さんが多いですが、料理は男性が作っているようです、皆さんお揃いのユニフォームTシャツ姿です。

照明も雰囲気も明るい店内で、いい感じの立ち呑みです。

2_2

ますは生ビール350円とお酒冷や250円??を注文、

「げそ天」50円を2本注文、

3_2

「つぶ貝」300円、ちょっと茹でてあるようですが、美味しい!

4_2

ここの勘定のシステムですが、串で勘定しています。
串1本が50円のようで、300円のモノを頼むと6本並びます、
50円の「げそ天」の串も、食べ終えるとそのまま勘定のくしの中に入りましたなるほど良く出来たシステムです。

ビール・酒類は別の串らしきもので勘定しています。

注文はさらに続きます、「きゅうりの糠漬け」250円、

5_2

「チンゲン菜の炒め煮」300円、

6_2

「サツマイモの天ぷら」100円×2

7_2

ここまでで〆て2人で2100円、うんウン、ここもまたいい感じです、

「酒の奥田」

朝10時から営業しているそうですよ(13時~??昼休みあり)

(記事再掲ここまで)

|

« “さばからまぶし”なんてメニューもあります、南田辺の「スタンドアサヒ」。 | トップページ | 不意の出費で懐が寒いので、、こんな日は天満の「銀座屋」^^) »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここもまた気に入りました、天満の「酒の奥田」:

« “さばからまぶし”なんてメニューもあります、南田辺の「スタンドアサヒ」。 | トップページ | 不意の出費で懐が寒いので、、こんな日は天満の「銀座屋」^^) »