« 新梅田食道街~おていちゃん、名店の品格は今も受け継がれているようです。 | トップページ | オヤジ度高いですが、このコストは無条件降伏でしょう、新小岩~「わか」。 »

2009年11月 9日 (月)

墨田に名店あり!!鐘ヶ淵の「十一屋」、そして「丸好酒場」。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

墨田区墨田の「十一屋」、

料理が旨いお店です、

この時が初訪問ですね、

また絶対行きたいお店です

【2009年6月14日の記事】

さて、この日は2009年3月の日曜日、

もう目的地は決まっています、初めて行く「鐘ヶ淵」です。

半蔵門線で押上経由で直通!と思いきや、乗っていたのが急行だったので東武曳舟駅で各駅停車に乗り換えて2駅目が「鐘ヶ淵駅」です、この駅名、なんとなく雰囲気ありますよね。

“玉の井”の鐘ヶ淵であります、

“カネボウ”=“鐘淵紡績”の鐘ヶ淵でもあります。

目標のお店は「十一屋」です、住所は“墨田区墨田”(なんかすごい)、

駅で言えば東武「鐘ヶ淵駅」が近いですが(それでも徒歩5分くらいは掛ります)、東武「東向島駅」や京成「八広駅」からも歩けます。

鐘ヶ淵駅到着が16時45分頃、「十一屋」は17時開店、まだ少し時間があるので駅の反対側を散策してみましょう、

酒場「はりや」、駅から西側へ少し歩いたところにあるはずです、が、、、

1_6

はい、閉まっています、どうなんでしょ、日曜日ですからね、定休??閉店??情報がありません。
(*後日、訪問いたしましたので、ちゃんと営業されています、日曜日は定休の可能性が高いですね。)

これは近くの八百屋!ほとんど道の半分くらいにはみ出しています。
(スイマセン、これは別の日の写真、日曜日はここもお休みでした)

2_6

と、適当に時間を潰して、目標の「十一屋」を目指します。

駅を降りた踏み切り、結構開かず状態のこの踏切を渡り、斜め右の路地へ入っていきます、なかなか雰囲気のある狭い路地の商店街です。

雰囲気のあるお店もありました、なんと読むのでしょうか?「寿恵広」という看板がありましたが、、
でも、こここそ、もう廃業でしょうか?

そして、あとほんの数分、路地を歩き十字路を左へ曲がると「十一屋」があります。

時間は16時56分くらい、、
「十一屋」は17時開店のはず、日曜日も営業のはず、ところが、、、
「十一屋」はまだ開店の素振りを見せていません、看板は点ってないし、看板も入り口に置かれたまま、うーん、日曜日は営業のはず、、

ちょっと不安がよぎります

とりあえず、やり過ごして「鐘ヶ淵駅」と「八広駅」を結ぶ道まで出て「愛知屋」の場所を確認して、また「十一屋」へ戻ります。

再到着は17時8分頃、、、お!!看板は点いてるし、もう店の前に自転車が4台止まっています、あは、もう入店者がいるようです

3_5

私も勇んで入店すると、おお、もう10人以上が入店しています、みんな17時ジャスト入店ですね、さすがですね。

店内はL字カウンターとテーブル席が3つほど、
私はカウンターに席をいただきます、
と、続々とお客さんが入店、17時15分にはもう9分の入りです、恐るべし「十一屋」、駅からこれほど離れていてこの盛況、さすがに人気のお店です。

とはいえ私はカウンターに着席して“ハイボール”270円を注文、

4_5

ここは少量の氷が入るようですね。

肴は“〆鯖”400円を注文。

5_6

ドライ系です、見た目はそんなにレアではないのですが、美味いです、レアのような気がします。

“ハイボール”はすいすい入ります、
もう2杯目を注文のタイミング、
同時に“筑前煮”を注文、お店の表記では“はす、ごぼう、こんにゃく”450円也。

6_6

これがめちゃ美味しかった
蓮根(れんこん)と牛蒡と蒟蒻、そして人参と鶏肉も入っています。
東京のお店の料理にしては薄味、そして素材の旨みが滲み出ています、蓮根が甘い
これは本当に美味いです

うーん、人気の秘密が即分かりますね、ここは料理が美味いんだ!!
刺身などは若いお兄さんが作っているのですが(他は若手、ベテランの女性陣)、なかなかのお手前です。

もう満員、入店できずに敗退するお客さんもおられますので、ここらで切り上げます。

お勘定は1390円、

いやあ、予想以上のクオリティでした、外観はちょいとあざといですが、店内は良い雰囲気、そして店員の方も良い感じでした、これは絶対再訪ですね。

墨田に名店あり!!「十一屋」

この日はこの後、東向島の「三河屋」を目指します。

実は東武「鐘ヶ淵」と京成「八広駅」は結構近いのです、直行で徒歩15分とかからないのではないでしょうか?
いつものようにこの日も地図を持っていないので、勘を頼りにとりあえず「愛知屋」の前を経由して目指します。

ちょいと迷いましたが「三河屋」を発見、でもお休みのようです。

7_5

仕方ないですね、また来ますからね。

で、すぐ近くのお気に入り「丸好酒場」を目指します。

日曜日の18時過ぎ、混んでるはずですが、、、意外とこの日は空いています、なんなく右手の一番奥に着席、お母さんもお姐さんも今日は余裕の対応で客は6人ほど。

まずは“丸好ハイボール”とレバ刺し注文、
おっと“油と塩”で頼むのを忘れたので、デフォルトメニューの“ニンニクたれ”で出てきました、失敗失敗

もう何回も食べてるので写真はなしです。

そして、この日は春のメニューがあったので、“うどの酢味噌”、こういうメニューがあるのがうれしいよね。

8_3

この頃には客が4人、
お母さんもお姐さんも私の隣に座って世間話モードです、その日のニュースを観ながらあれやこれや、お母さんのお話が弾みます。
それにしても今日は珍しく空いてますね、
こうなりゃ私も覚悟を決めて、もう一杯}

そして肴は“キャベツ炒め”を注文、このメニューは初めてです。

9_3

ちょっと塩辛いです、なのでハイボールでいただきます。

で、名物トイレへ行って、帰ってきたら、ありゃ4グループ5名ほど一気に入店されています、さらに3人ほど来店であっと言う間に満員です。
ならば私はこの辺で失礼します。

「丸好酒場」、好きだなあ

(記事再掲ここまで)

|

« 新梅田食道街~おていちゃん、名店の品格は今も受け継がれているようです。 | トップページ | オヤジ度高いですが、このコストは無条件降伏でしょう、新小岩~「わか」。 »

墨田区(曳舟八広東向島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墨田に名店あり!!鐘ヶ淵の「十一屋」、そして「丸好酒場」。:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/10 08:57) [ケノーベル エージェント]
墨田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年11月10日 (火) 08時59分

« 新梅田食道街~おていちゃん、名店の品格は今も受け継がれているようです。 | トップページ | オヤジ度高いですが、このコストは無条件降伏でしょう、新小岩~「わか」。 »