« とにかく「銀座屋」中毒とも云うべき状況になっていたので、、、 | トップページ | メニューのない酒場、「白雪温酒場」のメニュー(09年冬) »

2009年10月13日 (火)

八広という場所は、ホント酒場に恵まれています~「丸好酒場」→「日の丸酒場」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

またまた八広の「丸好酒場」ですね、

ここは本当に居心地が良い酒場です。

そして、八広駅近くの「日の丸酒場」にも寄っています、

ここがまた存外に良いお店でした

【2009年4月26日の記事】

昨日の冷たい雨から一転、
今日の日曜日は春麗のお天気でした

なので、ちょっと下町を歩いてきました、

昼前に出発、蔵前から浅草、吉原大門まで歩いて「伊勢屋」で天丼とビール

日本堤~清川~向島百花園、東向島の路地から八広、
さらに荒川を渡って四つ木まで、よく歩きました。

まあ、お気に入りの酒場周辺を巡ったようなものですが、

八広か四つ木で飲もうかと思いましたが、天丼がまだ腹に残っていて、、疲れたので帰ってきました。
家で春キャベツサラダにしました。

この日も日曜日です、2009年1月の日曜日。

午後3時頃に散髪に出掛け、思ったより早く終わったので、
そのまま夕食?というより、一杯やりに行く事に(最初からそのつもりやろ)。

時間は午後3時50分、
とにかく、日曜日に営業している店が多い東京北部を目指して、都営浅草線に乗ります。
浅草橋、蔵前と、浅草に近づくに連れて決断を迫られます。

日本堤の「大林」を目指すなら浅草で降りなければなりません。
もしくはこのまま曳舟・八広、さらには四つ木辺りまで行く事もできます。

でも、「大林」に行くなら、浅草から30分近く歩きます、で飲んで、また30分歩いて浅草まで帰ってくるとなると、2軒目に行くのが億劫になります
(おいおい、別に2軒目行かんでもエエで)

ここは「大林」を断念、
結局、この日は八広に向かう事にしました。

京成八広駅を降りて南口から右手に歩をとって「丸好酒場」を目指します、日曜日は昼からやってるはずです。
(因みに定休日は月火、に加えて最近は金曜日も休みです)

「丸好酒場」は2回ほど店の前まで行って定休の憂き目に会っています。
日曜日は営業日と分かってながら、この日もドキドキしながら向かいました。

八広駅から3分くらいで到着、
おっ、ちゃんと開店しています、が、満員のようで外に2人ほどお待ちです、時間は4時15分くらい、さすがにもう満員ですか
と、数分でお2人が退店、そして程なくもうお一人も退店されました、
お母さんがカウンターを綺麗にして、そとからガラス戸越しに店内を見ていた私に、

「こっちから入って!」

と、トイレ横のドアを指示、おお、こちらから入るのは初めてです

で、ほぼいつもの定位置に着席、
ハイボール300円とレバ刺し400円をお願いします。レバ刺しのデフォルトはニンニクタレですが、今回は初めて「ゴマ油+塩」でお願いしましょう、

やっと、「レバ刺し、アブラと塩でお願いします」と言えました。

1_8

ちょうど入れ替えの時間だったようです、そういうとTVでは競馬の最終レースが終わったところです、CS放送かな?なるほどこういう感じなんですね。

数えてみるとカウンターは13席、

でも、またすぐに一杯になりました、
TVは大相撲になっています、輪島とデーモン閣下がゲスト席にいます、これもNHK総合ではないのかな?

大相撲を見ながらハイボールをもう一杯と「ジャガカレー」300円也をお願いします。
ここの私の定番ですね、ジャガイモ一杯で美味しくてお徳です。

ぐびぐびとハイボールは3杯目に、

相撲を見ながらの一杯、なんとなくしっくり来る、、、私も齢を取りました

この頃には店は満員、
4人連れの新規さんが来られました。お隣の初めて来られたという3人連れのお客さんがお勘定ですが、もう一人空けないといけません、私もジャガカレーを掻き込みます、お勘定をお願いいたします。

1600円、ご馳走さまです

酔いのせいか、そんなに寒くありません、機嫌よく八広の駅を目指します。

ここまできたら、四つ木まで足を延ばして「近江屋酒店」でキンミヤ焼酎の一升瓶をつもりです。

それなら「ゑびす」に寄ろうかな、と八広駅前に来ると、 「日の丸酒場」にも灯がともっています。

ここは今まで入ろうと思いながらまだ果たしていません、今日は「ゑびす」をあきらめて「日の丸酒場」にしましょう。

ガラス戸を開けると定番逆L字カウンター、
右手には座敷にテーブルが大1席中2席、奥にも座敷があるようです。
座敷はもう満員、カウンターに空きが少しあるので、入ったところの席について熱燗を注文。

厨房・ホールに男性ばかり3人、
奥に大将がおられるようです、

皆さん白い割烹着に白い被り物、割烹とも云えそうな雰囲気の店内ですが、メニューは存外にお手頃です。熱燗は1級250円、2級200円とあります、熱燗と頼んだのですがどちらが来るのでしょうか?

料理は山かけ350円を注文、

熱燗が来てほどなく山かけも来ました。
熱燗の徳利は小さいです、7勺くらいでしょうか。

大相撲は横綱の取り組み、店内もTVに注目、テンションも高くなってきました。

この店の良いところは、そのオペレーションの良さですね、動きに無駄がない、注文がすべて早いです、周りのビーフシチューとかカキフライとかの注文もどんどん出て来ます。
追加で肉豆腐400円を注文、これも相当の速さで出てきました。
私も熱燗をもう一本、

お勘定は1150円、と云う事は燗は2級200円でしたね

うん、思ったより上質でお手頃な居酒屋です。

これからは「丸好酒場」と「日の丸酒場」のコンビネーションも良いかも知れません

(記事再掲ここまで)

|

« とにかく「銀座屋」中毒とも云うべき状況になっていたので、、、 | トップページ | メニューのない酒場、「白雪温酒場」のメニュー(09年冬) »

墨田区(曳舟八広東向島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八広という場所は、ホント酒場に恵まれています~「丸好酒場」→「日の丸酒場」:

« とにかく「銀座屋」中毒とも云うべき状況になっていたので、、、 | トップページ | メニューのない酒場、「白雪温酒場」のメニュー(09年冬) »