« 飲み屋ではないのです①、このネーミングはすごいでしょう、佃の「亀印 うどん食堂」 | トップページ | 3回目の平井、豊田屋~漬物~伊勢元~男女の川、と豪華3店立てです。 »

2009年10月29日 (木)

押上の「大黒屋」~ちょっとハプニングもありました。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

押上の「大黒屋」にやっと入店しています、

押上辺りへ行くようになったのは、2009年に入ってからですね、

良いお店が何軒もある、楽しいエリアなのに、

見逃していました。

【2009年5月30日の記事】

いくつになっても初めての酒場に入るときはドキドキします。
(云い得てるような、言い回しが間違ってるようなフレーズです。)
何が起こるのか分からないのが酒場巡りでございます。

今日は、押上の居酒屋「大黒屋」のご紹介です、

2度敗退しています、

臨時休業と満員、こりゃ強敵だ、という意識が強かったのですが、行ってみたら、、、、全然そんなことなかったです。

1_3

2009年2月20日の金曜日、遅めに会社を出たので着いたのが20時35分頃、
引き戸を開けると、ありゃ?二人連れのサラリーマンと、一人客のみ、今日は空いてますよ。

お母さんと目が合ったので、いつも通りひとさし指を立てて一人であることを笑顔と共に示しますが、あれ?お母さんはあんまりうれしそうな顔ではありませんthink

「ここでいいですか?」

とコの字カウンターの縦棒真ん中に座ると大将が、

「どうぞ、もうちょっとだけどいいね」
「あ、9時までですか?」
「そう」
「じゃあ、一杯だけ」
「いいよいいよ、遠慮しなくて、ゆっくり飲んでって」

あた、うれしいお言葉をかけていただきました、もうこれで大将が大好きになってしまいましたhappy01

9時までなんですね、そりゃもう終わりですね、それでお母さんが暗い顔をしたんだ、
じゃあ“生ホッピー”と“レバ刺し”をお願いします。
お通し100円が出ますが、この日は“福神漬け”でした。

生ホッピーも即出てきたので、ぐびぐび、久しぶりの生ホッピーは美味い!!

ホッピーは普通、瓶に入っています、それがサーバーから注がれるんですね、だから生ホッピー、十条のモツ焼き「埼玉屋」以来です。

右手のサラリーマン2人は上司部下のようですが、上司が酔っ払っています、部下にいろいろ話しかけてますが、、、ヨッパライです、部下は大変だなあ、、、
こういう店で酔ってはいけませんね。

レバ刺しが来ました、

2_3

生姜醤油ですね、これでゆっくりホッピーを飲もうかと思っていたのですが、結構ピッチが早い、もう半分くらい飲んでますsweat01

どうしよう、もう一杯頼むと迷惑ですかね、と考えていたら、
サラリーマンのお客さんにはラーメンが出されました、これは20時30分以降のみ注文可能なメニューだそうです、短冊メニューに書いてあります。

一人客には厚揚げが出されました、
まだいけそうなので、勇気を持って、

「生ホッピー、もう一杯いいですか?」
「おう、いいいよいいよ、遠慮しないで飲んでね」

いやあ、大将はホントいい人です、もう絶対通います。
調子に乗って、おひたしも注文、うむ、これで落着いて飲めます

ヨッパライのサラリーマンが御愛想、お勘定を済ませて退店、
もう9時です、さあ私もそろそろお勘定を、と思ったときにハプニングが!!

<太>店のすぐ前で車の急ブレーキの音が!!尋常な音ではありません</太>sign03

一人客の人と大将が店を飛び出します、
私も自然と体が動いて同時に飛び出します。

と、表にはタクシーが止まっており、自転車に乗った小学生も、どうやら軽く接触したらしいです、でも小学生は自転車に乗って帰りかけています。

「病院へ行こうね」と、誰ともなく子供を引き止めます。

あっと言う間に大人が5~6人集まります、子供はどうやら腕が接触したらしく、タクシーの運転手も携帯で救急車を呼んでいます。

さっきのヨッパライのサラリーマンの上司が運転手に絡んでます、
こらまずいなあsweat02

完全なヨッパライなので話がややこしくなりそうです、
あまりひどいようだったら注意しようと覚悟したら、部下の人が運転手から引き離して連れて行きました、えらい!!部下はいつも大変だねえ、そんな上司は後から蹴飛ばしてしまえhappy01

若い女性がしゃがんで小学生に状況を聞き、家の電話番号を聞き出して携帯から家に電話、お母さんと話してお母さんを呼びます。
周りにはどこから出てきたのか?多くの人、風呂屋へ行く途中の人もいます(風呂桶抱えてる)、みんな子供の事を心配しています。

ほどなく救急車も来そうなので、店に戻るとお母さんがいました、

「頭を打ってないようだから良かったですね」
「ホント、良かったね」

今度はお母さんも笑顔です、

これが下町だなあ、子供が事故に合ったら皆で助ける、気遣う、黙って立ち去る人はいません、
念のため救急車で運ばれましたが、おそらく小学生も無事だったと思います。

さあ、気持ちよく帰ろう、、、
と思いきや、私は2軒目に狙っていた「まるい」を目指しましたが、、、満員heart03

ならばと「松竹」へ行くもここも満員、

うむ、押上の名店もあなどれません、また挑戦するぞおshine

(記事再掲ここまで)

|

« 飲み屋ではないのです①、このネーミングはすごいでしょう、佃の「亀印 うどん食堂」 | トップページ | 3回目の平井、豊田屋~漬物~伊勢元~男女の川、と豪華3店立てです。 »

墨田区(押上本所石原錦糸町)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/31932202

この記事へのトラックバック一覧です: 押上の「大黒屋」~ちょっとハプニングもありました。:

« 飲み屋ではないのです①、このネーミングはすごいでしょう、佃の「亀印 うどん食堂」 | トップページ | 3回目の平井、豊田屋~漬物~伊勢元~男女の川、と豪華3店立てです。 »