« 押上の「大黒屋」~ちょっとハプニングもありました。 | トップページ | 銀座でラーメン、となればここへ直行です~「中華三原」 »

2009年10月30日 (金)

3回目の平井、豊田屋~漬物~伊勢元~男女の川、と豪華3店立てです。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

この日は関西から来た新米単身赴任のS氏を連れて平井を探索です。

S氏も興に乗っていただき、

3軒も行ってますね、さすがに3軒行くのは珍しいです。

【2009年5月30日の記事】

3回目の平井です、もう最近のお気に入りなのです。

単身赴任のS氏を誘って、土曜日の16時30分JR総武線平井駅集合、
ちゃんとオンタイムで2人集合、早速「豊田屋」を目指します。

1_4

もうお馴染みのスケジュール、この日は入店16時35分、おっとお馴染みもうお客さんが入っていますね。

いつものカウンターに2人で座ります。
もちろん、私は焼酎ハイボールを注文、

S氏にも焼酎ハイボールを勧めたのですが、やはりS氏はビールを注文、墨田区デビューでは仕方ないのです
〆鯖と煮込み、そして白子鍋をサッと注文。

S氏も店の雰囲気を気に入ってくれたようです。
(〆鯖は前も食べたメニューなので写真も前の写真です)

2_4

そして白子鍋の登場!!これも前の写真、

3_2

だいたい誰もがこのビジュアルプレゼンテーションには驚きます。

3回続けての白子鍋を食しました、まあ私にはこういうふうに同じメニューを注文する傾向があるのですが、次ぎはさすがに他の鍋を食しましょ。

S氏がもう一品炒め物を頼んで、これで豊田屋を退店、2人で3500円くらい。

せっかくですからもう1軒行きましょう。

駅を越えて南側へ、商店街を抜けてちょいと左へ、いつもの八百屋さんで大根の糠漬100円也を購入、これがまた美味いし安い

4

そのまま南へ向かうと5分ほどで「伊勢元」(1丁目店)がありました。

5

想像とは違う新しい店構えです、引き戸を開けるとカウンターが10席ほど、奥には座敷もあるようです。
メニューはモツ焼きも刺身系も充実しているようです。

まずは“さざえ”、

6

そして焼物は“カシラ”“タン”“シロ”をタレで注文、お母さんと息子夫婦らしき3人の家族経営のようです。

7

寒かったので、お酒は熱燗、「辛口」「中辛」「甘口」で銘柄が違います、私は甘口を注文、銘柄は…忘れてしまいました

辛口・中辛は新潟辺りの銘柄でしたので正解、新潟銘柄は苦手なのです。

さらにチーズともう一品頼んでお勘定、2000円ちょっと、お値段はリーズナブルですね。

そして、帰りにもう一軒

行きがけに目に留まった「男女の川」というお店、

なんと読むのでしょうか?S氏によると「ナメノカワ」?というのではないかと??
店構えもなんとなく味わい深く、なんとも艶っぽい名前なので入ることにしました。

L字カウンターに10席ほど、地元の居酒屋というか小料理屋というか、、、
狭い店内にTVが2台、皆TV観てます

常連率100%の店に飛び込んでしまいました。

熱燗を注文、S氏はサワー、そしてS氏はなぜかまたもや“ニラ玉”を注文、実はニラ絡みのメニューは今日3回目です

8

いつの間にかお店は満席、皆お友達です、TV観ながら盛り上がっています。

それでは、そろそろ失礼しましょう、1600円也、ここはここで地元の良き酒場なのですから、これ以上立ち入らないで良いでしょう、ご馳走様でした。

平井で3軒、充実感(もしくは満腹感)たっぷりで帰路につきます

(記事再掲ここまで)

|

« 押上の「大黒屋」~ちょっとハプニングもありました。 | トップページ | 銀座でラーメン、となればここへ直行です~「中華三原」 »

江戸川区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3回目の平井、豊田屋~漬物~伊勢元~男女の川、と豪華3店立てです。:

« 押上の「大黒屋」~ちょっとハプニングもありました。 | トップページ | 銀座でラーメン、となればここへ直行です~「中華三原」 »