« こりゃまた参った!!築地の魚屋+食堂?「多け乃食堂」 | トップページ | 江戸川区連続侵攻!常連率80%!船堀の「伊勢周」 »

2009年10月17日 (土)

小雨そぼ降る日の白子鍋が絶品でした~江戸川区平井の「豊田屋」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

初の江戸川区侵攻、

初の「豊田屋」です、

ここの鍋メニューはお値打ちです、

私は「白子鍋」が大のお気に入りです、

鍋のシーズンにはぜひ再訪したいお店です

【2009年5月5日の記事】

2009年2月、怖いほど雨が降った翌日の土曜日、

珍しく下調べをして向かったのは、JR総武線の平井駅、ここは荒川の西側ですがなぜか江戸川区です。

駅を降りて、まずは北側を目指します、
駅前のロータリーを過ぎると、いきなり「伊勢元酒場」に行き当たりましたが、シャッターは降りています。

1_2

定休日はなかったと思うので、まだ開店時間ではないのでしょうか。
(その後、数回土曜日に行きましたが、開いていません、閉店したのでしょうか?)
そうそう、平井駅に着いたのは16時25分頃です。

同じ平井にあるもう1軒の伊勢元酒場(1丁目店)も行きたいのですが、一番の目当ては「豊田屋」です、ここからそう遠くないはずです。

と、20mほど歩いて大通りに出ると、またまたいきなり、通りの向こうにお目当ての「豊田屋」が見えました、よし

2_2

信号が変わるのを待って交差点を渡り、豊田屋の前に、
もう店内は明るいのですが暖簾は掛っていませんね。
時計は午後4時28分、この様子だと開店は5時ですかね、良いですよ、腹ごなしに平井周辺を30分程散策してから、出直しましょう。

で、小雨模様の中、下調べで気になった、モツ焼きの「松ちゃん」を探しに向かいます。

線路沿いに西側へ回りこんで、ガード下を南側へ抜けると、ほどなく「松ちゃん」を発見、ここも準備中です、良いですよ、今日は下見だけですからね

そして、今度は伊勢元酒場(1丁目店)を目指します、この店は駅からちょいと歩きます。
駅から南へ向かう商店街を抜けていきます。

途中で「大林酒店」というお店がありました、
「大林酒場」ではありません

シャッターが1枚だけ途中まで開いてました、中を覗くと、お!!テーブルで5~6人が飲んでいます、でも角打ちの雰囲気でもありません、近所の会合かなにかでしょうか?乱入は思いとどまりました

斜めに大通りを横切り、さらに南を目指すと、これまたいきなり伊勢元酒場(1丁目店)に行き当たりました。

3_2

想像してたひなびた建物ではなく、タイル張りの焼肉屋のような建物です、ここはもう、開店していました。
うーん、入っても良いのですが、この日の1軒目は豊田屋と決めていたので、ぐっと我慢、下見だけで引き上げます。

もう一度、駅を目指して戻ります、

途中の八百屋で100円で大盛りの大根の糠漬けがあったので、夜の肴に購入、こういうのがうれしいんだなあ

で、予定通り「豊田屋」の前に17時ちょうどに到着、もう暖簾もかかっています、
よおーし、と気合を入れて引き戸を開けると、おおお!!もうほぼ満員ですさすが評判店です。

あとで分かったのですが、、実は開店は17時ではなく、16時30分だ開店だったのです、さっき来た時はもう数分で開店だったのです、もう少しで入れないところでした、危ない危ない

私の後、入店できたのは2人連れ1組のみ、あと家族連れが2組入りましたが、いずれも予約席で予約客が来るまでの1時間以内という条件付、
5~6組のお客さんが満員で退散されてました。

いやー、人気店ですねここは。

とにかく私は入店、

いつものように指を1本立てて一人客であることを示すと、カウンターの中の若大将(息子さん)が、

「カウンターで良いですか」
「はいはい」

店内は左手に間が途切れたカウンター、12~3席ほど、
右手にはテーブル席が5つほど、その奥には7~8人ほど座れそうな小上がりがあります。

一番手前の柱で区切られたカウンターに着こうとしたら、カウンター中程のお客さんが、

「ここへ座りますか!?」

と、自分の横を空けてくれました、
そうですか、ではではお言葉に甘えてそちらにします、こっちの方がメニューの見通しも良いですからね。

上着を取りながら、とりあえず焼酎ハイボール250円を注文、小さめのジョッキーに入った、やはり焼酎に色付けのエキスが入ったものとソーダの瓶で出てきます。
ここ江戸川区も焼酎ハイボール文化地域のようです。

「レバ刺しはありますか?」
「はい、ニンニク?しょうが?」
「ごま油でお願いします」
「はい、ごま油と塩ですね」

東京では、レバ刺しを「ニンニクタレ」で食べる事が多いようですが、関西では「ごま油塩」でいただく事が多いです、私の好みも「ごま油塩」です

4_2

旨い、ですが、、レバ刺しなら八広の丸好酒場に軍配を挙げたいですな。

するともなく、隣の常連さんとちょこちょこと会話を進めながらレバ刺しをいただきます。

ほどなく、隣のお客さんの牛鍋が出てきました、
店の表看板にもありますし、メニューを見ても、ここは鍋がお奨めのようです、

5_2

「とん(豚)鍋」「牛鍋」「牡蠣鍋」「あんこう鍋」「肝付きあんこう鍋」とメニューが並んでいます、だいたい1000円前後ですが「肝付きあんこう鍋」は一番高く1450円(確かそうだったと)、
ならばと、私は「白子鍋」1000円を注文。

普通なら1000円の肴は高いですが、この日は寒い、周りの人もほとんど鍋を頼んでいます、これは間違いないでしょう。
(写真で見えますかな?見えないな、、メニューの板に洗濯挟みが付いているのですが、これは売り切れ、もしくは注文止めの目印です)

ほどなく鍋が出てきました、
これが凄い!!1人前の鍋から白子がこぼれそうです
これで一人前ですよおお

6_2

しばらく煮て、

7_3

白子を混ぜようとしていると、年嵩の大将(親父さん)が、

「そんなやりかたではだめ、もっと思い切って混ぜる、で煮立ったら出来上がり」

と、鍋奉行していただき出来上がり

8_2

さあ、いただきましょう、これは目ッちゃ旨いの間違いなしです。

はふはふしながら頂きました、
予想通り、これはめちゃくちゃ美味しい!!
一人鍋でこれだけのボリュームとクオリティは経験ありません、これは間違いなく東京一です

これでもうお腹一杯です。

ハイボール×3杯750円、レバ刺し300円、白子鍋1000円で2050円、

これまた旨くて安い、かつ鍋が充実なのがうれしいお店発見でした。

(記事再掲ここまで)

|

« こりゃまた参った!!築地の魚屋+食堂?「多け乃食堂」 | トップページ | 江戸川区連続侵攻!常連率80%!船堀の「伊勢周」 »

江戸川区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小雨そぼ降る日の白子鍋が絶品でした~江戸川区平井の「豊田屋」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/10/18 09:29) [ケノーベル エージェント]
江戸川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 09時30分

« こりゃまた参った!!築地の魚屋+食堂?「多け乃食堂」 | トップページ | 江戸川区連続侵攻!常連率80%!船堀の「伊勢周」 »