« 平日の2時半、立石のモツ焼き"宇ち多"、生メニュー狙いのこの日です。 | トップページ | 自分でもいかがなものかと思いますが~居酒屋三都物語~神戸・大阪・東京 »

2009年8月18日 (火)

ここは居酒屋という概念では括れません、神田~「光壽」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

ここはほんとレベルの違うお店ですね、

いや、ジャンルが違うというべきか?

とにかく居酒屋・酒場ではないような、、、

それくらいのインパクトがありました。

【2009年2月7日の記事】

昨日は珍しく日付変更線の直前まで働きました、
で、家に帰ったらNHKでやってました。

BS熱中夜話「ロック黄金期」

今週は「VITAMIN-Q」のステージも観て来たので、もう気分はロックです

、、

嘘ですう

やっぱり気分はフォークです、

HPより転載
1960年代から70年代のロックを3週連続で語り尽くす。第1夜は筋金入りのロックファン一押しバンドを紹介。伝説のあのバンドから知る人ぞ知るB級バンドも登場!

レッドツェッペリン、ピンク・フロイドなど1960年代から70年代、黄金時代を迎えたロック・ミュージックの魅力を3週連続で語り尽くす。第1夜は、筋金入りのロックファン一押しのバンドを紹介。伝説のあのバンドから、知る人ぞ知るB級バンドも登場! ゲストはムッシュかまやつ、ROLLY、安齋肇、高樹千佳子、萩原健太

(転載ここまで)

でも結構面白くって最後まで観てしまいました、
ロックなクラプトンも良かったです。

音楽ジャンルなんてどうでもいいです、
みんな音楽が好きなんですね。

今日の記事は神田の光壽、
とにかく評判の良いお店です、

で、行ってみたのですが、こりゃ、酒も肴もハンパではありません、評判通りの凄い店でした

久しぶりのほぼ同期会、この日は「神田 光壽」です。

ここは予約が出来るんですね、前回来たときは
「今日は予約で一杯なので」と断られたので、今回は予約していきました。

まずはお通し、これが1280円もするのですが、
店内が暗いので写真がイマイチですが

1_4

もうこれで日本酒が欲しくならない人は変態です

7品くらい乗っているのですがどれもこれも美味しい、どれも一仕事してあります、
「鯛刺身の〆たもの?」「鰯」「イクラ」・・・
もうこれだけで十分飲めます。

飲物はまずはビール(エビス)を頼んだので(日本酒のお店ですが、ビールから入ってもOKですよ、気張らずにいきましょう)、でもやっぱり一口二口で早速日本酒へ、

追加で1品、鯖酢〆、これはまあ普通??かな。

2_4

玉子の味噌漬け?なんて言ったけ、、「鼈甲卵」だそうです、これも日本酒がどんどん進みます。

3_4

クリームチーズの味噌漬け、
こりゃなんだ!!旨い!!白いのが西京味噌、赤いのが八丁味噌だったかな?

4_4

金目鯛の頭煮、はい隅々までいただきました。

5_3

ここで照明係りが突如出現{笑顔}最近の携帯電話ってライトも付いてるんですね、私のは付いてません。(記事追記:訂正します、付いてました、使い方を知らなかっただけ)

ジャガイモの塩辛、ジャガイモと塩辛を合え炒めたものですか?

6_3

えいひれをなにかに漬けたもの?旨い!

7_3

水茄子、

8_3

なんとも、予想以上の肴です、これは居酒屋ではありませんね、

コメントも"美味しい""旨い"一辺倒で申し訳ないですが、仕方ないのです、完全に日本酒のための肴としてはサイコーです。

ちなみに日本酒は旬のお奨めで、3種類いただきました、これまた普段の酒場の日本酒とは別物です、美味しかったです。

でも、居酒屋というより日本酒料理屋という趣で、どうしてもちょっと気張ってしまうお店です、美味しいお酒と肴を堪能するお店です。

そういう意味では、下町酒場の酒もまた別の味わいがあるのをはっきりと再確認した訳でもあるのです。

(記事再掲ここまで)

|

« 平日の2時半、立石のモツ焼き"宇ち多"、生メニュー狙いのこの日です。 | トップページ | 自分でもいかがなものかと思いますが~居酒屋三都物語~神戸・大阪・東京 »

神田須田町飯田橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここは居酒屋という概念では括れません、神田~「光壽」:

« 平日の2時半、立石のモツ焼き"宇ち多"、生メニュー狙いのこの日です。 | トップページ | 自分でもいかがなものかと思いますが~居酒屋三都物語~神戸・大阪・東京 »