« 日曜・祝日はなかなか良いお店が開いていないのです、新梅田食道街の立ち呑み~“うめや” | トップページ | 敷居が高いお店かと思ってましたが、大丈夫でした^^)門前仲町~「浅七」 »

2009年8月 5日 (水)

聞いたことなかったです、岸和田のローカルフード「かしみん」??

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

関西に長くいますが、これは知りませんでした、

大阪は岸和田のローカルフード『かしみん』、

お好み焼きの親戚のようです。

【2008年12月27日の記事】

無事、昨日で仕事納めいたしました、

今朝の新幹線で関西へ帰ります、

9連休です、久しぶりだなあ、これだけ休むのは、
来年は厳しい年になりそうですが、そんな事は気にしても状況は変わりません、まあゆっくり休んで仕事も忘れて、リフレッシュして、来年もがんばりましょう。

聞いた事なかったです、知らないです、
もちろん食べた事もないです。

どうも大阪の岸和田のローカルフードらしいのです、

「かしみん」??

なんとなく音がいいよね、「かしみん」、
なんか、カワイィ感じがして、

でも語源は・・・こんな事らしいです、

紙の屋のHPから転載】
「だんじり」で知られる大阪府岸和田市の海側地域で親しまれる、お好み焼きを薄く焼いたような食べ物。鉄板に生地を薄くひき、キャベツ、ねぎ、ショウガ、鶏肉(かしわ)、最後に牛脂のミンチをのせて焼き、何度かひっくり返した後、ソースを塗って食べる。生地のぱりっとした食感と、鶏肉の「コリコリ感」が特徴で、現地では「かしわ」と呼ばれる鶏肉と牛肉の「ミンチ」を使用することから「かしみん」という名が付いたという。
(転載ここまで)

ということで、
“かしわ”(関西では鶏のことを“かしわ”と云います)と“ミンチ”(関西では“ミンチ”です、東京では何故か“メンチ”です)が合わさって「かしみん」になったようです。

料理としては、うーん、どうやら一銭洋食の進化形、具がゴージャスな一銭洋食、

広島焼きのような薄皮を焼いてそこに具を入れるタイプの焼物ですね。
見た目はこんな感じのようです。

1_4

おけいさんはご存知なんでしょうか?

なんばグランド花月のちかくに専門店ができたそうな、

こりゃ、明日にでも行ってみようかな

(記事再掲ここまで)

この後、しっかり食べに行きましたよ

その訪問記はあらためて、、、

|

« 日曜・祝日はなかなか良いお店が開いていないのです、新梅田食道街の立ち呑み~“うめや” | トップページ | 敷居が高いお店かと思ってましたが、大丈夫でした^^)門前仲町~「浅七」 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞いたことなかったです、岸和田のローカルフード「かしみん」??:

« 日曜・祝日はなかなか良いお店が開いていないのです、新梅田食道街の立ち呑み~“うめや” | トップページ | 敷居が高いお店かと思ってましたが、大丈夫でした^^)門前仲町~「浅七」 »