« 「大阪下町酒場列伝」の表紙になっているお店です~都島“酒の大丸” | トップページ | 天満の立ち呑み「かんちゃん」、なかなかの人気店です。 »

2009年8月29日 (土)

天神橋六丁目の湯豆腐といえば、「上川屋」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

居酒屋・酒場と呼ぶには上品過ぎるお店です。

お酒の銚子に、お酒のランクを示す鉢巻が巻いてあったり、湯豆腐が有名なお店ですが、、、

両方とも写真撮れていません

2軒目ということで、集中力が途切れていますな・・・・

場所柄か、なかなか足が向きませんが、そのうちにまたお邪魔しましょう。

【2009年2月28日の記事】

これまた、井上理津子さんの「大阪下町酒場列伝」に紹介されているお店です。

天神橋六丁目の湯豆腐で有名な「上川屋」、

長く大阪に勤めていましたが天神橋六丁目に降り立つのは初めてです。

車で通り過ぎたことはありますが、降り立つのは初めて、なんとなく昔の下町イメージしかなかったのですが、随分綺麗な感じに再開発されています。
(何度も書いてますが、大阪もどんどん変わっています)

で、今日のお店の「上川屋」さんも予想とは違い大変綺麗なお店です、外観はもう居酒屋ではないですね、割烹って感じ、

1_8

自動ドアを入ると、まさしく小料理割烹、カウンターが7~8席、テーブルが3つほどで明るくて綺麗なお店です。

改装されたのかな?と思いましたが、良く見ると「大阪下町酒場列伝」で紹介されてる店内と変わらないようです、私の先入観はどうも本で紹介されていた大将の写真の印象の影響のようです

この日は大将の姿はありませんでした、もう引退されたのでしょうか?

まずは突き出し(お通し)が出ました、鰊、美味しい突き出しなら文句はありません。

2_7

この日は、この前に1軒寄っているので、お酒は燗を所望、白鶴のようですね、丁寧に燗をしてゆっくりと出て来ました。

3_7

特性のふっくらとしたお銚子がなんとも良い感じです、これだけでもお酒が美味しく感じまあす。

やせ細ったお銚子はどうもいけません、

それに比べこのお店の銚子は1合でこの感じ、こりゃ良いなあ、と感じ入ったのですが、あとで分かったのですがこれは2合銚子のようです

そりゃそうですな、道理で飲み応えがありました

そうそう、写真では撮り損ねましたが銚子に“鉢巻”が巻いてあります、お銚子の首の部分に細い色付きの紙が巻いてあります、お酒の種類によって色が違います、これでお勘定されるようです。大事な写真を撮り損ねていますね}ダメだなあ、、プロの取材ではないのでご勘弁を。

そして、名物の湯豆腐
うむ、見た目は予想通りのスープの色合いでした、鶏系のスープかな?と思ったらちょっと違いました、よくは分かりませんが魚介系のようで、少し苦味がありますが、最後まで飲み干しました。

と、一口食べ始めて、、、ここで写真を撮り忘れたのに気付きました
いつも美味しいものが出てくると、さっと箸が動いてしまいます、プロにあるまじき…いや、プロではないので再びご勘弁を

〆に鉄火巻きもいただきましたが、このマグロもしっかりしていました。

酒場・居酒屋というには、その佇まいが行儀良過ぎますが、お値段も品を選べばまあまあ、湯豆腐は420円と良心的ですので、安心して入ってください。

(記事再掲ここまで)

|

« 「大阪下町酒場列伝」の表紙になっているお店です~都島“酒の大丸” | トップページ | 天満の立ち呑み「かんちゃん」、なかなかの人気店です。 »

大阪東部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天神橋六丁目の湯豆腐といえば、「上川屋」:

« 「大阪下町酒場列伝」の表紙になっているお店です~都島“酒の大丸” | トップページ | 天満の立ち呑み「かんちゃん」、なかなかの人気店です。 »