« ケメジャン御礼^^) & 最近墨田区の酒場が気に入ってます、八広の「丸好酒場」 | トップページ | 三ノ輪から泪橋、そして南千住の「大坪屋」へ、 »

2009年8月22日 (土)

この辺りで飲んだことなかったです、御徒町サラリーマンの安息所~佐原屋

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

御徒町、“おかちまち”と読みます、

関西では馴染みの少ない街ですが、結構好きな街でした。

上野と繋がっています、何でもかんでも安いような錯覚に陥るアメ横を中心としたお店が並んでいます。

セレクトショップでお気に入りのお店もあります。

もちろん、居酒屋もそれなりに揃っているのです、

この日は「佐原屋」ですね、サラリーマンの安息所です

【2009年2月15日の記事】

一昨日の“ケメジャン”出演に続き、
昨日14日は“和幸”(グランキューブ大阪)を観てきました。

2日連続の音楽漬け、なかなか楽しいものです。

“和幸”は一段と進歩していましたね

前回(2007年9月?)は観に行けなかったので、今回はリベンジの気持ちでした。

音楽的にはメインのモチーフの“ハッピーエンド”に詳しくないので、オマージュというかパロディというか、そこの具合が十分理解は出来ていないのですが、聴いていて気持ち良かったので、まあ良いでしょう。

できれば、あらためて書きます、実は28日(土)の東京公演も参戦の予定です。

今日の東京観光案内は御徒町です、昨年頃からお気に入りの街の一つです。

2008年の11月、
バンドメンバーのNAさんが仕事で東京へ出張で来ました、
御徒町に河豚の美味しい店があるということで、紹介をいただくことになりJR御徒町駅で待ち合わせです。

ちょいと意図的に早く着いたので、行ってみたかったJR御徒町駅のガードしたの「佐原屋」へ一人で入ってみました。

おおきな幕が掛っていますが、あれ?入るのは横の戸口から(後日知ったのですが、正面は昼間八百屋さんとして開店しているようです)

1

奥に細長く伸びる店内、右手のカウンターは、おお、噂通り相当長いです、これだけ長い一直線のカウンターは珍しい、20人以上が座れそうです。

もうすでにサラリーマンで満員、ここは地元の常連お客さんというより、勤め帰りのサラリーマンのお店ですね。

2

左手にも短めのカウンターがありますが、こちら側はこの時はお客さんの荷物置き場になっていました(後日再訪の時は満員で左側のカウンターもお客さんで一杯でした)。

この後、河豚をいただく予定なので、、ちょっと考えて、、ビールはお腹が膨れてしまうので、珍しくチューハイにしてみました(あんまり変わらへんような)。

煮込みを注文、

3

一杯で終わるつもりがもう一杯、

ポテサラ、

4

辛子?味が珍しい、癖になる味です。

表に出ておられる店員さんは、たぶん全員女性だったような気がします。
カウンターのお母さんが気軽に話しかけてくれるので、店の歴史などをお話しました。
ちょっと慣れてきて話が盛り上がったところで、

と、時間を忘れていました
NAさんから「もう御徒町の駅に着いて待ってる」とのメールが入っています、

おとっとっと、ではではこれで失礼します、
急にお勘定でごめんね、お母さんまた来ますね。

仕事帰りの安息所でした。

(記事再掲ここまで)

|

« ケメジャン御礼^^) & 最近墨田区の酒場が気に入ってます、八広の「丸好酒場」 | トップページ | 三ノ輪から泪橋、そして南千住の「大坪屋」へ、 »

上野御徒町湯島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この辺りで飲んだことなかったです、御徒町サラリーマンの安息所~佐原屋:

« ケメジャン御礼^^) & 最近墨田区の酒場が気に入ってます、八広の「丸好酒場」 | トップページ | 三ノ輪から泪橋、そして南千住の「大坪屋」へ、 »