« 恵比寿の焼鳥「田吾作」~“ホイス”なる飲み物を初めていただきました。 | トップページ | 日本酒の美味しい季節になりました、渋く大人の時間が流れます、八重洲の"ふくべ" »

2009年7月 7日 (火)

久しぶりに王道の居酒屋みつけました~大森「煮込みの蔦八」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

2ヶ月ほど前かな?

大森のライブハウス“風に吹かれて”で『猫と斉藤哲夫』ジョイントライブを観る前に、久しぶりに訪問、

10分間でビールと煮込みをかき込みました

あは、ぎりぎりでしたが、どうしても寄ってみたかったので、、、、

もう一度、ゆっくり行きたい店ですね

【2008年9月28日の記事】

昨日は招待券をいただいた映画「幸せの1ページ」を観てきました、

前評判はあまり???でしたし、確かになにか足らないような気もしましたが、ホンワカしてて楽しく観れました、この齢になると行き過ぎの刺激的な映画より、こういう映画の方が楽しめます。

なにより良いのは、映画の中に悪人がいず、誰も死ななかったことですね。

今日も東京観光案内、久しぶりに良いお店が増えました、

大森の「煮込みの蔦八」、

1_4

まず店の外観、

赤いテントの看板はちょいといただけませんが、表の引き戸は良い感じ、
店内はご主人が中で作業されているのを囲むように居酒屋の王道のコの字カウンターに15席ほど、左手にはテーブルも2つほどあります。

看板にもあるように煮込みが名物のようなのですが、まさしく!!店に入ってまず目に付くのが大鍋で煮込まれている煮込みです、さっそく注文、この日は恵比寿からの梯子でしたので、飲み物は最初から焼酎を水割りでお願いしました。

2_4

こちらが煮込み、肉の下に豆腐が埋もれていますし、50円増しで煮卵入りも頼めるようです。
味はちょっと甘め、いやそうでもないか

他のサイトの記事ではしょうゆ味の辛めとの記述が多いのですが、この日の私の舌ではそんなに辛くは感じません、
とりあえず私の好みのやや甘めくらいではないでしょうか。
これはなかなか良い感じです、

こんな大鍋で作られていました。

3_3

味違いのもろきゅうは奥さんが奥で作っていただいたようです、
ご夫婦お2人でやっておられるのですね、
これまた居酒屋の王道

4_3

お客さんの雰囲気もよく、常連さんのゴルフの話題に大将も相槌、ゴルフ好きのようでカウンターの中の仕事場の片隅にゴルフクラブが見えました

他のお客さんは黙々とチビチビとお酒なりをやってます。
でも、イヤな雰囲気ではなく、お店全体がホンワカした気分に包まれています。

これは良いお店です、もう一度行きたくなるなかなかの居酒屋です。

なお、お店の名前は「蔦八」と書いて“ツタヤ”と読む、という説があります、今度大将に聞いてみよ。

(記事再掲ここまで)

|

« 恵比寿の焼鳥「田吾作」~“ホイス”なる飲み物を初めていただきました。 | トップページ | 日本酒の美味しい季節になりました、渋く大人の時間が流れます、八重洲の"ふくべ" »

大森蒲田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに王道の居酒屋みつけました~大森「煮込みの蔦八」:

« 恵比寿の焼鳥「田吾作」~“ホイス”なる飲み物を初めていただきました。 | トップページ | 日本酒の美味しい季節になりました、渋く大人の時間が流れます、八重洲の"ふくべ" »