« どうしても食べたくなる京都ラーメン、京都駅すぐ近くの"新福菜館" | トップページ | 三崎港~城ヶ島観光①城ヶ島の雨の“利休鼠”? »

2009年6月11日 (木)

有楽町の端っこ?気になるカウンターだけのスパゲティ屋さん「ジャポネ」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

麺類好きということで、うどん、ラーメンに続いてはスパゲティの話題です。

ただし、本格派のパスタではありません、

例によってB級パスタでございますが、これが癖になってるんです

【2008年7月5日の記事】

昨晩は久しぶりに“飲み”に行きました

Mさんと神楽坂へ出撃、
このところ忙しかったので、久しぶりの“飲み”で楽しかったです、

隣り合わせた埼玉からのKさんとUさんとも、おお盛り上がり
楽しい週末が過ごせました。

で、今日はいまから三浦半島へ向かいます、
野球部合宿、そしてこれまたです。

今日の東京観光案内は有楽町のスパゲティ屋さんです。

有楽町と銀座の間の
高速道路の下にあるショッピングモールの鍛冶橋交差点側の端っこに、カウンターだけのスパゲティ屋さんがあります。

1_9

ジャポネ

知る人ぞ知る、B級グルメの名店のようです

ショッピングモールの突き当たりに、いきなりカウンターがバン!!と登場します。
お昼時には必ずお客さんが並んでいるようで気になってました。

で、この日も昼前に行ったのですが、やはり15人ほど並んでいます、覚悟して並びました。
初めてなので、並んでいるうちにメニューや作法を(こういうお店では作法が大切です)観察します。

メニューは5つか6つのスパゲティで構成されているようです、
お店の名前の「ジャポネ」、そして「ジャリコ」というのが"売り"の醤油味のようで、これがメインのようですね。
(うーん、このジャリコというネーミングも気になります、昔「ジェリコ」というTVドラマが確かありました。)

他にも洋風「イタリアン」「バジリコ」や中華風、和風「梅のり」なんていうのもあるようです。

量は「レギュラー」と「大盛り」、さらに量の多い「横綱」という3段階のようです(噂ではメニューに無い更なる巨大盛があるようです)。
見る限り「レギュラー」でもそこそこの量があります、「大盛り」は相当多いですね。
みんな一心不乱にかき込みます。

2_8

20分ほど並んでカウンター2番に着席、
まずはメインと思われる醤油味で具のたくさん入っている「ジャリコ」にしましょう、
量はとりあえず「レギュラー」550円也を注文。

3_7

カウンター2番の席からは調理の様子がよく見えます、
麺を茹でる器具はありません、茹でた麺を大きなフライパンで炒めて味付けをしています、
コンロが二つ、2人で分業しているようで、2人の息がピッタリです。

そして、待つ事しばし、、出てきた「ジャリコ」

4_6

スパゲティ、うんまあスパゲティですね、
焼きうどんといわれれば焼きうどんです

で、口に入れると、、なるほど
こういう味ですか、
分かりますよ、
他の記事では昭和の味という表現もありましたが、そんな感じ、独特の口当たりです。
これは、くせになる人も多いでしょうね。
東京のB級グルメの例に漏れず、私には少々塩辛いですが、でもこれはハマるかもしれません。

次回は、「梅のり」か「バジリコ」の「大盛り」を食べてみたいですね。

(記事再掲ここまで)

この後、数回再訪していますよ、

でも、いつも並ぶのが30分くらい空いている日はないですね、ここは。

|

« どうしても食べたくなる京都ラーメン、京都駅すぐ近くの"新福菜館" | トップページ | 三崎港~城ヶ島観光①城ヶ島の雨の“利休鼠”? »

有楽町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町の端っこ?気になるカウンターだけのスパゲティ屋さん「ジャポネ」:

« どうしても食べたくなる京都ラーメン、京都駅すぐ近くの"新福菜館" | トップページ | 三崎港~城ヶ島観光①城ヶ島の雨の“利休鼠”? »