« 神楽坂の焼き鳥??多国籍料理??"鳥竹"、ここもまた良いお店です。 | トップページ | 新装開店!!でも早くも老舗の風格も~吉祥寺いせや本店 »

2009年6月29日 (月)

バンコック式鍋、登場したのは25年ほど前でしょうか?大阪曽根崎:海鮮喜多

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

25年位前に出来たお店だと思います、

当時はよく会社の人と、プライベートでも、よく通いました。

麺類好きな私ですが、鍋もこれまた大好きなので、ここの海鮮鍋は珍しくて、魚介類も楽しめるので大のお気に入りでした

ホント久しぶりに訪問いたしました。

【2008年8月31日の記事】

昨日も関東地方は雨が続いているところもあるようですね、
関西留守家周辺は小雨程度でした。
今日、東京へ戻りますが、また新幹線が遅れるといやなので、いつもより早めの時間に乗ろうと思います。

今日は関西観光案内、“海鮮喜多”です。

出来た当時としては非常に珍しいスタイルのお店でした、
出来たのはもう何年になるでしょうか?
25年くらい経つような気がします。

梅田のOSホテル地下、喜多寿司のお隣の“海鮮喜多

鍋好きの私としては、一時、といってももう20数年前ですが、
頻繁に通ったお店です。

確か当時は「タイ式鍋」「バンコック風鍋」という触れ込みでオープンしたと思います。

野菜や肉・海鮮を単品で頼んでどんどん鍋に入れ、独特の甘辛いソースでいただきます。

お察しの通り、隣の喜多寿司と経営は同じなので海鮮モノのネタは太鼓判、握り寿司や巻物もこの海鮮喜多からも注文できます。

最後に行ったのが確か、、
記憶を辿ると1995年、阪神淡路大震災の年の春に、弟が震災の後片付けの家の掃除の手伝いに来てくれた時に、そのお礼に弟といった記憶があります、ということは今回の訪問がなんと13年振りの訪問でした。

久しぶりなのでお気に入りの具材や、注文の仕方を忘れてしまいましたが、やってるうちになんとか思い出してきました。

まずはほうれん草に椎茸、豆腐など、

1_4

それに鶏の団子、

2_4

海鮮・肉系はイカ・海老・ホタテに牛肉、

3_3

これをこんな風に、、

野菜類を先に入れて玉子でとじます、

4_3

海鮮・肉類はそのまま入れると行方不明になるので
こんな“カゴ”に入れて、さっと茹でていただきます。
(写真が、、分かりにくい写真だア)

5_3

ソースはこんな赤い甘辛ソース、これが癖になるのです。
(市販でも良く似たソースを売っています)

6

今となっては珍しくないのでしょうが、20数年前はタイ式鍋と云うのが新鮮でした、
そして、今でも新鮮で美味しい海鮮鍋がいただけます。

梅田から歩いて5分くらいなのですが、ちょっとお店の場所は分かりにくい、地下通路をくねくねと行かなければなりません。
地上からOSホテルまで行って地下に降りた方が分かりやすいかな?

(記事再掲ここまで)

|

« 神楽坂の焼き鳥??多国籍料理??"鳥竹"、ここもまた良いお店です。 | トップページ | 新装開店!!でも早くも老舗の風格も~吉祥寺いせや本店 »

大阪梅田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンコック式鍋、登場したのは25年ほど前でしょうか?大阪曽根崎:海鮮喜多:

« 神楽坂の焼き鳥??多国籍料理??"鳥竹"、ここもまた良いお店です。 | トップページ | 新装開店!!でも早くも老舗の風格も~吉祥寺いせや本店 »