« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

新装開店!!でも早くも老舗の風格も~吉祥寺いせや本店

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

吉祥寺のいせや、

家からは東京の反対側、結構遠いのですが、、、結構行きましたcoldsweats01

渡さんはいませんが、2008年6月4日に本店が新しくなりました、

【2008年9月7日の記事】

ヒヤヒヤしましたが勝ちましたね、

日本代表のW杯最終予選、
苦しい時間帯で得点できて余裕で観ていたのですが、2点立て続けに失い、楽な時間帯が一転して緊張のロスタイムになりました。
いやー、サッカーは怖いなあsweat01

06年9月25日に建て替えのため一旦閉店した“いせや本店”が08年6月4日に再開店しました、
遅まきながら7月末に行ってきました、

1_5

お、外観はなんとなく以前の雰囲気を再現していますが、
なんとなく太秦映画村みたいな感じもhappy01
上にはマンションが連結されております。

外側の立ち呑みカウンターは以前のレイアウトのままですが、向かって左側の入り口がなくなってしまったようです、向かって右手入り口から入って、店内のカウンターに着席、ビールを注文、焼物が時間掛かるかもしれないので、とりあえずシュウマイを注文。

2_5

シュウマイでビールをいただいた後は、焼酎に炭酸のセットを頼んだら、、
ほんとに焼酎をグラスに注がれ、炭酸のビンを置かれましたsweat02

3_4

「これでは飲めんぞ!!」と唖然としてたら、
「グラスと氷も持ってきましょうか?」
そりゃそうだ、お願いしますlovely

焼物は“カシラ”と“ハツ”を頼みました、

4_5

大振りの串が1本80円はそのまま、この価格はうれしいです、
大味ですがまあこれが「いせや」ですから、

5_4

焼き方のお兄さんはなかなかのイケメンです、いやホントに!

新店舗とはいえ、中の感じは早くも風格を感じさせます、

焼物を焼く、焼き台というのでしょうか、串をのせて焼く台は以前のモノを使用されてるようで、年季が入っていますし、お兄さんの仕事着も年季が入っています、新装開店だけど仕事着は新調じゃないのかな?もしくはもうあんなに汚れてしまったのか?

中は以前のお店がそのまま残っているような感じです、いいんじゃないでしょうか、以前と変わらぬ雰囲気で飲めますねheart04

この日はこの後、大森へ行く事にしていたのでここまでで退店、

渡さんはこの新しい「いせ屋本店」をどんな風に見てるんでしょうね。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

バンコック式鍋、登場したのは25年ほど前でしょうか?大阪曽根崎:海鮮喜多

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

25年位前に出来たお店だと思います、

当時はよく会社の人と、プライベートでも、よく通いました。

麺類好きな私ですが、鍋もこれまた大好きなので、ここの海鮮鍋は珍しくて、魚介類も楽しめるので大のお気に入りでしたheart02

ホント久しぶりに訪問いたしました。

【2008年8月31日の記事】

昨日も関東地方は雨が続いているところもあるようですね、
関西留守家周辺は小雨程度でした。
今日、東京へ戻りますが、また新幹線が遅れるといやなので、いつもより早めの時間に乗ろうと思います。

今日は関西観光案内、“海鮮喜多”です。

出来た当時としては非常に珍しいスタイルのお店でした、
出来たのはもう何年になるでしょうか?
25年くらい経つような気がします。

梅田のOSホテル地下、喜多寿司のお隣の“海鮮喜多heart04

鍋好きの私としては、一時、といってももう20数年前ですが、
頻繁に通ったお店です。

確か当時は「タイ式鍋」「バンコック風鍋」という触れ込みでオープンしたと思います。

野菜や肉・海鮮を単品で頼んでどんどん鍋に入れ、独特の甘辛いソースでいただきます。

お察しの通り、隣の喜多寿司と経営は同じなので海鮮モノのネタは太鼓判、握り寿司や巻物もこの海鮮喜多からも注文できます。

最後に行ったのが確か、、
記憶を辿ると1995年、阪神淡路大震災の年の春に、弟が震災の後片付けの家の掃除の手伝いに来てくれた時に、そのお礼に弟といった記憶があります、ということは今回の訪問がなんと13年振りの訪問でした。

久しぶりなのでお気に入りの具材や、注文の仕方を忘れてしまいましたが、やってるうちになんとか思い出してきました。

まずはほうれん草に椎茸、豆腐など、

1_4

それに鶏の団子、

2_4

海鮮・肉系はイカ・海老・ホタテに牛肉、

3_3

これをこんな風に、、

野菜類を先に入れて玉子でとじます、

4_3

海鮮・肉類はそのまま入れると行方不明になるのでcoldsweats01
こんな“カゴ”に入れて、さっと茹でていただきます。
(写真が、、分かりにくい写真だアsweat02)

5_3

ソースはこんな赤い甘辛ソース、これが癖になるのです。
(市販でも良く似たソースを売っています)

6

今となっては珍しくないのでしょうが、20数年前はタイ式鍋と云うのが新鮮でした、
そして、今でも新鮮で美味しい海鮮鍋がいただけます。

梅田から歩いて5分くらいなのですが、ちょっとお店の場所は分かりにくい、地下通路をくねくねと行かなければなりません。
地上からOSホテルまで行って地下に降りた方が分かりやすいかな?

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

神楽坂の焼き鳥??多国籍料理??"鳥竹"、ここもまた良いお店です。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

神楽坂の"鳥竹"、

この1度しか行ってないですが、印象は良いです、好きな感じのお店です、

東京を去る前にもう一度くらい行ってみたい、

うん、もう一度行ってみようsign03

【2008年8月23日の記事】

昨日の東京、暑さも一段落、まだ先とはいえ秋の気配が少し見えました。

今日23日は、
京都東山・そば茶寮「澤正」でFitbandのライブがありますnote

開場:15時30分
開演:16時
*Live入場は無料です

Live終了後には、お楽しみの、、

開宴:18時~宴会澤正の蕎麦会席を楽しみます

もちろん、Liveのみの参加もOKです。
ちょっと時間のある方は覗いてください。

今日の東京観光案内は久しぶりの神楽坂です。

Mさんに誘われて、この日は神楽坂で飲むことに、

特に決めてなかったのですが、Mさんお勧めの"鳥竹"heart04

飯田橋側から神楽坂通りを上り、毘沙門天を過ぎた辺りを左に入ります。

なんかにぎわっている店内はカウンター10席足らずに、小上がりが3つばかり、だったかな?
こんな感じ、焼き鳥屋さんというより割烹居酒屋という感じですか。

1_3

この時は満員、でもちょうどカウンターが空いたのでなんとか2名座れました、

ふーん、焼き鳥屋かと思いきや、鳥料理と刺身系、両方あるようです。

鳥好きとしてはまずは鳥料理をいただきたい、
竜田揚げ、

2_3

手羽、

3_2

焼き鳥、

4_2

結構ボリュームがありますが、久しぶりの鳥、揚げ物なのでバクバクいただきます、
はは、あまり食べると太りますが、、気にせずバクバクいただきましたhappy01

少し刺身で休憩の後に、

“水炊き”を頼んだのですが、これが1人前でもこのボリューム、

5_2

水炊きというより“鳥すき”という感じでしたが、美味しかったし、もうお腹一杯heart02

偶然隣合わせた埼玉から来られたKさんとUさんと意気投合、
いろいろとお話が弾みました。
これがこういうお店の良いところです、
また、どこかのお店でお会いできるれば良いですねwink

情報によるとこの鳥竹は、

"参鶏湯"(読みはサムゲタンでよかったけ?)や、石焼ビビンバとう韓国メニューも美味しいそうです、この日は食べそびれましたが、もう一度、必ず行ってみたいお店です。

好きな感じのお店をまた一つ発見しました。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

さて今日は"深川八幡祭り"、神輿を担いできます^^)ワッショイ!!

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

昨年2008年の“深川八幡祭り”でお神輿を担がせていただきました、

3年に一度の大祭です、

東京での良き想い出です、

次は2011年です、関西へ帰っても、また担ぎに来るつもりですlovely

【2008年8月17日の記事】

昨日の午後3時過ぎ頃から、猛烈な雨が雨が降りました、
15分ほどですが、身の危険を感じるほどの集中豪雨でした、
雨も怖いですねえcatface

"深川八幡祭り"、
江戸3大祭りのひとつ、門前仲町の富岡八幡のお祭りですね、
なんと50基もの神輿が出ます、

そのひとつの町内の方から誘っていただいて神輿を担ぐことになりました、
で、5時起きで、今から出発です。

その雰囲気に馴染むために?
昨日は夕方から富岡八幡に出掛けました、もちろんちょいと一杯引っ掛けるためですがcoldsweats01

富岡八幡の鎮座している大神輿がご開帳されていました。
この大神輿は「もう担がれる事はない」と聞いたことがあります、あまりに大きすぎるので、担げないそうですsweat01

1_2

お隣にはもう少し小さめ、でもこれもすごく大きい神輿があります。

2_2

夜店もいっぱい出ています、

3

そんな中で、焼き鳥の夜店に立ち寄ってビールを1杯happy01
美味い、
そよ吹く夕風を感じながらのビールはサイコーです。

4

そして、スイカなどを頬張り、祭り気分を満喫shine

5

さて、行ってまいります、

ワッショイ、ワッショイdash

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

美味しいランチをいただきたいものです、築地“魚竹”と、東銀座“いけだ”の油林池

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

お昼ごはん、これも楽しみな時間です、

余裕があるときは「さあて、今日は何を食べようか!?」なんて考えます、

こういう日が続くと平和で良いんですがね、

最近の築地なら“ふじむら”がお気に入りですが、この2店も定番のお店ですね。

【2008年8月16日の記事】

いやー、暑い日が続きまあすsun
関西よりは幾分涼しいとはいえ、昨日の東京は猛暑日だったのでは、

で、やっと土曜日、
そして明日日曜日は江戸3大祭りのひとつ、"深川八幡祭り"の各町連合神輿渡御です、
なんと、誘っていただき、私も神輿を担ぎますsign02

ワッショイワッショイです、

1

大丈夫やろかsweat02happy01

普段はお昼ご飯も大切な、楽しみな時間なのですが、
これだけ暑いとお昼ご飯を食べに外へ出るのさえ億劫になります。

それに、ついつい蕎麦みたいな軽いものに走りがちです、
昨日も昼は"歌舞伎蕎麦"でかき揚げもり大盛りでした(大盛りかいcoldsweats01)、

でも東京の昼ごはんは気をつけないといけません、
ムチャクチャなものを食べさされる事がありますからね、

築地辺りの焼き魚定食なら、迷わず“魚竹”、

ありゃ、写真が見つからない、、、

(*記事再掲加筆、写真があります、焼き魚定食(鮭)ですheart04)

Photo

ここはもういろんなところで紹介されていますね、たしかに美味しい、
白飯がちゃんと美味しい、魚もびっくりするほどのものではないですが、これがちゃんとしてるんですね、味噌汁も美味しい、一つ一つがしっかり美味しいのですlovely

サラダなどを頼むと1000円を少し越えますがお値打ちの昼食です。

もう1軒、
鶏料理が好きなんですが、ランチならここも使えます。
東銀座、万年橋の西詰地下高速道路沿いの美味しいお店“いけ田(いけだ)”、

油林池、「ゆうりんち」と読むようです、
鳥の唐揚げを油のタレでいただきます。

2

これはちゃんとした料理で、ランチはOK!!(夜は行った事ありません)
ご飯(白飯)もちゃんと炊けてて美味しい、

ご飯がまずい店が平気でありますからね、昼の定食ではご飯は美味しく炊いてもらわないとね。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

昨晩は東京湾華火大会(2回目)、そして五反田~酒田屋、魚が美味しい^^)

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

今日のお店は五反田、

あまり行かない駅ですが、それでも美味しい店があれば行きますよdash

つい先月もこのお店には行きました、相変わらずの繁盛振りと美味しい料理でした。

【2008年8月11日の記事】

今日まで夏休みですlovely

昨日、午後に東京へ戻りました、
で、東京湾華火大会を観に行きました、
昨年も呼んで頂いた花火と宴会です、今年も楽しませていただきました。

1_11

さて、

本日の東京観光案内は五反田、東京の西南側でしょうか?

五反田へはあまり行きません、

旗の台の"鳥樹"の帰りに通るくらい、
そうそう鳥樹の流れを汲む"庭つ鶏"へは何度か行きましたが、あまり詳しい訳ではありません。

でも、やっぱりこの五反田にも良い居酒屋がありましたshine

"酒田屋"

送別会の会場としての訪問でしたが、魚が美味いのではないか!?との期待を抱かせます。

2_11

送別会でしたのでコースのでした、まずは刺身、うんうん、いけてますよ、

3_8

そして、ウニの大きなおりが3人にひとつくらいの割合で出てきましたsign01
美味しいhappy01

4_6

鮎の塩焼き、、

5_5

天ぷらの盛り合わせ、

6_4

魚以外にも、コロッケや玉子焼きも出てきました。

お客さんはおじさん中心の居酒屋の雰囲気ですが、若いカップルや女性客もおられ、さすがに美味い店はいろんな人に愛されているような雰囲気でした。

良い居酒屋です、もう一度ぜひ、一人か2人で行ってじっくり楽しみたいお店です。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

お初天神の裏路地にある、いつからあるのか?元祖やき鳥「八栄亭」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

30年ほど前、会社の先輩の口からこの店の名前を聞いた憶えがありますが、行ったことなかったです。

明治創業の焼鳥屋さん、いかにもという店内の雰囲気でした。

昨年行った時はお母さんが一人で切り盛りされていました。

一度、覗いてみてはいかがでしょうか?

【2008年8月10日の記事】

スポーツの祭典:オリンピック、日本チームの出だしはいまひとつのようです、巻き返しに期待しますshine

この季節、全国的にお祭りが多いのですが、
今日の関西観光案内は1ヶ月ほど前のお初天神境内からです。

ここも、お祭りなのでしょう、
お初天神境内では獅子舞の練習、お囃子の練習と太鼓の音がドンドンと、、

1_10

そういうと佃の祭りでも、お神輿とともに大きな獅子頭が飾ってありました、
獅子舞と云うと正月のイメージがありますが、夏祭りにも付き物のようですね。

そのお初天神の社務所の横の路地に向かうといきなり、元祖やき鳥の看板があがる「八栄亭」があります、

2_10

「元祖やき鳥」sign02

このお店、少なくとも30年以上前から、私が新入社員の頃からあります、確か、、あると思います。
(調べたら、創業は明治のようで、文字通り元祖やき鳥のお店なのです)

中は少々暑い、くたびれた店内です、
でも、これが明治創業の値打ちです、なんともいえない雰囲気が好きになりました。

この日は、お母さんが一人で取り仕切っているようです、

メニューはなくコースとのこと、
「嫌いなものはありますか?」と聞いていただき、
「ないです!」

ビールはショーケース冷蔵庫に入っています、
忙しそうなので、ちょいと冷蔵庫を覗いてみると、
「勝手に取ってもらえますか?」
「喜んで!」(こっちもそのほうが楽ですわwink)

ビールはアサヒのほかに、ハートランドの瓶がありますheart04これをいただくことにしましょう。

まずは、先に盛り上がってる奥の団体のお客さんと一緒に焼いていただいた、これは???
“ぼんじり”?美味い美味いheart02

3_7

そして、“手羽”美味さに写真取り忘れsweat02

さらに“皮”、

4_5

“肝”、

5_4

“ずり”、

6_3

味はすべて同じタレ焼き、
ここでもうお腹一杯、コースを止めてもらいました、
コースではまだ“身”があったようです、

つまみにキャベツと大根の浅漬けが付いて、
ハートランドを3本飲んで、二人で6000円、

少々味が単調になりますが、これはこれで大阪名物の焼き鳥として生き残って欲しいものです。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

芦屋市の六甲山麓というか中腹、そばの"むら玄"、車でしかいけません(汗)

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

もともと麺類好きheart04

もともと蕎麦も好きでしたが、東京に来てより多く蕎麦をいただくようになりました、

関西でも蕎麦屋は多いのですが、話題の蕎麦屋さんが出来たので行ってみました。

飲めないのが、ちょっと残念ですが、、、

【2008年8月3日の記事】

昨日は野球の後、

恵比寿の「田吾作」→大森「蔦八」→大森「富士川」と新規開拓居酒屋梯子coldsweats01

仕事も居酒屋も、新規開拓が大切です、
ってなこと言ってる様ではまだまだですな。

今日の関西観光案内は、

六甲山麓というか中腹にある蕎麦の"むら玄"です。

もともと有馬にあるお店のようですが、
2店目がこの六甲山の芦屋辺りに出来たそうです。

ちょいと縁があり、行ってみることにしました。

芦屋から芦有道路(芦屋-有馬を結ぶ有料道路)を10分くらい上らなければなりません、
車でしか行けないので一杯beerやれないのが残念ですが、仕方ないので車で行きました。

通行料の徴収ゲートの手前で左手の道に入るとすぐにあります。

エントランスはこんな感じ、
到着したのが12時過ぎ、一番混んでいた時間のようで40分くらいの待ち、
でも、ここまで来たのだから待つ事にします^^)

1_9

待つ間に駐車場兼お庭を拝見、
造園におカネかかかってます、石や植木だけでウン千万円??

で、やっと入店、
店内のテーブルや椅子、照明もなかなか凝ってます。

2_9

2人ともざる蕎麦、1100円也sign01を注文、(ちょっと値が張りますね)

さっそく綺麗な器が出てきました、

3_6

蕎麦は時間が時間かかりそうだったので玉子焼きも注文、

4_4

もうこうなったらビールかお酒の欲しいところですが、そうは行きません、
お茶で玉子焼きsweat02辛いhappy01

そして、蕎麦が来ました、

5_3

うん、美味しいですよshine
でも、40分待って、1100円ではちょいと私のパーコスト精神が許しません。

蕎麦屋で一杯というより、
お洒落に蕎麦をいただくお店ですね。

入店のオペレーションもゆっくり、
入ってみたら相席はない様で、皆様、蕎麦のあともゆっくりとお話が弾んでいました。
これじゃ40分待ちになるわな、、

蕎麦屋の風情を楽しむというより、フレンチかイタリアンのようにお昼ご飯を楽しむお店のようですね。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

久しぶりの月島「岸田屋」で、またまたお隣さんと意気投合^^)

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

月島の有名店「岸田屋」、

東京にこういう「有名な居酒屋がある」事を最初に教えていただいたお店です。

入ろうかなあ、とよく覗くのですが、さすがに有名店、いつも満員もしくはお待ちの列ができています。

もう1年くらい行ってない事になりますね、昨年2008年の7月頃に行った記事です。

【2008年8月2日の記事】

今朝はTVで夏の甲子園:高校野球の開会式をやってました。
開会式は久しぶりに観ました。
いつもは平日だったような気がするのですが、今年はオリンピックの関係で土曜日になったようです。

野球は好き(観るよりやる方が)、
プロ野球はほとんど観ませんが、休みの日の高校野球はつい見入ってしまいます。
今年も楽しみですheart01

でも、一言、、
開会式の選手入場の行進の仕方や、役員の挨拶に少々違和感を感じます、
もっと高校スポーツらしい式典があると思います。
高野連の皆さん、ちょいとお年寄りが多すぎます、もっと若返った方がいいともいますよ。

あ、さて、
今週はお祭り第一弾佃月島のお祭りですheart02

そして、今日はその月島で野球の試合がありました、
とりあえず、人数合わせで参加いたしました。
暑かったsun
2打数0安打、でも2打席とも納得のバッティングでした、
いつかは東京初ヒットを・・・

今日の東京観光案内は、
そんな月島「岸田屋」、久しぶりです。

東京の3大居酒屋にも数えられる“岸田屋”、

いつも満席の月島“岸田屋”、
この日もぶらりと寄って覗いたら、運よく空き席があったので入ることにしました。
いつものように皆さんそれぞれ“岸田屋ってる”のですhappy01

1_8

前のオヤジさんが亡くなってから刺身がないそうです、残念ですね、

さて、この日はまず肉豆腐を注文、

2_8

煮込みと肉豆腐が岸田屋の名物、煮込みは「東京3大煮込み」に数えられていますね、
これは品切れ前に頼みましょうsign01
と即頼んだのですが、案の定、この後煮込みは品切れになってました。

でも、肉豆腐は出来上がるまで時間がかかるので、とりあえずのビールの肴にエシャロット、

3_5

このエシャロット、関西ではあまり見かけないですが、東京の居酒屋では定番のおつまみですね、
葱と大蒜の間の感じ、大好きなのですう。

一人で飲んでるといろんな人との出会いがあります、
この日も、お隣さんになったKさんとお話をしました、
京都の立命館大学にお友達がいらしたそうで、京都の話題で盛り上がりましたheart04

こうしてまた居酒屋の夜を満喫したのでした。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

横浜でのフラリーパッド♪ そして、、こりゃ良いお店です、蒲田~「鈴正」七輪で肴を焼きます^^)

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

こういうタイプの店は関西にはないかもしれません、

七輪焼肉はあるでしょうが、、

七輪海鮮焼です、、

魚の貝類、甲殻類、もちろん生モノもあります、

たしか日曜日も営業しています、たまの日曜日の夕食にいかがですか?

【2008年7月27日の記事】

暑い日が続きますが、昨日の土曜日は夜に入ってから少し涼しくなった東京です。

それでも、昼間の横浜は暑かったですsun

横浜で行われている「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル」に、高校の後輩ミュージシャン“fulare_pad(フラリー・パッド)”が出演していたので観に行きました。

先々週、京都七条サカタニでのチャリティLiveで初めて聴かせていただきました、

昨日はJR桜木町駅前のクロスゲートというビルの前の特設ステージでの演奏、場所柄大変そうですが、さすがに演奏・ステージ作りはしっかりgood
やっぱり、プロです、
ちゃんとお客さんを引っ張って、30分のステージを作ってました。

1_7

横浜で聞く京都弁のMCもなかなか面白かった、
プロの世界は大変ですが、がんばって下さいshine

今日の東京観光案内は、横浜の帰り道にある“蒲田”です。

東京でもこちら方面はあまり来た事がありません、

大森・蒲田、

どちらかというと私は東京の東側、北側が得意でござります、
大森・鎌田は西側・南側でございますので、あまり縁がなかったのですね。

仕事で初めて大森に行ったときに、同行のSさんに薦められました、

「大森も蒲田も良いですよ、良い飲み屋もありますよ」

で、さっそく次の日曜日に蒲田を目指す事にしました。

蒲田はディープですよお、と聞かされてましたが、
駅は綺麗で、駅前も大きなロータリーがあり綺麗な雰囲気、
でもその先には何かを予感させる雰囲気がhappy01これは赤羽と似た感じですな、、

東口を出て、線路沿いに北方面へ、
ちょいと風俗店などもあり、怪しい雰囲気が漂ってきますが、すぐにお目当ての店が見つかりました。

ちなみにこの日は大雨の日曜日、半袖短パンゾウリ履きでは少々寒うございましたが、地元民のようなこの格好ですから、途中の怪しげな店の客引きに引っかかる事もなかったですcoldsweats01

お目当ては日曜日も営業してる蒲田の"鈴正"、

で、鈴正、思ったより新しい店構えです、
でも店の前にはトロ箱があり、いかにも海鮮の店という雰囲気が漂います、
この日は雨だけに一層この店の佇まいが際立ちました。

カウンターに案内され、まずはホッピー、
そして「あじのなめろう」、

2_7

“なめろう”つうのも関西ではあまり聞きません、
たたきのような料理ですね。

ここは海鮮の焼物が売りのようですが、焼くのは席での七輪です、
ので、焼物はお奨めの"鮪かま"と"野菜入りさつまあげ"を注文、

3_4

両方とも美味い、
特にさつま揚げが美味いです、炭火で焼くからでしょうね、
鮪かまはゆっくりと隅々までいただきます。

そして蛤を焼き、ちょいと寒かったので日本酒熱燗をお願いしました、
熱燗はこんな感じで出てきましたsign01

4_3

さらに、焼物、つぶ貝とげそheart04

5_2

〆は寿司モノから"トロ鉄火"

6_2

ここまででもうお腹いっぱい、
残念、もっとあれやこれや食べてみたかったのですが、一人ではそれも出来ません、
ここは、絶対にもう一度行きます、
まだ食べてみたいネタがいろいろあります。

お奨めですlovely

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

月島の"牛若"、佃月島も今年(2008年)は3年に一度のお祭りです。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

2008年は3年に一度のお祭りでした、

佃の住吉神社、門前仲町の富岡八幡とも大祭と呼ばれる年で、全町内の神輿が出ました。

私も深川で担がせて頂きました、

佃の方は担ぎませんでしたが、この店の大将に誘われましたheart04

東京での良い想い出ができました。

【2008年7月26日の記事】

さて、今日は久しぶりに横浜へ行く予定です、
高校の後輩ミュージシャン“フラリー・パッド)”が「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル」に出演するので応援に、、happy01

で帰りがけには、大森・蒲田辺りで飲んで帰るつもりですbeer
(これが目的かいcoldsweats01)

東京に単身赴任で来て3年半、
おそらく東京で一番よく行ってるお店の紹介です、

このお店で高校の後輩との出会いがあったのが3年半前、以来通っております。随分前に書いたような気がしますが、久しぶりに紹介しましょう。

昨日も書きましたが、今年は深川も佃月島も3年に一度のお祭りの年です、
ななにか町全体がソワソワしだしてきています。

月島の“牛若”の大将も、以前はお祭りの重鎮だったようですshine

“牛若”はそんな地元の人も、近所のおばちゃんも、会社帰りのサラリーマンも立ち寄る小料理屋です。

はじめて月島の“牛若”に入ったのは、
「煮込みが美味しい」と地元友人に言われたからです、この日は食べませんでしたが甘めで好きな味です。

この日は、いつも通りまずはマグロ刺身(ここはだいたい中トロです)、

1_6

それにおでん、(夏はさすがにもうありません)

2_6

たこぶつ、明石の蛸という事でした、さすがに旨いsign01

3_3

そして、まめアジの唐揚げ、これも旨かったなあ、

4_2

こんな感じでわいわいがやがや、TVを観ながらあれやこれや、
隣り合ったお客さん同士の会話も結構弾みます。

今年は大祭の年なので大将から「神輿を担いだら」と誘われました、

深川からも佃からも誘われたのです、
半纏は買えるのかなあ?
レンタルで借りて担ぐシステムもあるようです、

いずれにせよ3年に一度のお祭りがもうすぐ、
町全体がソワソワしてきています。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

またまた見逃しておりました!! “いせや”本店がすでに再オープン!!??

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

吉祥寺の「いせや」、

遠いのですが、この4年ほどで何回いっただろう??

高田渡さんはいないけど、、、

ついこの間も、平日にもかかわらず、行ってしまいましたhappy01

土曜日の明るいうちから飲むのも良いですな、

渡さんがいればもっとよかったのに、、、

【2008年7月22日の記事】

3連休明けの火曜日です、
ちょいと会社へ行くのが億劫な朝です。

吉祥寺の“いせや”本店、、

高田渡が毎日のように飲んでいたこの店

映像でみて、どんな店だろうと興味はあったのですが、まさか東京に転勤で来るとは思ってなかったので、まさか自分が飲みに行くとは思っていなかったのですが、

05年1月に東京に単身赴任、

そのうち“いせや”で渡さんと飲もうと思っていた矢先の05年4月16日、
渡さんは逝ってしまいました。

なので、その後に、一人いせやを訪問して渡さんを偲んだのです、
私の東京居酒屋巡りのきっかけとなった、、という1店でもあります。

そして、この“いせや”本店も06年9月25日をもって建て替え改装のため一時閉店、
この最後の日には私も飲みに行きましたhappy01

1_5

もともとのオープン予定はこの08年春頃だったと思うのですが、調べてみてもオープン情報がなく「遅れるんだろうなあ」と油断してしばらく情報収集してなかったのですが、
その“いせや”本店がオープンしたらしいですsign01

すでに08年6月4日に再オープンしているようです。

2_5

あら、外観は以前と似てますが綺麗になってますね、
新築だから当たり前かcoldsweats01

上のほうはマンションになっているようです、

知りませんでした、とにかく今週か次の休みには必ず行きますheart04

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

“串かつ”は立ち呑み・ソース2度漬け禁止、、だけではないです、大阪の串料理"活"。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

大阪のソース2度漬け禁止の串カツ、

東京でも相当有名のようで、大概の人がご存知です、

「2度漬け禁止」、なんとも魅惑的なフレーズでありますlovely

東京には串揚げの店がおもったより少なく、「串カツ」という言葉もあまり聞きませんが、北千住の「天七」や、中目黒の「二代目 殿金」で関西式の串カツを食べれますheart02

ビールに串カツ、これはたまりませんよねhappy01

【2008年7月20日の記事】

今日は、

「ドクトルミキ&ステューデンツ Acoustic Live 2008 Vol.6」
2008年07月20日(日) 18時~ 南船場 PENA

です、

ヤイシダステルで1曲だけですが演らせていただきますnote

今日の関西観光案内は、、ちょいと上品な“串かつ”beer

「活」というお店、

チェーン店で大阪のキタを中心にいろんなショッピングセンターにテナントとして入っていると思います。
大阪の人なら、一度は入ったことがあるお店ではないでしょうか?

1_4

“串かつ”のお店です、

大阪ではポピュラーな“串かつ”というと、梅田の地下街にある立ち呑みのお店や、新世界にある名店が有名ですが、この“活”はもう少し上品な“串かつ”屋さんなのです。

私はどちらかというと、梅田の立ち呑みや新世界の串かつ屋さんがお似合いだし、好きなのですが、、
この“活”は、30年前会社へ入った当時、梅田の地下街の店へ行って、初めて食べた時の印象のままの味で今も営業しているので、たまにお邪魔します。

カウンターの席で、目の前でどんどん串をあげていきます。

夜はお任せのコースになって、ストップをかけるまでどんどん揚がって来ます、
もちろん、メニューの指定もできます、たとえば、
「魚系ははずしてください」
「たまねぎは苦手」とか、、、
私は何でもいただきますが、、coldsweats01

さて、串かつを食するためのセットはこんな感じ、
手前にあるのは5種類のソースというかタレというか、
左から「油系タレ」「マスタード」「ソース普通?」「塩」「ソース辛い?」ってな感じで用意されます、
野菜スティックとキャベツ、それにビールは必需品heart04

2_4

この日はまず、
「串かつ、肉が食べたいので先に2本ほど出してください」
とお願いして、

牛ロース、牛ヘレをいただき、そしてコースへ突入sign02

3_2

カウンタのかつを置く皿はこんな風に5つに仕切られていて、5つのソース・タレの器と連動しているのですflair

これは発明ですね、

つまり、一番右のしきりに置かれたかつは、一番右の「ソース辛い」で食してください、と、無言の指示があるわけです、
(この説明で分かりますかね?)

写真の“海老頭付”は右から2つの仕切りに入っているので「塩」で食べてください、ということになります。

アスパラは、、、もうマヨネーズがかかっていて「そのままどうぞ」だったような気がします。

この日は大体こんなメニューだったと思います。

アスパラ
海老頭付
えのき+?
カニはさみ
はもベーコン
餅+海苔
セロリベーコンひらめ
しいたけミンチ
あさり
たまねぎ

そして、最後に豚をリクエストして、

豚ロース
ふたたび、牛ロース

いかがでしょうか?
新世界のソースどぼ漬け串かつもサイコーですが、
たまにはこういう、一仕事した“串かつ”もなかなか美味しいのです。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

「えぇ!泉谷しげるが個展するウ!?」~旧池尻小学校の「世田谷ものづくり学校」での泉谷アート展

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

今年も梅雨の季節になりましたね、雨の季節はスーツがぐちゃぐちゃになるので憂鬱ですheart03

昨年のこの展覧会を観にいった時は暑かったのを憶えています。

駅から歩いて行く気持ちが湧きませんでしたsun会場の前の道の並木の木陰がありがたかったです。

季節のイメージが記憶を助けてくれていますね。

そんな暑い中、泉谷の熱い個展を観に行きました。

【2008年7月17日の記事】

おっと、このイベントも見逃すところでした、

「えぇ!泉谷しげるが個展するウ!?」
2008年07月12日(土)-2008年07月20日(日)

はい、
アートな泉谷が久しぶりに炸裂しておりますshine

1_3

廃校後に“廃校再生プロジェクト”で世の中のお役に立っている「池尻小学校」で行われています。

【HPより転載】
期間:2008年7月12日(土)-2008年7月20日(日)
時間:11:00-19:00 月曜休館
入場料:入場無料
会場:IID 世田谷ものづくり学校 1F IID GALLERY
主催:わが社
企画/制作:わが社/LIFE
後援:PONYCANYON/フジパシフィック音楽出版
協力:東京スクールオブミュージック専門学校/IID 世田谷ものづくり学校

“オレの隠してた才能、大バクハツ!”

オレは東山中学校出なンだ。池尻中学校のヤツとはよく遊んだしケンカもしたが、みんな元気よかった。オレにとっちゃ池尻は地元なンだ。
その池尻中が廃校になり、4年前から民間企業により廃校再生プロジェ クトとし、新しく若いヤツ(だけでなく)の為にクリエーターのオフィススペースを創ったからオドロいたよ。教室を上手いコト創りかえて、各クリエーターらが腕をふるい、ワークショップもあれば映画も上映する会も。喫茶ルームでライブ行う日もあるンだ。此処を見て回るだけでも楽しい。
2回ばかり使用してみたが気分よかったンで〜今度はオレが地元の人らを集めて個展したくなったのさ。ライブもやれるスペースをたっぷり使ってオレは此処でアノ頃のように遊ぶんだ。みんな、遊びに来てくれい!
泉谷しげる

詳細等は OFFICIAL HP:http://www.wagasha.co.jp/ まで

泉谷しげるトークライブ-“歌の季節”を求める旅-「ロードオブライブ」
詳細はこちら>>>http://www.r-school.net/program/event/post_259.html

●トークライブはご好評につき受付を締め切りました。ご了承下さいませ。
(転載ここまで)

場所は結構不便で田園都市線三軒茶屋の駅から徒歩15分との事、

少し暑さもマシな日だったとはいえ歩くのはちょいと辛そうだったので、身を切る思いでタクシーに乗りましたhappy01

タクシーならほんの3分くらいでした。

2_3

はい、ここが旧池尻小学校、現世田谷ものづくり学校です、

受付がありまして、

「今日はどんな用件で?」
「エーー、泉谷の、、」
「あ!はい、ここに名前を書いてください」
「あ、はい」

と、記帳をしてIDカードを首から提げて入場です。

4

こんな手書きの案内板が、

5

この廊下の向こうに会場がありました。

6

会場の入り口にはメッセージボードが、

そうそう、初日の土曜日には泉谷自身のトークイベントがありましたからね、その時に書かれたようです、

さすがに展示室内は写真が取れません、
ので、ちょいと泉谷のHPから拝借。

7

大きなものは100号以上、大小20点近くの画、
アートペイントしたギター3本(これはちょっとなあ、ギターが可哀想sweat02でも蒼いのはかっこ良かった)
最近の泉谷の写真とTBS「R-ゼロ」の映像、

画は独特のあのタッチですが、「自画像」というのがなにかビビッと来ましたheart04

見逃したTBS「R-ゼロ」の千葉県浦安の境川でのLive風景も観れました、
これってやっぱり“ロードオブライブ”の1発目なんですね。

今週末で終わってしまいます、
妙に臨場感のある泉谷のアート、お時間があればいかがでしょうか?

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

昨日の京都は34℃!?今日は33℃の予報です、ライブとラーメン“第一旭”のお話です。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

京都とラーメン、

なんだかしっくり来ないかもしれませんが、京都は学生の街、なので学生食のラーメンもすんごく進化しているのであります。

京都に来たら、ぜひラーメンを、

これって、新しくないですか?

ダメかcoldsweats02

【2008年7月13日の記事】

昨日の京都は暑かったですsun

午前中、少しの仕事を大阪梅田で済まし、そのままバンド練習にため京都へ向かいました。

京阪電車で行こうかとも思ったのですが、時間がかかり過ぎるのでJRで行きました、
が、JRだと練習会場まで15分以上歩かないといけませんsweat02
ちょうど12時頃、JR京都駅から歩いたのですが、、、
これが暑かったbearing}もう途中から意識朦朧となりそうでしたあcrying

関西の暑さは、そして京都の暑さは半端じゃないですな。

そんな京都へ今日も行きます、飛び込みでLive出演ですnote

ミヤンマー(ビルマ)サイクロン、中国四川大地震
被災者支援チャリティーコンサート プログラム

~ 人間を救うのは 人間だ together for humanity ~

開催日時 2008年7月13日(日曜日)
     1部 午後2時開場  2時30分開演
     2部 午後6時開場  6時30分開演

開催場所 集酉楽(syu-yu-raku)サカタニ・楽々ホール
     京都市東山区七条通本町西入日吉町222番地
    (京阪七条東 徒歩1分 ファミリーマート2F)

参加費 1部・2部    各 1500円
      1部・2部   通し 2500円

お問い合わせ
集酉楽(syu-yu-raku)サカタニ  
電話 075‐561-7974   
メール info@sosake.jp      
URL  http://www.sosake.jp/

ヤイシダステルの飛び込み予定時刻は16時前後です、よろしくお願いします。

そして、今日の記事は京都のラーメン情報ですrestaurant

先日紹介した「新福菜館」、京都駅に近いお店ですが、
そのお隣の「第一旭」も紹介しておきましょう。

先日も書きましたが、この2件は京都駅近くに隣り合わせで営業されています、

1_2

奥の黄色い看板が「第一旭」です。

「どちらかを選べ」と言われるとホントに困るのですが、あえて言うと私はインパクトで「新福菜館」を選びます。

しかし、こちらの「第一旭」も美味いラーメン屋さんです、

行列の長さからすると「第一旭」のほうが長いかもしれません、それだけ人気、好きな方も多いはずです。

【HPより引用】
現在、皆様にご愛顧いただいております「第一旭」は、昭和22年京都駅近く、通称「たかばし」に中華そば専門店として誕生しました。屋台しかない当時には珍しく、またラーメンがご馳走という時代でもありました。コクがあるのに澄んでいるスープと鉢一杯の焼豚はあっという間に知れ渡り、いつの間にやら京名物といわれるようになりました。

時代に流されず基本的な味は変えないという方針にこだわり続け、専門店として本来の「ラーメン」を築いてきたのです。京都たかばしに生まれて約半世紀、完成目指して精進します。
(引用ここまで)

ラーメンは醤油味の極スタンダードな感じですが、スープは絶妙で実は“豚骨”から出汁をとっているようです、白濁した博多ラーメンの出汁とはまた違いますが、
こんな感じ、、

2_2

うれしいのはこのサービス、

「麺の固さはもとより、スープの脂っこめ、さっぱりめ。醤油の濃いめ、薄いめ。焼豚の赤身、白身。ネギ大盛、モヤシ大盛。全て無料でお作りします。600円も頂くのですからご満足いただけるよう、遠慮は無用です。一杯のラーメンで幸せになって頂くために、贅沢なラーメンを目指します。」

ということだそうです、知りませんでした、今度モヤシ多めを頼んでみましょうlovely

全国にチェーン店が80店舗もあるそうで、これはちょっとびっくり、ならばもういろんな方がご存知のお店ですな、てっきり京都大阪のお店かと思っていました。

でも、この京都駅近くのたかばし本店、やはり京都を代表するラーメン発祥の地としての格があります。

機会があればぜひ一度heart04

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月14日 (日)

有楽町ガード下の「まんぷく食堂」、その名の通り“食堂”と考えたほうが良いでしょう。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

有楽町のJRガード下、なかなか良い感じを醸し出しています、

東京に来た時はここでさえ、来るのに結構勇気が要りましたhappy01

いまは、、、有楽町では物足らなくて、もっと北のほうへ行ってますがcoldsweats01

【2008年7月12日の記事】

今日は関西です、
午前中、少し仕事の打ち合わせがあって、午後は京都へ向かいバンド練習に参加する予定です。

しかし、関西の暑さは半端じゃないですsun
朝のこの時間でもうバテていますsweat02

当然前から気にはなっていましたが、どうも足が向かなかった、有楽町ガード下の「まんぷく食堂」のご紹介です、

この日は散髪に銀座に出たのですが満員(QBハウス)happy01

仕方なく銀座をぶらぶらしながら、時間を潰していたら、あれ、もう17時じゃないですか、
もうどこかで1杯飲んで誰にも怒られない時間です、
(いや、4時に飲んでも土曜日なら怒られません、平日の勤務日は怒られますhappy01)

で、良い店はないかと有楽町あたりを物色して、前から気になっていたJRガードしたの「まんぷく食堂」へたどり着きました。

看板メニューを見ながら、正直入るかどうか迷ったのですが、のどの渇きに負け入ることに、、、

1

ホッピーを頼むと、
「大か中?」と問われました、
えっ!?ホッピーで大か中って?初めてです、なんだか???

と思いましたが、何事も中庸が良いという凡人根性で中を注文しました、

が、
これが小さいheart03

よく食堂で水を飲むようなプラスティックのグラスに出来あがったホッピーが出てきました、
ジョッキーが大ということのようです、
ホッピー自体の瓶はでてきません、
で480円はちょいと高いのでは、、、sweat01

食べ物メニューも案外と高い、

この日は肉が食べたかったのでステーキ200g1280円也を注文

2

まずくはないですが普通の味、

文庫本「マルタの鷹」を読みながらゆっくりといただきました。

ホッピー中2杯と1品(ステーキ)、突き出しも付いていたので2600円でした。
見た感じより高いお店です、、、

それに、ホッピーの瓶が出てこないのは???いかがなモンでしょう、ちょっとガックリという感じです。
(ホッピーでそんなにガックリするなcoldsweats01)

良かったのは、店内のBGMがオールディーズやフレンチポップス、懐かしのJポップスに歌謡曲、久しぶりに楽しく聴きました。

店内の懐かしグッズといい、装飾関連が日本再生酒場辺りのコンセプトと似てますね、同じ経営でしょうか?

そしてもうひとつ、飲物のコースターはこんなんでした、
これはOKです、可愛いです。

3

ちょうどこの後読んだ、安西水丸さんの本「大衆食堂へ行こう」でも「まんぷく食堂」は紹介されていましたが、ここはやはり大衆食堂と捕らえたほうがいいようで、居酒屋としてはコストと料理がいまひとつそそられないのです。

ご飯中心で行くのが良いかもしれません。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

三崎港~城ヶ島観光②三崎港でちりとてちん??^^)さて、どの丼から食べる??それが問題です。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

三崎港といえば、これはもう“マグロ”です、

東京はさすがに“マグロ”が豊富で美味しいですが、ここ三崎港は“マグロ”の水揚げ港として有名なんですね。

昼食は“マグロ”と決めていました。

【2008年7月8日の記事】

どうも今日もうっとしい天気のようですが、
予定通りなら、今日8日(火)に大阪道頓堀「くいだおれ」前で上田正樹と有山じゅんいちのゲリラLiveがあるはずですnote

明日9日(水)で「くいだおれ」も営業終了です。
名残りを惜しむ人も多いのでしょうね.

さて、三崎港~城ヶ島観光の2回目です。

城ヶ島からの帰り、バスに乗って、再び三崎港へ戻ったのですが、
そのバスの車窓からこんな店を発見、

ちりとてちんshine

1_10

本来は落語のネタですが、
(それも上方のネタのようですね、東京では“酢豆腐”という演目のようです。)

07年10月~08年3月まで放送されたNHKの朝の連続ドラマ「ちりとてちん」を連想してしまいました。

落語の“ちりとてちん”の噺自体は美味しいイメージではないはずなのに、なぜか美味そうな感じが、、

いずれにせよ昼食は“マグロ”の予定でしたので、入ることにしました。

「名物に美味いものなし」という格言??もあるように、あまり期待はしていません、
三崎港はマグロ一色、
名物としての盛り上がりは魅力的ですがですが、そんなにビックリすることもないでしょう。

で、名物メニューらしい「ちりとてちん丼」を頼みましたhappy01
(なんや、やっぱり名物を頼むンかいな、)

この「ちりとてちん丼」、
3つの味のマグロの丼が楽しめるという事です、

まずは「ネギトロ丼」heart04

2_9

そして、中トロを特製胡麻タレであえた「あづま丼」heart02

3_8

最後に、「てり焼き丼」lovely

4_7

をいただきました、

いやー、いくら私でも丼を三杯食べたらお腹がはちきれそうになりましたsign03

というのはウソですcoldsweats01

この丼、器はどんぶりではなくて、お茶碗、それも少し小さめのお茶碗で少しづつを味違いをいただく、という趣向です。

美味しいですよ、うん、ネギトロ丼とかね、
でも、東京でも食べられるような、、、

関西ではあまり見かけませんが、あづま丼も、
胡麻が入った味付けは良い感じですが、、

てな事を思いつつ食べていたのですが、

予想外に最後の「てり焼き丼」にやられましたshine

ソースがなんなのか?
ちょっと洋風な感じで予想外のの展開に思わず「やられた」と心の中で叫んでました。
なんせ、三崎港はなぜか“マグロ一色”ですので、
だいたいのイメージは付いていたのですが、生のお料理2つの丼のあとの、この焼いたマグロの味がガツンと来ました。

この3品は一緒に出てきます、

食べる順番は自由です、
たまたま私はこの順番で食べました、

この順番で食べるのをお奨めしますが、、

この味の変化が計算されているとしたら、“ちりとてちん”侮れませんbleah

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

三崎港~城ヶ島観光①城ヶ島の雨の“利休鼠”?

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

東京にきたら、あちこちへ日帰り旅行をしようと思っていたのです、

伊豆半島とか、房総半島とか、山梨とか、日光とか、富士山とか、、、

ほとんど行けてませんheart03

でも、三崎漁港は行きましたよ。

【2008年7月7日の記事】

この週末は会社の野球部の合宿でした。
まあ実戦はもう無理なのですが、こういうイベントは好きなので参加しましたheart04

土曜日の11時に三浦半島の京急三崎口駅に到着、

ハードな練習sign02
紅白戦では久しぶりに打席にも立ち、ノーヒットながら楽しかったです。

そして、夜は三浦海岸駅近くのホテルで宴会、

1_11

文字通りの大広間での宴会、こんな宴会も久しぶりでした。

そして、翌日の日曜日も朝の練習の後、チームは三郷へ試合に向かったのですが、

私はここで離脱、
紅白戦ができるくらいのメンバーが揃っていますので、おそらく私に出場機会はないので、、

で、一人で三崎港観光に繰り出す事にしました。

京急の三崎口駅からバスに乗って、15分ほどで三崎港のバス停を降りました、

目の前が海なのですが、こじんまりした街で、お店を見ると“まぐろ”以外のものを探すのが難しそうですhappy01

あちこちに古くて雰囲気のある建物が残っていますが、街並みとしては残念ながら保存されていないようです、惜しいですね、残していればもっと魅力的な港町がアピールできたかもしれません。

この建物は木造の3階建てに見えます、
大きい看板がけばけばしく残念ですが、ほんとに3階建てならなかなかの建物です。

2_10

近くの観光センターのような直売所“うらり”で城ヶ島への行き方を尋ねると、

「バスでも行けるけど、そこの漁船で行けるよ」
「えっ、あの舟でいくんですか?」
「そう、不定期だから、今行きたいといったらすぐに出発するよ」
「い、いくらですか?」
「300円」

という事で、たった一人で漁船に乗り込み、城ヶ島へ渡る事にしましたcoldsweats01

約束通り即出航!!

で、即到着!!!

3_9

舳先の向こうに見えるのが城ヶ島です。

4_8

そして、ホントすぐに舟を出してもらい5分で到着、
舟の向こうに見えるのが三崎港です。

あとで聞いたのですが、

この渡し舟、ごたぶんに漏れず橋が出来てから廃止になったそうですが、今年08年の5月末から復活したそうです、なかなか良いタイミングで乗れたようです。

後で考えたら、城ヶ島燈台も近かったようですが、
(今度行くなら、まず三崎口から城ヶ島行きのバスの乗って行くのが良いみたいです)

下調べもしていないので、なんとなく大きな橋の袂にある“北原白秋の歌碑”を目指して歩きます、

が、この日は真夏日sunそれに野球のための重いカバンを持っているので、足取りも重いです、
港沿いにトボトボと歩いて15分くらいで大きな橋の袂に着きました、

ここには北原白秋の歌碑があります。

北原白秋

名前はよく知っていますがそのお仕事はあまり知りません、
短いですが、この辺りに住み、この辺りを愛したようですね。
同志社大学歌なる歌も作られているようです。

先日のBSエンターテインメント「坂崎幸之助の一夜限りの音楽ライブVol.3」で、小椋佳さんが作詞の参考に北原白秋の詩集を読んでいた、という話をされていましたが、この辺りも何かの縁なのでしょう。

5_4

碑は「城ヶ島の雨」だと思いますが、読めませんcoldsweats01

近くにはこじんまりしたいい感じの“北原白秋記念館”がありました、
ここでひとつ勉強いたしました。

「城ヶ島の雨」の歌詞に“利休鼠”という言葉が出てきます、

鼠?あのネズミ、、と思いきや、動物の鼠ではなく、“利休鼠”という“色”のようです。

そういうと、昔はグレーの事をネズミ色なんて云いましたよね、最近はあまり聞きませんが。

この“利休鼠”という色、グレーと思いきや、
ややこしいのですが、グレーではなく“淡い緑”のような色のようです。
利休=お茶、のイメージからきているようです。

6

写真が良くないですが、だいたいこんな感じ、

日本は古来より非常にたくさんの“色”を持っている国のようです、

利休鼠も、日本画とかやってる人なら分かるのでしょうか?

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

有楽町の端っこ?気になるカウンターだけのスパゲティ屋さん「ジャポネ」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

麺類好きということで、うどん、ラーメンに続いてはスパゲティの話題です。

ただし、本格派のパスタではありません、

例によってB級パスタでございますが、これが癖になってるんですheart04

【2008年7月5日の記事】

昨晩は久しぶりに“飲み”に行きましたbeer

Mさんと神楽坂へ出撃、
このところ忙しかったので、久しぶりの“飲み”で楽しかったです、

隣り合わせた埼玉からのKさんとUさんとも、おお盛り上がりhappy01
楽しい週末が過ごせました。

で、今日はいまから三浦半島へ向かいます、
野球部合宿、そしてこれまたbeerrestaurantです。

今日の東京観光案内は有楽町のスパゲティ屋さんです。

有楽町と銀座の間の
高速道路の下にあるショッピングモールの鍛冶橋交差点側の端っこに、カウンターだけのスパゲティ屋さんがあります。

1_9

ジャポネ

知る人ぞ知る、B級グルメの名店のようですshine

ショッピングモールの突き当たりに、いきなりカウンターがバン!!と登場します。
お昼時には必ずお客さんが並んでいるようで気になってました。

で、この日も昼前に行ったのですが、やはり15人ほど並んでいます、覚悟して並びました。
初めてなので、並んでいるうちにメニューや作法を(こういうお店では作法が大切ですhappy01)観察します。

メニューは5つか6つのスパゲティで構成されているようです、
お店の名前の「ジャポネ」、そして「ジャリコ」というのが"売り"の醤油味のようで、これがメインのようですね。
(うーん、このジャリコというネーミングも気になります、昔「ジェリコ」というTVドラマが確かありました。)

他にも洋風「イタリアン」「バジリコ」や中華風、和風「梅のり」なんていうのもあるようです。

量は「レギュラー」と「大盛り」、さらに量の多い「横綱」という3段階のようです(噂ではメニューに無い更なる巨大盛があるようです)。
見る限り「レギュラー」でもそこそこの量があります、「大盛り」は相当多いですね。
みんな一心不乱にかき込みます。

2_8

20分ほど並んでカウンター2番に着席、
まずはメインと思われる醤油味で具のたくさん入っている「ジャリコ」にしましょう、
量はとりあえず「レギュラー」550円也を注文。

3_7

カウンター2番の席からは調理の様子がよく見えます、
麺を茹でる器具はありません、茹でた麺を大きなフライパンで炒めて味付けをしています、
コンロが二つ、2人で分業しているようで、2人の息がピッタリです。

そして、待つ事しばし、、出てきた「ジャリコ」shine

4_6

スパゲティ、うんまあスパゲティですね、
焼きうどんといわれれば焼きうどんですcoldsweats01

で、口に入れると、、なるほどflair
こういう味ですか、
分かりますよ、
他の記事では昭和の味という表現もありましたが、そんな感じ、独特の口当たりです。
これは、くせになる人も多いでしょうね。
東京のB級グルメの例に漏れず、私には少々塩辛いですが、でもこれはハマるかもしれません。

次回は、「梅のり」か「バジリコ」の「大盛り」を食べてみたいですね。

(記事再掲ここまで)

この後、数回再訪していますよ、

でも、いつも並ぶのが30分くらいsweat02空いている日はないですね、ここは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

どうしても食べたくなる京都ラーメン、京都駅すぐ近くの"新福菜館"

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

今日はラーメンの記事ですね、

ここのラーメン、いつも写真が上手く撮れなくて、、

どうも、自分自身でも美味しそうに見えないのが残念なのですが、でもでも、本当にここのラーメンは美味しいと思うのですheart02

【2008年6月29日の記事】

昨日は降ったり止んだりの梅雨空の関西でした、

夕方に三田にあるアウトレットに行ってきました、
買い物目当てでアウトレットなるものに行くのは初めてです、

車で小一時間、
思ったより綺麗な、外国のショッピングモールという感じでしたが、
商品はいまひとつピンと来るものが少なかったかな。

でも、とりあえずお目当てのスーツを一着購入いたしました、
これはサラリーマンの消耗品ですからね、3万円はまあ納得のプライスでしたgood

1_8

そうそう、飲食コーナーに讃岐うどんの“はがくれ”が入っていたので、久しぶりに“生醤油うどん”を食べました、
うん、本家の味でしたよ、美味heart04

ということで(どういうこっちゃ!)
麺つながりということで、(なるほど!!)

今日は関西観光案内、京都のラーメン屋さんでも紹介しましょう、

私は麺好きです、
麺なら蕎麦、うどん、パスタ、素麺、きしめんなどが好物ですが、ラーメンももちろん大好きです、

ただ、蕎麦の頻度に比べるとラーメンはそんなに食べません、東京でも贔屓のラーメン屋さんなるものもないのです、
が、ここのラーメンは無性に食べたくなります、

京都の中華そば「新福菜館」、

京都は学生の街でもあります、
昔は学生比率:学生/人口では日本一??という話しを昔は聞きましたが、今はどうなんでしょうか?

そんな京都ですから、学生食のラーメンも独特の進化を遂げているのです、

京都というとなにか薄味の雅な感じがするかもしれませんが、事ラーメンに関して云うとインパクトの強い進化を遂げています。

有名なチェーン店では「天下一品」(たしかここも京都の生まれ)、スープが二つあるこの店、東京でもどこかで見掛けましたよ、ここの濃厚スープもインパクトがありますpunch
大阪勤務時代はよく北新地のお店に行きました、。

でも、京都ラーメンで一番食べたくなるのは、やはり「新福菜館」ですheart04

JR京都駅正面から徒歩2分、

京都タワーがあるほうの広場を東へ、ビルの間の細い道を抜けると"新福菜館"があります、ピンク色のテントの方の店です、

ここには京都のもう一方の雄“第一旭”も並んでいます、

黄色のテントのほうです、"第一旭"も好きなんですが、うーん、どちらか選べと言われれば、悩みに悩んで"新福菜館"かなあ、やっぱり、

2_7

“新福菜館”のラーメンは、こんな感じ、
写真が良くないのすが、こんなにスープが濃いんです、京都のイメージとはそぐわないようですが、これがそんなにしつこくないのです。
そして、チャーシュが旨い、普通の中華そばでもチャーシュがたくさん乗って出てきます、「肉多め」とか頼むとドッカリ乗ってきますhappy01
(写真は「中華そば並」)

3_6

麺は普通の太さ?
柔らかめでもっちりとした感触です。

4_5

うーん、この記事書いてても食べたくなってきました、
食べてみないと、これは伝わりません、、

京都駅から歩いてすぐですので、ぜひ京都へお立ち寄りの節は寄ってみてください、
損はないと思いますwink

(記事再掲ここまで)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

博多うどん!?知りませんでしたが、やはり博多には博多のうどんがあるようです。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

麺類好きです、蕎麦も、素麺も、パスタも好きですが、うどんも好きです。

先日、「宮武うどん店」(香川県琴平町上櫛梨)が閉店したそうです、映画「UDON」のモデルになったお店だそうです、そういうと観たなあ、この映画も。

「宮武うどん店」の味は、香川県や全国各地にあるお弟子さんの店に引き継がれるようです、まずは一安心heart04

さて、きょうは博多うどん??の記事です。

【2008年6月22日の記事】

昨晩はゆったりとおけいさんのステージを楽しみました。

「OK's SQUARE 6th」
ギターの木村香真良さんに加え、この日は橋本しん[Sin]さんのピアノが加わり、一層リッチなステージになりましたね。
おけいさんのボーカルもノリノリで、格段の出来でしたshine

ステージの前にこの日のスペシャルメニュー、
「究極の卵かけご飯、岸和田の水茄子漬け添え」をいただきました。

1_7

水茄子、先週も梅田の"かわさき"でいただきましたね、
美味しいねえheart04

今日の東京観光案内は"博多うどん"です。

だいたいは新幹線で帰省します、
金曜日の夕方、もしくは土曜日の朝にいそいそとhappy01東京駅辺りを歩いています。

金曜日に帰る場合は、たいていは19時過ぎに東京駅を出発、23時頃に関西留守家に帰着、それから一杯飲むのですが、たまに夕方、おなかが減って、新幹線に乗る前に軽く食べる事があります。

この日も、東京駅八重洲口の地下街をうろうろ、なにか軽くお腹へ入れたい気分でした。

で、目に付いたのが、「博多うどん」の看板sign02

うーん、博多うどんかア、聞いた事ないなあ、
では、一体どんなものか?食してみましょう。

博多うどん、丸天うどん、ごぼう天うどんなどのメニューが並んでます、
よく分からないので、とりあえず"博多うどん"を注文、

2_6

うどんは柔らかく大阪のうどんとそう変わりはないような、
ダシはなんか魚が入ってるのかな?ちょっと関西の出汁とは違うような気がします。

博多うどんというメニューは、単にコブが乗ってるだけのようです。

で、調べて見ましたflair

やはり「博多うどん」というジャンルはちゃんとあるようです。

博多うどんの定義」とは、、、

なるほど、タモリさんもこだわりがあるようですね。

八重洲地下街のお店のHPでは、

「かつお節、魚粉、椎茸、昆布をたっぷりと使った博多風のさっぱりとしたつゆと、とろりと召し上がって頂ける自慢の自家製麺をどうぞご賞味下さい。」

とあります、
やはり出汁が決め手のようで、麺は柔らか目が本道のようです。

できれば、「まる天うどん」を食べたら良かったなあ、
こちらの方が博多らしいような気がします。

「まる天うどん」のレポートはこちらが面白いです。

九州には他にも独特のうどん・麺類があるようです、そのうち調べてみましょう。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

上野公園のお花見を確認した後は、モツ焼き“大統領”

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

上野、御徒町と、この辺りは好きなエリアであります、

セレクトショップ、チープな服屋さん、中古衣料などのファッション系、

安売りお菓子屋さん、煎餅をいつも買ってます、

そして、居酒屋もいくつかあるのですheart04

【2008年6月21日の記事】

はい、今日は東京居残り、

午前中にたまった家事、掃除洗濯、クリーニング出しに引き取りとこなし、
午後から会社に出て仕事の積み残しをこなし、

そして夜はなんとかLiveに駆けつけますnote

「OK's SQUARE 6th」
日  時 2008年6月21日(土)  
    OPEN:18:00 START:19:00  
会  場 ‘7th Floor’(セブンス・フロアー) 
    (渋谷区円山町) 
出  演 四角佳子・木村香真良(guitar)  
    ゲスト :橋本しん[Sin] (keyboard) 

今日の東京観光案内は、、上野です。

2008年のお花見シーズンの終わり頃、
上野公園の喧騒を見てみようと寄ってみました、噂どおりの盛り上がりでしたnotes
西郷さんの銅像も見て、

1_5

そして、アメ横をぶらぶらしようと、、、
で、見つけてしまいました。

上野アメ横にある、モツ焼きの“大統領”
こういう店はすぐに見つけてしまうんだなあhappy01

下調べはしていなかったのですが、もう直感的にここはOK!!
入らない訳にはいけません。

2_5

ここの特徴はなんと言ってもこの煮込み、
隣り合ったお客さんに教えていただきました、

3_5

うん、何の変哲もない煮込みだって??

いえいえ、この煮込み、私は初めて食べました、
食材が違います、普通東京なら豚か牛ですよね、、、
ここの煮込みは、、、馬のモツの煮込みだそうですflair

豚との差は…言われないと分からないです、
味はGood!!数ある東京の居酒屋の煮込みの中でも上位に入る、あっさりしていて味がしみている、美味しい煮込みです。

もちろん、モツ焼きも標準以上、美味いです、

4_4

上野でもお気に入りの店を見つけることができました。

そうそう、上野公園の西郷さんの近くで見た猫、
木の枝に2匹が、、擬態というか、なんというか、大人気でしたlovely

5_3

分かりますか?2匹の猫が写っています。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

下町の路地がどんどんなくなっていきます、

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

まだ、マンションは出来ていませんが、この記事の後、さらにいくつかのお家が壊されました。

私の東京宅は風前の灯ですcoldsweats01

【2008年6月17日の記事】

東京へ来て3年半です、
早いものです、

私が来てからの東京もどんどん変わっています、

六本木にも、表参道にも、赤坂にも新しいビルが出来ました、
吉祥寺の"いせや"本店は建て替えで閉店中です(レベルが違いすぎるhappy01

当たり前ですが、
新しいものが出来る分、今まであったものがなくなっていきます。

そんな東京の路地がまたひとつなくなります、

私が住んでいる路地の入り口の両側の古いビルが取り壊されます、

片一方は私が単身赴任できた3年半前にはもう無人だったような、もう片一方は仕出し・お弁当屋さんでしたが、2ヶ月ほど前に廃業、
そして周りの長屋、マンションともども壊して建替えのようです、
マンションになるのでしょうか?

今はすでにこんな感じです、、

1_4

今年の冬の雪の日の朝、こんな感じでした。

2_4

長屋は2日くらいであっと言う間になくなってしまいました。

さすがにビルは壊すのにもう少しかかるようですが、あっと言う間に更地になって、さらにあっと言う間に新しい建物が出来るんでしょうね。

こんな風に、新しいマンションがどんどん出来て、そして、懐かしい風景が少しづつなくなっていってるような気がします。

東京、日本最大の都市ですが、まだまだ良い街並み、良いお店、良い人がたくさんあります、います、
今あるうちにいろいろと観て回りたいと思います。

おっと、これは佃の有名なレバフライ屋さんです、ここはまだ健在ですよheart04

3_4

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

東京海洋大学の海王祭~重要文化財「明治丸」

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

清澄通りで佃から越中島へ渡る相生橋、

そこからいつも帆船のマストが見えていました、

ずっと気になっていたので、観に行って来ましたよheart04

【2008年6月14日の記事】

良いお天気の関西です、
前回は忙しい中、無理矢理Live出演のため京都に帰ってバタバタとしたのですが、
今日はのんびりした朝です、
でも、今からまた京都へ行くんですがhappy01

今日の東京観光案内は越中島の東京海洋大学にある“明治丸”です。

東京都中央区の佃から相生橋を渡ると越中島です、

JR京葉線の地下駅もあったりするのですが、
この越中島に"東京海洋大学"があります、
船乗りを養成する大学でしょうか?くらいに考えていたのですが違うようです、もっと広い意味での“海”を考える大学のようです。

東京海洋大学の理念(HPより転載)】
我が国をはじめとする人類社会の持続的な発展を今後とも維持・促進するためには、人類の共有財産である海をグローバルな視点でとらえ、環境保全を図り、自然との共生のもと、海洋の利活用を考究しなければなりません。
新大学は、このような考えを基本に据え、海洋の活用・保全に関する科学技術の向上に資するため、海洋資源の確保、海上輸送技術の高度化、環境保全、海洋政策等に関する教育研究を総合的に行うとともに、新たな海洋産業の振興・育成が今世紀における世界経済発展のための主要課題の1つであるとして、これら分野における学際的、先端的研究を行います。
(転載ここまで)

この歳になると、あらためて勉強がしたくなるようで、こういう文章を読むとあらためて大学に入りなおして、いろんなことを研究したい欲望に駆られますlovely
(駆られるだけねcoldsweats01)

とにかく、佃側から相生橋を渡っていくと右手に帆船が見えます、
こんな感じ、

1_3

繋留されているのではなく、陸上に上げられ展示されているようですが、大学の構内なので見たことがないです。
いつも気になっていたのですが、この6月の7日(土)8日(日)に学園祭“海王祭”があり、構内への出入りも自由のようだったので見物に行きました。

いいなあ、Liveもやってましたnote大学生活は楽しいでしょうねえ、

2_3

そして、お目当ての帆船「明治丸」、重要文化財だそうです。

3_3

当日はOB?ボランティアの方の案内もあり、いろいろとお話を聞かせていただきましたが、
この「明治丸」、見た目通りの「帆船」ではなく、「蒸気船」でした、

日本初の鉄製の蒸気船で“帆”はもともと補助的なもので2本あったものに、訓練用にもう1本建てたそうです。

製造はイギリスのグラスゴーだったかな?ちょっと忘れてしまいましたが、日本政府が明治初期にとにかく強い船が欲しくって発注したようです、
ただ軍艦ではなく、灯台見回り用の船だった、との説明でした。

明治天皇の御座船としても使用され、明治9年の東北・北海道巡幸の帰路に明治天皇が乗船、ちなみにこの時、横浜に帰着した7月20日を記念してこの日を「海の記念日」として、現在では国民の休日になっているそうです。

4_3

天皇も乗船する当時の最新鋭の船ということで、船内もそれなりに明治の雰囲気が漂います(気のせいsweat02)。

5_2

いろんな関連資料も船内に展示されているのですが、最も興味深かったのは、実はこの船を発注した役人が“伊藤博文”だったことsign01
伊藤直筆の英文の発注書が展示してありました、発注金額やら、完成後横浜まで回航するよう要請した文章などです。

写真でも見えますかね、伊藤博文の英文サインです。

伊藤さん、留学とかもしてたのかな?英語は堪能だったようですね。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

偶然の幸運、京都綾小路高倉の“しん”、平成トリオの前に一杯いただきました。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

上方落語のネタにこんなのがあります、

「京都の綾小路麩屋町(あやのこうじふやちょう)という、いたって“あやふや”なところに住んでおりまして、、、、」

京都は通りの名前を2つ重ねたカタチで交差点を言い表します、四条河原町、とか三条烏丸とかいった具合ですね。

今回のお店は烏丸綾小路を東へ、正確にはどこだろう?東洞院と高倉の間辺りかな??

とにかく、飛び込みで入ったのですが、なかなか良いお店でした。

【2008年6月7日の記事】

生まれてから27歳まで、京都に27年間住んでましたが、
まだその頃は居酒屋巡りの趣味もなく(そりゃそうだhappy01)、
あまり美味しい店というのは知らないのですが、、
最近は京都でも美味しい店をちょくちょく見つけては行ってます。
(まあ、京都も美味しい店が多いですからね、これから開発です)

京都磔磔(たくたく)での平成トリオのLiveを観に行く前でしたから、4月の末の事です。

Liveの前にちょいと腹ごしらえと、ネットで見た蕎麦屋を目指したのですが、毎度のごとく地図も電話番号もなく、発見できずheart03}

いい加減、この行き当たりばったりをあらためないと、、

とか考えつつ、
烏丸綾小路を東へブラブラ、この辺りは何軒か良さげな店があります。

転勤してから一回も行ってないですが、 “およね”も綾小路です、が残念ながら日曜日は休みでした。

男前の主人が楽しい人です、また行きたいのですが、なかなか機会がなくって、

で、その手前の“味ところ しん”に入りました、
飛び込みです、なんか予感がありました。

が、これがなかなか良いお店でした。

魚が美味しいようです、
その日のメニューが手書きであるのですが、値段が書いてなかったのが残念、初めての店なのでさすがにちょっと躊躇します、メニューに値段は必ですね。

まずは突き出しが出てきます、美味しさを予感させますshine

1_2

そして、なまこ、このところよくいただきます。

2_2

鰯の天ぷら、開きの状態で揚がってきました。

3_2

京都で食べる魚といえば、「ぐじ」ですね。

4_2

そして、最後に「すじ肉の煮込み豆腐」、これが美味しかったheart04

5

“煮込み”というニュアンスで予想した料理より、あっさりしていて味がしみている、スープが出汁が利いていて、すじ肉は柔らかく、いかにも京都の居酒屋らしい料理の仕方です。

今回は刺身をいただきませんでしたが(メニューに値段が書いてなく、値段が分からなかったのでsweat02)、魚が旨そう、焼きも煮も揚げもちゃんとしてそうです。

Liveの時間があったので1時間足らずで退店しましたが、もう一度来たいお店ですね。
ちなみにこの日は、生ビール2杯、焼酎2杯とこの料理で2人で約6000円、まあこんなものでしょう。

(記事再掲ここまで)

“しん”はあらためて行きたいと思いつつ、まだ再訪していません、

そろそろ、行ってみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

おいおい、まだ書くのかい^^) 大阪駅前第2ビル「かわさき」、3回目。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

こちらも最近ご無沙汰していますが、駅前第2ビルにある“かわさき”、

その料理の独創性と美味しさで群を抜く居酒屋ですbeer

大将はお元気でいらっしゃいますでしょうか?

また顔を出さないといけませんね、

【2008年5月24日の記事】

良いお天気の土曜日ですが、
どうもこれから天気は下り坂、
午後には雨が降り始めるようですrain

今日も出勤ですsweat02
久しぶりの3週連続の東京、でも、来週は帰ります、
31日(土)は京都でFitbandのLiveですnote

【Fitband Liveのお知らせ】

日時:2008年5月31日(土) 
   開場15時30分  開演16時
場所:会場:京都七条京阪 「集酉楽 サカタニ」 
   http://sosake.kir.jp/
   京阪「七条駅」から駅徒歩1分、    
   JR「京都駅」から徒歩15分・タクシー1メーター 
    京都市東山区七条通本町西入日吉町222  
   ? 075-561-7974
入場無料(カンパ投げ小銭歓迎)
終演(18時頃予定)後、その場で即「パーティー(=飲み会)」あり
(パーティ参加費1000円)

皆さんのお越しをお待ちしております。

今日は関西観光案内、
お気に入りの大阪駅前第2ビルB1Fの“かわさき”、
3回目の訪問です、料理が美味いのでまたまた紹介いたします。

この日はまず、若竹煮、季節モノですね、これはちょいと濃い目の味付けでした、

1

写真ではちょいと分かりにくい?
ポテトのようにも見えますが、貝柱塩焼きです、

2

ザッハクラフト(キャベツの酢漬け)、大将の趣味なのか、こういうメニューがあるのが"かわさき"です。

3

もちろん、名物のローストビーフもいただいたのですが、
この日の締めは…

これまた人気メニューの"にんにくスープ"ですsign03

4

始めて頼んだので、中身がよく分からなかったのです、
すじ肉に、なにか"麩"のような感触の具が入っています、なんだろうと確かめながら食べたのですが分からず???

大将に尋ねました、それで納得flair

なんとフランスパンが入っています、固いパンにつけて食べるのもありですが、煮込まれたパンも珍味です。

これは暖まるheart02冬なら絶対外せません。

また絶対に行く"かわさき"でした。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 3日 (水)

久しぶりに、まったく余裕がありましぇん♪門前仲町"志づ香"のご紹介でもお読みください。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

門前仲町、

最近は少しご無沙汰ですが、東京で一番たくさん飲み食いしている街かもしれません、

「魚三」「だるま」、それに「大坂屋」「日本再生酒場」「浅七」などの飲み屋が多いですが、料理の美味しいお店もありますheart02

【2008年5月22日の記事】

ううう、、、、
非常事態のため連日午前様です。
たぶん朝、アップする時間がないので深夜のアップです。

記事を書く時間がまったくないので、通常は土日にアップしている"東京観光案内"在庫記事をアップさせていただきます。

ここは美味しい店ですlovely

旨い店が多い門前仲町、
この店もやっと行きました、"志づ香"heart04

料理が旨い!と評判のお店です。
門前仲町の交差点のすぐ近くですが、大きな看板は出ていないので、地図を持ちながらも見過ごしてしまいました。

なんと、店の前から電話をしてsweat01やっと入店できました。

コース料理の値段が5000円から6000円へと値上がりしていましたが、とりあえずコースを4人でいただきました。

たいら貝ととり貝の酢味噌、

1_2

刺身盛り、

2_2

焼物は穴子と貝でした、

3_2

ホタルイカは玉子料理で出てきました、これは新しいですねflair

4_2

ピンボケですが、これは鱒の焼物です、

5_2

この他にも3品ほど、最後はにゅう麺で〆ました。

なるほどちゃんと手の入った料理をいただけました、

ただ、味付けはちょっと私向けではないのか?
ちょっと濃いのかな?
予想したほどの驚きがありませんでした。

相当美味しい店だし、お店の雰囲気も良いので、行って損はないですが、料理の味だけなら、私は同じ門前仲町の"えびな"もお奨めです、

ここはまたあらためて紹介しますねshine

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

だって、みんなが寄ってたかって行け行けと言うから^^) 神田神保町の?級グルメ!!

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

今日の記事は、、なんというんだろう、、

どれも食べたい、どれも旨い!!

でも、、、

あまり人には言えないんだなあ^^)sweat02

【2008年5月18日の記事】

昨日の夜、会社からの帰り道は雨でしたが、遅めの今朝は良いお天気ですねsun
とにかく休息の1日、昨日行く予定だった映画「タカダワタル的ゼロ」を観に行きましょうnote

今日の東京観光案内は神田神保町辺りのB級?いや??級グルメsweat02
とにかくそんな感じのご案内です。

この日の前日、後楽園でMさんとSさん、会社のKさんと飲んでて、神保町のB級グルメの話題が沸騰{笑顔}

で、早速翌日の土曜日、行きましたよ、神保町、
もともとギター屋さんを覗く予定だたんですけどね、

でも、教えてもらったのが、
・半ちゃんラーメンの「さぶちゃん」
・天丼の「いもや」
・カレーの「共栄堂」
・ラーメンの「伊峡」

あれーー、みんなご飯モノです、これは一度に2軒3軒とかは無理そうですねえ。

地下鉄神保町の駅を出て、白山通りを水道橋方面へ2分ほど歩くとありました、
まずは第一目標のラーメン「さぶちゃん」、半ちゃんラーメンの元祖だそうです。

1

2

事前に相当厳しそうな案内を聞いていたので、6席ほどの小さなカウンターだけの店を見ても大丈夫、14時頃に着いたのですが満員、でもすぐに入れました。

目の前で大将が調理しているので写真が取れなかったです、が、、、

細い麺、醤油味、好きな感じのラーメンですが、噂通りちょいと味が濃いかもしれません。
半ちゃんのチャーハンも美味しかったですよ、当然やや濃いですがpunch
もう、しばらく食べなくてもOKです、
でも、また行きそうな予感です。

この後、天丼・てんぷらの「いもや」は探すまでもなく2店舗が近くにあります、天丼飲みのお店と定食のみのお店に分かれてるようです。
白山通りを渡ったもう1店舗も確認。

腹ごなしにギター屋さんを3軒ほど見て回って、いけるならよほど食べようかと迷ったのですが、やっぱりやめました、半ちゃんラーメン+天丼はあまりにきついcoldsweats01
あらためて、、

後日行ったのがこの写真shine

3

4

神田駿河台下の交差点に近い方のお店です。
平日のお昼前でしたが並んでましたね、
この日は海老天丼だったかな?これを頼んだのですが、普通の天丼がお得のようですね、学生なんかにはうれしいお店ですね。
あまり油っこいものは食べられえないので、まあ、たまには行こうかなという感じ、
でも、お店の対応は良いですね、テキパキしてて、注文もちゃんと憶えていていらっしゃり、仕事の手際はすばらしいです。

スマトラカレーと銘打つ「カレーの共栄堂」は駅近くの靖国通り沿いにありました、

ここもあらためて、、と、思いきや、もう行きましたhappy01

5

チキンカレーを頼みました、ボリュームはある感じですが、味の方はどうも私はピンと来ませんでした。
カレーならやはり"インディアンカレー"ですねheart04

さらに、すぐ近くの「伊峡のラーメン」!おいおい、どこまで行ってンねやsweat01

6

7

はい、ごくスタンダードなラーメンです、好きです。
値段も納得なので、また、行くかもしれません。

という事で、神田神保町辺りでのゴハンにはこれで事欠きません、

ふー、お腹一杯ですもう食べられませんhappy01

*注:本件の取材は1日で行ったわけではありません、1日でこれだけ食べたら、お腹をこわします、よい子は絶対に真似をしないで下さいね。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

北千住といえば"大はし"ですが、今日は駅の反対側の"味久"へ挑戦です。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

思い出しました、この記事を書いた時は仕事でひどいトラブルに巻き込まれていたのです、1週間ほど毎日深夜までの作業でした。

今としては想い出ですね、

どんなトラブルも終わらない事はない、、、です。

【2008年5月17日の記事】

さっき起きましたcoldsweats01
久しぶりに朝まで仕事でした、
いやはや、、体力が持ちません、、、

今週は東京居残り、大きな予定はなかったので、あれやこれや考えていたのですが、残念ながら今日も出社ですheart03

まだ寒い2月の頃でした、

噂に聞いていたので、会社が終わってから行く事にしました、
北千住の"味久"

北千住といえば、大好きな居酒屋"大はし"がありますが、今日は駅の反対側の出口を出ます。

駅から徒歩で10分弱かかります、商店街もちょっと寂しくなってきた辺りを右へ曲がって、薄暗くなった通りを100mほど進むと、、、

ありました、"味久"

しかし、、、
わざわざ行ったのに無常にも店頭には「満席」の看板がheart03
駅から相当歩くこの場所でこれはやはり人気店のようです。

ちょっと、遠巻きに店内の様子を窺うのですが、よく分からず、
どうも並んで待つ、、という雰囲気でもなく、、(実際、誰も並んでいません)
人気店でいろんな方が来る、というよりは、地元の常連の方のお店、って感じです。

どうしようか迷ったのですが、ここまできたら必入店の覚悟で、近くで時間を潰す事にしました。

で、来る時に見かけた近所のモツ焼き屋さんへ、

ここはお祝いの花などが並んでいて、新規開店したところ?
とりあえず入って、一杯飲んだのですが、、

店のオペレーションがいまひとつsweat01

家族でやっておられるのか?焼きは息子さん、接客はお父さんとお母さん、という構成ですが、要領がどうも、、
お客の数は少ないのに、なかなか注文は聞いてくれないし、かといって何が忙しいわけでなく、ただバタバタとされてまして、サービスどころではなかったですね。

お客さんの顔を見ることが大切ですよ、、がんばって下さい。

で、そそくさとビール一杯で退店、30分ほどで"味久"に戻ると、空いてました!!heart02

やっと無事入店、
遅い時間の一人客という事で、お店の人にはちょいと違和感があったようです。

まずは突き出しとかんぱちで日本酒をいただき、

1_6

2_6

そしてもう一品と考えて揚げだし豆腐、

3_6

これが大きい、豆腐一丁分のようですごいボリュームですう。

先ほどモツ焼きを4本ほど食べたので、残念ながらこれでお腹一杯になってしまい、この日は終了。

店内の雰囲気は居酒屋というより、"大衆割烹"という謳い文句通り、大き目の小料理屋さんという感じで、おそらく地元の人でいつも満員なんでしょう、私が入ったときはピークが過ぎて、帰り際には大将が席に座って新聞読んでました。

女将さんにも話しかけられたりと、入店した時のギクシャクした感じもなくなり、ちょっと店に溶け込めかな?という満足感もありつつ、お勘定をしました。

ここはいいお店の予感があります、
日曜日もやってるようなので、もう一度じっくり行きたいところです。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »