« やっと行きました、佃の中華料理"麗江"、ちょっと入りにくい雰囲気だけど、まずはお昼から、 | トップページ | オイラビッチさんからのお土産、「原了郭」の山椒、黒七味 »

2009年5月14日 (木)

佃の大壷、2階がいい雰囲気、お家で食べてる雰囲気です

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

ここの2階で何回となく宴会をさせていただきました、

お終いが早いお店なのですが、いつも時間オーバーでご迷惑をおかけしていますスイマセン、、、

でも、また使わせていただきます

よろしくお願いいたします。

【2008年3月16日の記事】

金曜日は京都で仕事があり出張、でもホテル泊まり

土曜日は朝、一旦兵庫県の留守家に帰り、すぐまた京都へバンド練習でトンボ帰り、夕食は京都の実家でと、忙しく走り回りました

相変わらず、留守家のPCは調子が良くなく、昨日はネット接続できず(アカウントが何たらかんたら)、
でも今朝は、昨日のことがウソのように動きます、何じゃこれは、もう

本日の東京観光案内、
もっともよく飲み会で使わせていただいているお店のひとつです。

佃の「大壷」、

大将も女将さんもいつも愛想良く迎えてくれます。

「大壷」は、佃2丁目にひっそりと佇んでいる小料理屋さんです。

1階はカウンターで6席くらいと奥に小上がりが確か2つ、と小さなお店ですが、2階は6畳が2部屋あり、この2階での宴会がお気に入りです、家でご飯を食べているような感じの暖かいお店です。

予約の料理は5000円検討で、「天ぷらをつけて」とか「焼き魚」をとか、希望も聞いてもらえます、
この日は「鍋」をリクエストしました

まずは突き出し、

1_3

そして刺身、

2_4

小鉢はあん肝に煮物、

3_4

4_3

なんせ、どれもこれも美味い、

このあと黒むつの塩焼きに、寄せ鍋となったのですが、肝心の鍋料理の写真を撮り忘れました、もう盛り上がってワイワイといただいたもので、失礼

ボリューム満点でお腹一杯、最後までは食べきれないこの日でした。

夜は21時30分までと早めなので、早めのスタートで行きたいお店です。

(記事再掲ここまで)

|

« やっと行きました、佃の中華料理"麗江"、ちょっと入りにくい雰囲気だけど、まずはお昼から、 | トップページ | オイラビッチさんからのお土産、「原了郭」の山椒、黒七味 »

佃月島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佃の大壷、2階がいい雰囲気、お家で食べてる雰囲気です:

« やっと行きました、佃の中華料理"麗江"、ちょっと入りにくい雰囲気だけど、まずはお昼から、 | トップページ | オイラビッチさんからのお土産、「原了郭」の山椒、黒七味 »