« 谷中散策の〆は、日暮里駅の近く。 蕎麦~川むら | トップページ | 佃の大壷、2階がいい雰囲気、お家で食べてる雰囲気です »

2009年5月13日 (水)

やっと行きました、佃の中華料理"麗江"、ちょっと入りにくい雰囲気だけど、まずはお昼から、

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

東京での昼食、

下手をすると1000円くらい払う事になりますが、最近はこの経済情勢、皆さん、結構節約志向でお弁当や安い定食などが流行っているようです。

たしかに、お昼に1000円だすなら、相当美味しくないと許せないかも・・・

今日の記事、去年の記事ですが、1000円ランチの記事です、

昨年ならこれでOKでした、が、今の経済情勢なら、、、900円かな

【2008年3月8日の記事】

さて、今日は地元の“ご近所さん会”、
マンションのラウンジでの「餃子パーティ」だそうです
やっと体調もそこそこ戻ってきたので、参加します。

気になる番組、明日のNHKハイビジョンであります。

★落語界の鬼才・天才 立川談志をまるごと堪能する10時間!

□立川談志 きょうはまるごと10時間
[BShi]3/9(日) 後0:00-6:00(第1部)
                後7:00-11:00(第2部)
<第1部 ご案内役:爆笑問題>
<第2部 ご案内役:立川志の輔、徳田章アナ>
【出演】立川談志,爆笑問題,石原慎太郎,山中秀樹 ほか

なんと10時間にわたる番組です。
関西にいると、この人の実態はよく分かりません、いったいどんな人なのか観てみたいのですが、東京の家では観れません、関西留守家でもこれだけの長時間録画は難しいかも…

気になる番組です。

今日の東京観光案内は…昼食編です。

東京のお昼ご飯、なかなか美味しいものにありつけない事が多いのですが、ここはイケます。

行こう行こうと思いながら、なかなかいけなかった、佃の中華料理"麗江"、やっと日曜日の昼食に立ち寄りました。

佃小橋の袂の銭湯があるマンションの1階にあります。
佃辺りの銭湯の煙突を目印に探して行けば見つかります

1_2

外観はカジュアルな感じですが、本格中華料理のようです。

この日は13時頃の入店、ちょうど席は空いてましたが、すぐにまた一杯になりました。
店内は中華料理店というより、小振りの洒落た洋食屋さんみたいな感じ、テーブルが6つほど、可愛いお店です。

ランチは1000円とお手頃です。
この日は2人で入店、ランチのAとBを一つづつ頼んで二人で食べました。

2_3

この日のランチAは「鶏とカシューナッツ」

(鶏とカシューナッツ、いつ食べても、この不思議な取り合わせの食べ物を発明した人の事を尊敬してしまいます)

3_3

もうひとつは牛肉と大蒜の芽

4_2

どちらもちゃんと美味しいネエ、

これにデザートとコーヒーがついて(私はコーヒー飲みませんが)、1000円はジャストバリュー

いやいや、味もそこそこというわけではありません、美味しかったです

これを高く出すのは東京のどこでも出来ます、これを1000円で食べさせるのが粋・心意気というものです。

夜はアラカルトのようで、そこそこの値段と聞いています、が、一度来てみよかな。

(記事再掲ここまで)

残念ながら、夜はまだ行ってません、そこそこの値段=結構するらしいのです、

チャンスがあれば行ってみます。

|

« 谷中散策の〆は、日暮里駅の近く。 蕎麦~川むら | トップページ | 佃の大壷、2階がいい雰囲気、お家で食べてる雰囲気です »

佃月島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと行きました、佃の中華料理"麗江"、ちょっと入りにくい雰囲気だけど、まずはお昼から、:

« 谷中散策の〆は、日暮里駅の近く。 蕎麦~川むら | トップページ | 佃の大壷、2階がいい雰囲気、お家で食べてる雰囲気です »