« 前から気になっていたのです、銀座2丁目”天津飯店”、ここも使えます! | トップページ | 雨フル土曜日、東銀座→浜町藪蕎麦→小春亭、寒い^^) »

2009年5月 1日 (金)

京風うどん?って言われても、、築地の京うどん(夢吟坊)。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

麺類が好きです、

蕎麦も好きです、昼食の蕎麦は楽しみです、

パスタも好きです、家で作る麺としては、最も良く出来た麺だと思います。

そして、もちろんうどんも好きです、でも、太りそうなんですよね、うどんは

「京風うどん」と言われてもピンと来ませんが、このお店の七味はまさに"京風"の七味です、これはうれしい

【2008年1月27日の記事】

今週も居残りの寒い東京、水曜日に京都へ行ったので、週末は帰れましぇん

普段の休みならいつもと同じ時間に目覚めるのですが、昨日今日とゆっくり寝坊です、今朝は9時間寝ました、疲れてるのかなあ

池波正太郎の“食卓の情景”に篠崎幸之助さんという方ののエピソードが書かれています、
(坂崎幸之助さんと名前がだぶったので憶えやすい)

戦前、株屋の社員だった池波さんのお客さんの篠崎幸之助さん、奥さんが京都の方らしく、家での料理がどうも薄味で気に食わない様子、

「吸物なんざ、湯のよう」だし、
「煮物なんざ、世の中に醤油も塩もない、というようなを出す」

そうで、鬱憤晴らしに池波さんとビフテキやてんぷらなどを食べ歩いてたそうです。

その篠崎さんと池波さん、30年振りに街でばったり出くわし、連雀町の“藪”で一杯やることに、池波さんが天ぷらそばで酒をやってると、篠崎さんが、

「よくそんな辛いものが食べられるねえ」
「東京のものは味が濃すぎる」
「食べるものは、家内が作る京都風のうす味のものがいい」

あらら、篠崎さんの味覚はすっかり変容したようです。

人間の舌(味覚)というのは、慣れる物です、慣れてるから旨い、慣れてないから旨い、いろいろありますが、とりあえず慣れるものです。

私も東京へ来た時には、やはり味の濃さにやや困りました、
定食の味噌汁に七味をかける人が多いのにビックリ、関西では見たことがありませんでした

熱い蕎麦の出汁も辛くてとても食べれたものではありませんでした。

それが丸3年経って、だんだん辛い味に慣れてきたようです、さすがに味噌汁に七味はかけませんが、熱い蕎麦も店によれば、そう店によれば食べれるようになりました。

でも、うどんはやっぱり関西風の出汁の効いた汁が好きですね。

「京都風のうどん」というものが存在するという事を築地で初めて知りました

}たしかに、京都のうどん屋のうどんは大阪とも少し違いますが、なにが京都風なのか?
まあ、それについてはあらためて書くとして、とりあえず築地の京風うどんの店です。

「築地の京うどん 夢吟坊」

京うどん?

"京うどん"という言葉を京都では聞いたことないですが、どうも「だしで食べる」のが京うどんのスタイル、ということのようですね。
まあ、醤油汁で食べる東京のうどんに比べるとそういうことになるのかな?

見た目は、京都のローカルうどん店のものと全然違います、でも、案外気に入ってます、美味しい、「鶏なんば」とか「きざみ」を好んでおります

Photo_22

「きざみ」、ここはとろろ昆布がサービスなので、きざみ昆布うどんになります。

同じく京風うどんの「虎杖」は築地場内辺りに何軒かあるようで、東京に来てすぐ行きました。
もう3年前なので、すっかり忘れてしまいました、また行ってみましょう。

(記事再掲ここまで)

|

« 前から気になっていたのです、銀座2丁目”天津飯店”、ここも使えます! | トップページ | 雨フル土曜日、東銀座→浜町藪蕎麦→小春亭、寒い^^) »

銀座」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京風うどん?って言われても、、築地の京うどん(夢吟坊)。:

« 前から気になっていたのです、銀座2丁目”天津飯店”、ここも使えます! | トップページ | 雨フル土曜日、東銀座→浜町藪蕎麦→小春亭、寒い^^) »