« 人形町~笹新 → 森下~山利喜 | トップページ | 東京の酒場を巡るきっかけになった店です、月島~岸田屋 »

2009年3月10日 (火)

第一と第二があるのですが、、、新宿思い出横丁~宝来家

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

新宿の想い出横丁の“宝来家”ですね。

記事の中では混乱しているようですが、思い出横丁にあるのが、モツ・ホルモンの鉄板焼きの“宝来家”ですね。

ガード沿いの焼き鳥横丁(今はここも思い出横丁?)にあるのがモツ串焼きの“第二宝来家”です、こちらもなかなか良いお店です。

って、書きながら自信なし合ってますかね

【2007年6月24日の記事】

昨日は久しぶりのバンド練習、7月のLiveに備えて1曲練習、
1曲というか、メドレーを初めて組むことにしたので、その練習です。

まあ、なんとかものになりそうですが、細かいところのタイミングがまだ乱れます、もう少し練習が必要なんでしょうが、こんまま本番を向かえる予定です、まあ、いいか

その後は京阪電車で大阪京橋へ出て、関西観光案内のネタ探しに2軒ほど飲んで来ました。(再掲注:おお、関西でも居酒屋巡りを始めていますね)

もうずいぶん前になりますが、新宿で一杯やりました。

新宿思い出横丁~宝来家

大好きな新宿“思い出横丁”、この日は金曜日で大賑わい、おじさんも若い女の子も、そして外国人の観光客が多いのです。

この日のお目当ては、“宝来家”、

この“宝来家”は思い出横丁と、1本JRガードよりの通りと2店舗あります、ガード寄りの方が“第二宝来家”なのかな?いや、こちらが本家?よく分かりません。

ガード寄りの方のお店は、モツ焼き屋さんです、こちらも次は挑戦したいのですが、この日は思い出横丁の方のお店へ。

こちらは、モツ焼き(串焼き)ではなく、小さな鉄板で素焼きにするスタイルのお店。珍しいですね。
店長は新規のお客さんが覗く度に「モツ焼きではないです、鉄板焼きですが良いですか」と声を掛けています。

Photo_10

まずは「牛レバ刺身」をいただきます、突き出しにキャベツとスープが付きます。

MさんとTさんが合流し、鉄板焼きは「タン」「上ミノ」「てっぽう」を注文(てっぽう=テッチャンでした)、素焼きにして、2種類のタレでお好みでいただきます。

鉄板焼きは油が飛ぶので、服装にはちょっと注意が必要、スーツでは辛いかもしれません(紙ナプキンを支給してもらえます)、次は休みの日にゆっくりといってみたいですね。

焼物以外では、煮込みがありました、煮込みは逆に串に刺してあります、シロとスジと大根か厚揚げの煮込みが付きます、これが結構イケます

ここでそこそこいただいて、
もう1軒は、ガードをくぐって北口から歌舞伎町を横目に見て、こんなお店へ連れてってもらいました。

Photo_11

古くからのバーのようです、久しぶりですね、こういうお店に行ったのは。

で、この店を出たのが夜中の12時30分頃、それでも電車は走ってました!
東京とは、恐ろしいところです、途中まで電車に乗って帰りました。

(記事再掲ここまで)

|

« 人形町~笹新 → 森下~山利喜 | トップページ | 東京の酒場を巡るきっかけになった店です、月島~岸田屋 »

新宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一と第二があるのですが、、、新宿思い出横丁~宝来家:

« 人形町~笹新 → 森下~山利喜 | トップページ | 東京の酒場を巡るきっかけになった店です、月島~岸田屋 »