« 台風上陸、そして 十条~斎藤酒場 | トップページ | 尼崎~菊芳、そして台風一過~ドクトル・ミキ&スチューデンツ アコースティックLive »

2009年3月17日 (火)

この店ももう閉店してしまいました、銀座の「卯波」

今年になってはじめたこのBlog、毎日更新しています、ぜひご愛読ください

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

2005年1月に東京に単身赴任でやってきました、で、酒場巡りが本格化したのは2007年頃からでしょうか?

もっと早く酒場巡りに目覚めていれば、もっといろんな店に行けたでしょうね、私が東京に来てからもたくさんの良いお店がどんどん絶滅していってます

ショックだったのは虎ノ門の鈴傳、立石の大林も閉店、赤羽の大久保酒場などもついに訪問できませんでした。

そしてここ銀座の「卯波」も2008年1月に残念ながら閉店しました、

でも、銀座にこんなお店があったことを記憶に留められただけでもラッキーでした

【2007年7月22日の記事】

やっぱり、ナショナルチームのサッカーは燃えます。
昨晩のアジアカップ、凄かったですネエ。

オシムスタイルのサッカーで優位に立ちながらオーストラリアに先制されてしまいました、ここでズルズルいくかと思いきや、即同点に追いついた辺り、今までとは違う強さを感じました。

延長戦後半では決定的なチャンスもあったので、PKにいくまでに決めないといけない試合だったのでしょう。
でも、またまた川口の神懸り的なプレーに助けられました。

もう、延長戦からは座ってみてられず、立ってTVを観て応援してました
いやー、面白かった

さて、今日の東京観光案内(居酒屋案内と化していますが)、珍しく銀座です。
東京の東側を中心にいろんな居酒屋へ行っていますが、銀座にも良いお店があります。

いやいや、あの銀座にこんなお店があるなんて、感激です卯!

銀座1丁目にある「卯波」、
見た目にも入りたくなる店構え、お店の由来も由緒ががあります

Photo_4

銀座にこんな建物が残っている、これだけでも感激、昭和30年代の建物でしょう。

カウンターが7~8席、小上がりが2つの小さなお店です。
ぷらっと二人で寄った平日の夜、少し遅い時間だったので運よく奥右手の小上がりに座れました。
まずはビールと、「刺身盛り合わせ(鯖、鰹)」「新じゃが煮物」「豆腐よう」「穴子の煮凝り」などを注文。

Photo_5

刺身もしっかりしていますが、新じゃがが特に美味しいですねえ、

ビールの後は焼酎に、
麦と芋があるようですが、これが量り売り
注文すると(二人の好みで麦、芋両方頼んだのですが)ボトルをそのまま持ってきていただき、水割りでいただきます。

Photo_6

勝手に、どんどんいただきます、
で、お勘定のとき、お姐さんがきてくれますが、どうして飲んだ量を測るのか?と思ってたら…やっぱり目分量でした

「やっぱり!目分量ですか?」
「はい、目分量ですうーん、あまり飲んでませんね」

てな具合でおおらかでよろしい、

私達の仕事もある意味、目分量でしか測れない仕事かもね、なんて言いながら退店、

いやー、銀座というとどうもこパーコストの合わない店が多いのですが、ここはちょっと通ってみようかな

この界隈には他にも居酒屋「三州屋」や焼鳥、おでん、立ち呑みなどなかなかのお店が揃っています。
銀座行くなら"1丁目"です

(記事再掲ここまで)

|

« 台風上陸、そして 十条~斎藤酒場 | トップページ | 尼崎~菊芳、そして台風一過~ドクトル・ミキ&スチューデンツ アコースティックLive »

銀座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この店ももう閉店してしまいました、銀座の「卯波」:

« 台風上陸、そして 十条~斎藤酒場 | トップページ | 尼崎~菊芳、そして台風一過~ドクトル・ミキ&スチューデンツ アコースティックLive »