« 赤羽・再び~まるます家・健ちゃんのおでん | トップページ | 初めての京成立石~「鳥房」と「大林酒場」 »

2009年3月 1日 (日)

連休日曜日の浅草

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

浅草の記事ですね。

「甲州屋」はこの前見たらビルの建て替えで工事中でしたね。

この「甲州屋」でお会いしたおばあちゃん、憶えてますよ、GHQの話、焼け野原の東京の話し、もう隔世のお話、歴史的な昔かも知れませんが、まだまだこういう生き証人の方もおられます。

盛りで冷酒は粋でしたねえ

【2007年4月30日の記事】

連休前半は東京でゆっくりしています。
今日は、なぎら健壱プレゼンツ東京フォークジャンボリー楽しみです。 

浅草、何度も行ってますが、昨日は連休の日曜日、こんなに人が多い浅草は初めてです。

自転車で散髪&銀座で買い物をした後、昼ご飯を思案、そうだ!天ぷらでも食べようとそのまま自転車で浅草へ、25分ほどで到着です。

でも、この日は人出が多い、それに着いたのが12時30分頃とお昼時、有名な天ぷら店はどこも行列です

で、自転車は蕎麦の「尾張屋」の前に置いて、ぷらぷら散歩することに、

しばらくあてもなく歩きましたが、浅草の懐は深いネエ、広いし、1本1本の通りが見逃せません。
場外馬券売場のある六区の裏側、通称“ホッピー通り”に辿り着くと、おお、もう居酒屋はお客さんで一杯、この日は競馬もGⅠ、それに観光客の方も一杯、

こりゃ立派な日本のカフェです

Photo_13

では私も一杯いただきますか

Photo_14

ホッピー通りの「鈴芳」へ、

ビールにホッピー、牛スジ煮込みに、名物海老ニラまんじゅう、
美味しかった
でも、ビール650円、煮込み650円と高い、観光地ですから仕方ないか

Photo_15

もう一歩き、蕎麦を食べたくなって、ひさご通りの「甲州屋」へ、(再掲注:2009年2月現在、ビル工事中で閉店しているはずです、行くなら確認してから。)

相席になったのは77歳の女性、おばあちゃんですが若くてお元気

馬券を買いに来たそうですが、上品、盛りで冷酒をやってます、粋ですね
息子さんが二人、一人はアトランタで寿司屋をやっていたそうで、

「アトランタオリンピックの時は忙しいからウエイトレスとして手伝いに行ってきたの」
「え!!英語は?」
「私はネエ、戦後GHQのレストランでウエイトレスをしていたので英語はそこで覚えたの」

すごいですねえ、昭和の生き証人です、浅草の生まれ、江戸っ子です、
戦時中は、浅草から大崎の軍需工場まで、焼け野原の東京を歩いて行った想い出などを聴きました。

良いネエ、これが下町の蕎麦屋です。
「また会えるといいですね」と挨拶してお先に失礼しました。
そうそう、甲州屋の“大盛り”はほんとに量が多い、並で十分お腹一杯になります。

Photo_16

あとは六区のスマートボールなどを眺め、アイスクリームなどをいただき、酔いを醒ましてから午後遅めに帰途に着きました。

ふぃーー、ちょっと疲れました

(記事再掲ここまで)

|

« 赤羽・再び~まるます家・健ちゃんのおでん | トップページ | 初めての京成立石~「鳥房」と「大林酒場」 »

浅草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休日曜日の浅草:

« 赤羽・再び~まるます家・健ちゃんのおでん | トップページ | 初めての京成立石~「鳥房」と「大林酒場」 »