« こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋 | トップページ | 拓郎情報・達人情報 & 築地~宮川食鳥鶏卵 »

2009年3月14日 (土)

立ち呑み割烹、結構高い!!でもね^^) 勝どき~かねます

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

立ち呑み割烹、ってなに?

と、思いますよね、立ち呑みなのに、お値段は一人@5000円くらいはします

なのに、16時の開店と共に満員になります。

料理は噂通りとても美味しく、納得です。

立ち呑み割烹、なるほどね

【2007年7月7日の記事】

お酒を飲んだ翌日は早く目が覚めます、
休みの日でも早く目が覚めます、って、冗談のように若い人によく言ってるのですが、ホントに空腹で5時半に起きてしまいました

昨晩のNHK「プレミアム10」、
歓迎会があったので帰宅が10時10分くらい?
でも、途中から観ましたよ

細野さんに、坂本さんに、高橋さん

それぞれに日本の音楽界の一時代を築いた人ですから、それなりに感じるものはありますね、楽曲は・・・ハッキリ言って私のテリトリーではないのですが・・・それなりに聴き込んでしまいました

やっぱり、凄いのかも、、、

それよりショックだったのは、高橋さんとか坂本さん、私と年齢あんまり変わりません,

ちょっとショック愕然

その後の「爆笑問題のニッポンの教養」もなんとなく観てしまいました、これもまた面白かった。

(再掲注:NHKも回し物ですな、これは)

本日ご紹介の居酒屋は"立ち呑み割烹 勝どき かねます"です。

築地から晴海通り、勝鬨橋を渡った勝どきの交差点右側にあります。

(再掲注:今はこの場所は再開発中、“かねます”は清澄通り沿いに南へ仮店舗で移動しています、でも店内のレイアウトはそのままなのです)

ここのコンセプトは「立ち呑み割烹」

立ち呑みのくせに、なんと予算は一人@5000円です、どんなんや!!

と思いつつ、やっと行きました。

とある土曜日の夕方6時過ぎに店を覗くとすでに満員、たしか4時開店?

でも、2・3分でお一人出てこられたので、無事入店、と思いきや、入るなり

「すいません、もうあんまり肴ないです」
(はは、やっぱり)
「あるのをください」
「はいよ!」

てな感じで、蒸し物を一品入れていただき、

まずは瓶ビールに「とこぶし」、

もう1品「生湯葉」、

Photo_19

ゆり根に海老、椎茸、豆??につめたい餡がかかってます。

うん、旨い!ちゃんとした料理になってます、なるほどこういうことですね。

日本酒に切り替えて、

作っていただいていた蒸し物は「甘鯛と海老進丈の蒸し物」、

これが最後の料理らしく、一度に6個くらい出来上がったのを客各自分配、私もいただき、これで料理は終了、もちろんこれも美味しい。

Photo_20

立ち呑み割烹の面目躍如、その名の通り料理のレベルが他の立ち呑み屋とちょっと違います。
平日も夕方4時開店ですが、やはり6時過ぎにはネタが切れることもあるようです.

で、この日のお勘定は、料理3品とビール1本、お酒1本で4800円でした(高い!!)、だいたいこれくらいになるようです。

これを高いとみるかどうか?

私は、、また行ってみたいお店です{ラブ}

(記事再掲ここまで)

立ち呑みで、これで4800円、

普通なら絶対に再訪しません

が、、、ここはこの後、何度も訪問する事になるお店です。

|

« こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋 | トップページ | 拓郎情報・達人情報 & 築地~宮川食鳥鶏卵 »

勝どき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち呑み割烹、結構高い!!でもね^^) 勝どき~かねます:

« こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋 | トップページ | 拓郎情報・達人情報 & 築地~宮川食鳥鶏卵 »