« 関西の情報もお届けします^^) まずは、新梅田食道街~松葉総本店 | トップページ | 立ち呑み割烹、結構高い!!でもね^^) 勝どき~かねます »

2009年3月13日 (金)

こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

今日も関西の記事です、

大阪の珠玉の居酒屋、超有名店ですが、僕は大阪勤務時代は知りませんでした。

単身赴任になってから、新幹線に乗って行きました

【2007年7月2日の記事】

夜中に結構きつい雨が降っていました、関東の水不足はどうなってるのでしょうか?水位は回復しているのかな?

考えてみれば、東京の居酒屋をあちこち巡ってます、今となれば片道1時間くらいの距離なら平気で食べに行きます。
これは私が東京モンでないからですね、地元関西ではこんな芸当が出来ません、大概決まった店で飲んでました。
それじゃあ、関西でも居酒屋巡りしてみようかな?

ということで、これからは帰省した土曜日日曜日にあちこち飲みに行ってみましょう

で、今日の記事は1ヶ月くらい前に行った、大阪阿倍野…明治屋

関西の居酒屋の代表格らしいです、行った事ないのでチャレンジしました。

地下鉄谷間線の阿部野、

天王寺駅より一つ南の駅、ここは降りたことないです。
京都→阪神間にしか住んだことがない私にとっては、天王寺より南は魔界です

この辺りは阿倍野再開発地区、

私の記憶イメージとは風景が一変しています、高層の団地が立ち並び道も綺麗に整備されています。こんなところに居酒屋があるのかな?どうも再開発の波に飲み込まれて閉店したのでは???と半信半疑で少し歩くと、ありました路面電車が走る道沿いの商店街の中に。

Photo_16

両脇は綺麗なビルに変わり果ててしまってますが、この店だけがタイムスリップしたようにデン!とそこにありました。

土曜日の18時30分頃、お待ちの列はなかったですが満員です、5分ほど待つと1組出られて、無事入店。

Photo_17

うん、なかなか良い感じの店内、15人ほど座れるカウンター(ここはU字ではなくJ字です)とテーブル席が4つ、歴史を感じさせる、落着く雰囲気です。

まずはきずし(東京では〆さば)、

どて焼き(関東で言う煮込みに近いもの)を注文。
(モノクロでは表現できないので、ここだけカラーで、旨そう)

Photo_18

そうそう、東京で居酒屋の定番メニュー"煮込み"ですが、関西の居酒屋にはあんまりありません、メニューでは"土手焼き"というのが多いです、関西では肉を煮込む場合、味噌味にするのが定番で"味噌味"→"土手焼き"="どて焼き"となります。
どて焼きはとろみがあり、コク甘味もあって、煮込みとは一線を画すものです。(もっとも東京3大煮込みのうち、「大はし」「岸田屋」は味噌味のような気がしますが??記憶は定かではないです)

さらに、みずナス、名物のシュウマイに、ホタルイカの沖漬け、といただきました。

特にシュウマイはびっくりの美味さ、名物たる由縁に納得の味です

これは一度食するに値します、肉と野菜の味がしっかりしているのに、さらに独特の謎の味付け、癖になる味です。

二人で、ビール・焼酎を計4杯、これで4000円少々、お値段も普通、これはまた行きたいお店ですね。

この後、花園の串かつ“ひげ勝”をめざして、腹ごなしに歩きました。

途中、飛田新地を抜け(相変わらずここもタイムスリップしています)、20分ほどで到着したものの、こちら“ひげ勝”は15人くらいの長蛇の列

今回は断念、改めてのチャレンジを胸に記して、近くのモツ鍋店で再度乾杯、

大阪ディープサウスの一夜でした。

(記事再掲ここまで)

|

« 関西の情報もお届けします^^) まずは、新梅田食道街~松葉総本店 | トップページ | 立ち呑み割烹、結構高い!!でもね^^) 勝どき~かねます »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋:

« 関西の情報もお届けします^^) まずは、新梅田食道街~松葉総本店 | トップページ | 立ち呑み割烹、結構高い!!でもね^^) 勝どき~かねます »