« 東京の酒場を巡るきっかけになった店です、月島~岸田屋 | トップページ | こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋 »

2009年3月12日 (木)

関西の情報もお届けします^^) まずは、新梅田食道街~松葉総本店

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

はい、やっと関西の記事が登場です

Blogタイトルに“東西”とあるのに、これまでは東京の記事ばかりでした

というのも、私が一人呑み、酒場・居酒屋巡りを始めたのは、東京へ単身赴任生活を始めてから、なので、関西の居酒屋・酒場の記事はなかったのです。

でも、単身赴任も長引くうちに、月に2度ほどの帰省中にも、大阪・神戸・京都の居酒屋・酒場を巡るようになりました、そこでついに!!関西の居酒屋・酒場の記事登場と相成った訳であります

最初の関西の記事は、大阪梅田の新梅田食道街の「松葉総本店」です、立ち呑みの串カツ屋さんです、いかにも大阪らしいので良いかな、と思ったのでしょうか?

夏の暑い日の串カツ+ビールはたまりませんよ

【2007年6月10日の記事】

12日の火曜日から仕事で上海へ行きます
中国へ行くのは初めてです、ゆっくりできればいいのですが、東京での仕事もあり、上海にいるのは実質1日半、14日(木)にはもう東京です。

で、気がつけば、パスポートの期限が4月で切れています
発行地が兵庫県なので、申請はウチの奥さんが代理申請、でも受け取りは“断じて本人以外は渡さんぞ!来い!!”みたいな勢いで案内されています(そりゃそうだ)
で、今日は神戸三宮までパスポート受け取りに行ってきます。
なんだかバタバタ

新しいカテゴリーができました(って、私が作ってるのですが)
「関西観光案内」…京阪神の見所、食べ所、呑み所を紹介します(主に3つめが多くなる予定)

まず最初は、やぱり大阪のB級グルメと言えば・・・串かつ

新梅田食道街の松葉総本店、

「食堂街」ではなく、「食道街」なんですね、今更やっと気付きました。

暑い日差しの土曜日、立ち呑みの串かつ屋“松葉総本店”へ初めて入りました、ここって梅田の地下街にあるカウンターのみ立ち呑み串カツのお店と同じ店なんですね。

Photo_15

ソースとキャベツが入った金属製の器がカウンターに並んでいます、もちろんソースは二度付け禁止キャベツは無料

さらに揚がった串が並んでます、これを取って勝手に食べるシステム、でも中身の具が良く分からない、

どうも、欲しいものを云うと探してくれるし、「熱いのが良い」と頼むと温めて?くれます。

一番良いのは揚げたてが補給されるタイミングを待つこと、やはり揚げたてが美味しいです。
カウンター以外にテーブルがあり、こちらは注文をとってくれますが、やはり串はカウンターの串箱から持って行きますので、「熱いのが欲しい」と言ったほうが良いでしょう。

勘定はどうするんだろう?と思っていたら、
串カツのネタによって微妙に串の長さが違います、なるほどどうやら串の長さで値段が分かるシステムのようです。
あと、鳥の唐揚げは骨が残るのでこれまた勘定にちゃんと入ります。(骨まで全部食べたら無料?)

昔は串を分からないように床に落として、勘定を誤魔化す輩がいたようですが、今はどうなんでしょうか?

これからの暑い日に、生ビールをグビグビやりながら、さくさくっといただくのがいいですね

(記事再掲ここまで)

梅田の地下街の階段脇にはカウンターだけの“松葉”があります、随分昔に一度だけ行った事があります。

新入社員の頃、先輩のこういうのが好きなNさんに連れられていきました、あれ以来いってないなあ。

たまに昼頃通ると、いつも満員、暖簾の下に下半身だけが見えています、君ら!!昼からビールか!!っと怒るより、「仲間に入れて」っと思う、この頃の私なのです

|

« 東京の酒場を巡るきっかけになった店です、月島~岸田屋 | トップページ | こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋 »

大阪梅田(新梅田食道街)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西の情報もお届けします^^) まずは、新梅田食道街~松葉総本店:

« 東京の酒場を巡るきっかけになった店です、月島~岸田屋 | トップページ | こんな良いお店があるのを、関西時代は知りませんでした、阿倍野~明治屋 »