« 初めての京成立石~「鳥房」と「大林酒場」 | トップページ | こういう店が街には必要なんですね、立石~愛知屋 »

2009年3月 3日 (火)

なんていうのかな、これが下町のモツ焼き屋!!って感じ?立石~宇ち多"

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

さて、初回の訪問で入店できなかった立石の“宇ち多"”に行ってます

はい、今でも大好きな店です、できれば平日の昼間に行きたいけど、なかなかそういう訳にもいかないので、土曜日の12時に突入が多いですね

焼酎梅割をチビチビ、ナマをサッと、焼物をがっつりと、また行きたいなあ

【2007年5月11日の記事】

さて今日は金曜日、今週も帰省します.

明日、土曜日は… Fitband出演のLive
アートパフォーマンス in 山科駅
◇日時 5月12日(土) 午後5:00~ (約1時間ほど)
◇場所 京都地下鉄山科駅 アートパフォーマンス 音の広場

日曜日は…
泉谷しげるLive~フルライフ35曲制覇 
2007年5月13日(日)
会場  DUO MUSIC EXCHANGE(東京・渋谷)
OPEN / START  17:30 / 18:00

はは、忙しい週末です

さて、京成立石、最近お気に入りの街です、

前回、土曜日の4時頃に行ったにも関わらず材料終了で閉店だった“宇ち多"”、

再度の討ち入りを実行しました。

さて、この"宇ち多""へ行く前には、出来ればこのサイトで勉強していった方がいいのです。 

宇ち入り倶楽部

立石のモツ焼き屋“宇ち多"”の応援サイトですが、この店へ行くのにこのサイトの支援がなければ大変なことになります

理由その壱:店内のメニューには“モツ焼き2本170円”としか書いてないのです。
もちろん、ネタはいろいろあります、ネタを言って注文しないといけないので、このサイトで事前確認が必要なのです。

Photo_19

理由その弐:焼き方もいろいろあります。塩にタレ、ミソに素焼き、さらにはナマというのもあります。ので、このサイトで事前勉強が必要なのです。

なんて面倒くさい店なんて、なんて誤解しないでくださいね、案ずるより生むが易し、行けばなんとかなるのですが、スムーズに注文するためのお勉強です。

で、この土曜日は13時頃に現地到着、京成立石駅すぐの商店街を入ってすぐ右に“宇ち多"”があります。

Photo_20

よかった、今日はちゃんと営業中です、

でも3人ほど並んでます、

もちろん私も躊躇せずに並びます。店の奥を窺うと、裏口もあるようで、そちらにも人が並んでいます、どちらに並んでも良いようです。
で、5分少々で空きました、表口の左側奥の席に入店、宇ち入り倶楽部のお奨すめにしたがって、飲物は“ウメ割り”を頼みます、お客さんの半分以上がこれを飲んでおられます。

Photo_21

これは初めて飲みました、店員の方が焼酎の一升瓶と梅エキス?のビンを持って、席のコップに焼酎を注いでくれます、そして梅エキス?なるものをドボっと足してくれます。

きつい、焼酎をストレートで飲むようなものです、ちびちびやります。

お新香と、モツ焼きはレバナマ、ハツナマを注文してみましたが、

「土曜日はないの」

との事でカシラ塩、アブラ塩を注文。大き目の具なので、これで結構腹に溜まります。
さらにガツナマがあるようなので追加注文
"ナマ"は軽く茹でた?肉を冷やし、醤油タレをつけて頂くスタイルです、これがまた初めての味で美味いです。

ウメ割りは、やっぱきついので、一杯でやめて、ビール小瓶を注文、お新香とモツ焼きでチビチビやってると、帰り間際に隣の人にビールを一杯、いきなり奢っていいただきました
「ビール、頼み過ぎたからね、飲んでってよ」って、こういうところが下町の飲み屋の良いところだねえ{キラキラ}

やっぱり良い店だ、これはもう何回か通わないといけませんね。

(記事再掲ここまで)

平日昼間の宇ち多"へ一度だけ行きました、サイコーでしたね、生もの食べまくりました

宇ち多"応援サイト「宇ち入り倶楽部」、完成度高いです、ここへ行けば宇ち多"が分かります。

|

« 初めての京成立石~「鳥房」と「大林酒場」 | トップページ | こういう店が街には必要なんですね、立石~愛知屋 »

葛飾区(立石四つ木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんていうのかな、これが下町のモツ焼き屋!!って感じ?立石~宇ち多":

« 初めての京成立石~「鳥房」と「大林酒場」 | トップページ | こういう店が街には必要なんですね、立石~愛知屋 »