« 豊洲~ららぽーと | トップページ | 人の賑わいが楽しい門前仲町~深川不動・富岡八幡 »

2009年2月19日 (木)

そろそろと居酒屋巡り、門前仲町~おはる・大坂屋・鳥信

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

今日の記事は、門前仲町の「大坂屋」と「鳥信」です。

料理の写真がないのがはがゆいですが、そろそろ酒場に目覚めてきているような気がする記事です。

【2007年2月24日の記事この前】

たるさんのBでも紹介していただきましたが、
なぎら健壱さんの写真集「町のうしろ姿」、
下町のなにげない見慣れた、でも、なくなっていく日常のひとコマを切り取った写真集ですが、腕前は遠く及びませんが、私もふと見つけたひとコマを撮ったりしました。

この日は、いつもの散髪屋さんへ自転車で出掛けた後、永代橋を渡って門前仲町を目指していたのですが、福島橋の手前で渋いお店を見つけました。

Photo

永代通り福島橋袂の中華そば「おはる」、その佇まいに思わず急停車写真を撮りました

Photo_2

朝早くまだ営業前でしたので、食していません次回はぜひ食べに行きますね

実はこの日は昼食も夕食も門前仲町でいただきました。昼食はあらためて書くとして、夕食はまず門前仲町交差点近くの名物モツ煮込みの「大坂屋」、

「大坂屋」有名なお店です、初めて行きましたが、良かったです。

ガラっと戸を引くと、居酒屋と思いきや、カウンターだけのわずか7~8席のお店、モツ煮込の鍋がカウンターの中央にどんとあり、串に刺されたモツがクツクツ煮込まれています。
先客は遠方からの先輩お二人と地元の先輩がお一人、都知事選の話題から、あるべき東京の街のこれからの姿など、お店にふさわしい熱い東京論が交わされてました。

私は東京人ではないので少々遠慮しつつ少し参加

そのあと、富山繋がりのお二人に、石垣島のペンギンさん}と、入れ替わり、初対面同士のみんなでいろんな話が膨らみました。
女将さんの力ですね、とても素敵なお店だと思います。創業が大正13年とのこと、80年以上の歴史がお店の格というものです。

いやー、行って良かった!!みなさん、またお会いしましょう^^)

長居をするお店ではないので、そこそこに退店、「大坂屋」からすぐの“辰巳新道”へ。
辰巳新道”はこんな感じ、小さなY字型路地(30mくらい?)に小さなお店がひしめいています、見るからに風情があって、旨そうな一画です。

Photo_3

どこに入ろうか、ちょっとうろうろして、焼鳥「鳥信」へ、
こちらもカウンター8席ほどのお店、こちらでも故郷の話題で話が弾んでいました、串を少しいただいて退店、ここもまた来ますよ、きっと。

こんな感じで、東京の下町にはまってるのです。

(記事再掲ここまで)

料理の写真がないのが不満ですが、なかなか良いお店へ行ってますね、東京の下町への興味湧いてきてますね

大坂屋でお会いした沖縄のペンギンさん!このとき以来お会いしていませんが、思い出しました、懐かしいです。また、どこかでお会いしましょう

|

« 豊洲~ららぽーと | トップページ | 人の賑わいが楽しい門前仲町~深川不動・富岡八幡 »

江東区(木場門前仲町)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろと居酒屋巡り、門前仲町~おはる・大坂屋・鳥信:

« 豊洲~ららぽーと | トップページ | 人の賑わいが楽しい門前仲町~深川不動・富岡八幡 »