« 夜桜企画:市谷~飯田橋、そして神楽坂“鳥茶屋” | トップページ | なぎら健壱著~夕べもここにいた! »

2009年2月26日 (木)

手塚治虫の漫画の原点~昭和館

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

この展示、ホントになかなか良かったですよ、今でもどこかでやってるんでしょうか?

また見てみたい展示でした

【2007年4月17日の記事】

冷たい雨です、またまた毛布がないと寝れないです。

「手塚治虫の漫画の原点~昭和館」

桜が最後の先週の日曜日、まだ行ったことのない千鳥ヶ淵でも見物しようかと、九段下の駅を出ると、こんな看板が目につきました。

Photo_9

「手塚治虫の漫画の原点~昭和館」
もちろん、即はいりました、入場無料だもんね

手塚さんの生誕から戦後のマンガ黎明期までを中心とした展示でした、
小学生時代の手塚さんの精密なイラストとメモが書かれた手帳や、原画の展示は迫力があり、思わず見入って読んでしまいました。

手帳はスゴイです、手塚さんの緻密で繊細な観察力で書かれたイラストやメモにはびっくりでした。

原画は修正の跡や、ネームの貼り付けなど、制作過程も生々しく、且つ、画の強さに引き込まれました。
写真撮影禁止だったので残念ながら展示物の写真はなしです。

単行本の「罪と罰」がありました、出品目録を見ると1953年発行となっています、私が生まれる前です。

でも、このマンガ読んだ憶えがあります、たぶん“COM”かなにかの別冊付録で読んだんだと思います、他にも何冊か同じように別冊で読んだような記憶が蘇りました、「弁慶」ちゅのもあったような

まったく、素晴らしい才能の持ち主であり、それを見事に開花させ、漫画を文化にまで発展させた偉人です。

偶然ですが、いいものをみせてもらいました。

5月6日(日)まで「昭和館3階 特別企画展会場」でやってます。

(再掲注:2007年の記事です、2009年現在は開催されていませんが、図録の販売が行われていますよ。)

(記事転載ここまで)

|

« 夜桜企画:市谷~飯田橋、そして神楽坂“鳥茶屋” | トップページ | なぎら健壱著~夕べもここにいた! »

東京観光案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫の漫画の原点~昭和館:

« 夜桜企画:市谷~飯田橋、そして神楽坂“鳥茶屋” | トップページ | なぎら健壱著~夕べもここにいた! »