« 王道の焼鳥屋~渋谷の「森本」 | トップページ | 門前仲町の羊料理~「ひつじの新町や」 »

2009年1月25日 (日)

ひらがなのお店を梯子^^)~神田 みますや→まつや

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

この日は神田のみますやと、まつやへ行ってますね。(ひらがなまつりだ!!^^)

ギター屋さんがたくさんあるのと相まって、東京へきた最初の頃によく行った街、よく行ったお店です。

【2006年7月19日の記事】

今日は日帰りで神戸垂水に出張です。
日帰りで関西への出張は初めてです。
昨日の夜も打ち合わせ、今日の夜も東京で、明日も朝から東京で仕事と、どうしても日帰りしないといけません。
我が家をかすめての日帰りです。

久しぶりに東京観光案内です、
あるサイトによると、このコーナーも注目されているそうなので、たまには書かないとね。

7月最初の土曜日、仕事で小川町へ、そこで仕事が終了したのが17時頃、いやー、この時間にこんなところで仕事が終わるなんて、、なんだか悪いなあ、もうこうするしかないじゃないですか

で、ウッドマンをちょっと覗きました、(再掲注:神田小川町のギター屋さんです。)
いいなあ、ここは、、目に留まったのは、OO-18CTM、綺麗なギターなんですよこれが、それにやっぱり欲しいJ-50('60S)
他のお客さんが弾いていたD-35(70's?)もいい音していました。
でも、ダメダメ!!もうしばらくは新入りギターを受け入れる訳にはいきません。(って、別にそんなに言い張ることもないのですが)

で、時計を見るともう1730過ぎ、

ということで、前から気になっていた居酒屋、神田のみますやへいきましょう、

Photo_18

縄のれんがかかった入り口、
創業が明治38年だそうです、もう100年目を越えてるということになります。建物は昭和初期建築のまま残っているものだそうです、このあたりは空襲の被害を逃れたので古い建築物がたくさん残っているのですね。

店内の雰囲気は天井が高く、昔の我が家の土間のような感じ、いい感じです。

とりあえず生ビールに肉豆腐と〆さばを注文、さらに焼酎水割りをいただきました。
味は…普通ですが、店の雰囲気と相まって、美味しさを噛み締めながらいただけました。

長居はせずにこれで切り上げて、帰ろうとしたのですが…

だめだ、これでは帰れないと、歩いて2分の神田まつや へ

とりわさと突き出しの味噌でひや酒をちびちびといただき、おおもりで〆ました。
いやーー、ここも最高の蕎麦屋ですね。

一人にやにやしながら帰るおじさんでした。

(記事再掲ここまで)

「神田まつや」は創業明治17年だそうです、ここもまた空襲で残ったのでしょう、良いお店であります。

|

« 王道の焼鳥屋~渋谷の「森本」 | トップページ | 門前仲町の羊料理~「ひつじの新町や」 »

神田須田町飯田橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひらがなのお店を梯子^^)~神田 みますや→まつや:

« 王道の焼鳥屋~渋谷の「森本」 | トップページ | 門前仲町の羊料理~「ひつじの新町や」 »